「キャプテン・マーベル」@109シネマズ木場

 公開4日目の夜。このシネコンで一番大きいシアター3の客入りは20名前後と閑散とした状態だ。

   



   映画の話
 1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空からひとりの女性が落ちてくる。彼女は驚異的な力を持っていたが、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていた。やがて、その記憶に隠された秘密を狙って正体不明の敵が姿を現し……。

   映画の感想
 アメコミヒーロー物も「アベンジャーズ」や「ジャスティスリーグ」と混戦頭打ち状態の中、今年に入りDCコミックス「アクアマン」に続き、マーベルスタジオが送り込んできた新ヒーローが「キャプテン・マーベル」だ。

 私はいつも通りに予備知識なしで作品に挑もうとしたが、どこからともなくいくつかの情報を知ってしまった。「記憶を失った主人公」「『アベンジャーズ』結成以前の物語」「サスペンス」と3つのキーワードを知った事で、私の妄想を膨らみ、期待度MAXで作品に挑んだ。 しかし、出された作品はまるで、注文した料理と違う料理を出された印象を受ける作品だった。

 幕開けは、先ごろ亡くなった原作者スタン・リーのカメオ出演シーンをつないだメモリアル映像で、マーベル・スタジオの粋な計らいでテンションが上がるが、いきなり物語は「スター・トレック」紛いの宇宙物で頭の中は???で一杯になるものの、我慢して見ていると女戦士ヴァースが脱出艇に乗って、地球に落下する。

 墜落した場所はレンタルビデオショップ「ブロックバスター」だ!!以前、私の家の近所にもあった大手アメリカレンタルビデオチェーンの店だ。私の近所の店はその後「GEO」になってしまったが、一時随分お世話になった店だけに懐かしい名前に感慨深い。

 店内のビデオはどうやらVHSで、ヴァースがぶっ放す光線で吹き飛ぶ看板がジェームズ・キャメロン監督、シュワルツェネッガー主演「トゥルーライズ

だ。ここで漠然と時代設定が判った、1990年代。正確に言うと後のセリフで1995年だとわかる。

 このシーンからやっと舞台が地球となり俄然面白くなってくる。ヴァースは改造した器具を使い、公衆電話から宇宙の彼方の仲間と連絡を取るという、イージーで雑な展開に失笑するが、敵の宇宙人との追跡劇が始まる。敵の逃げた列車内にはなんと「スタン・リー」も乗車している。まだ生前に撮影してあった事に嬉しくなりニヤニヤがとまらない。

 宇宙人がコピーした婆さんとヴァースとの車内での大捕り物シーンが楽しいが、何かこのアイディアを見たことある。そうカルトSF「ヒドゥン

だ。こちらは宇宙人が人間に寄生して悪さをするのだが、原作となった「キャプテン・マーベル」のアイディアが先なのか、「ヒドゥン」が先なのかは不明だ。

 さて、地球にヴァースに来て、彼女を追う捜査官がフューリーだ。後に登場する「シールド」の捜査官なのだが、なんだかサミュエル・L・ジャクソンがいつもより若く見える。カツラか?、CGか?、と映画を見ている間は判らなかったが、wikiによるとCG加工で25歳若返らせたそうだ。そういえば「アクアマン」の回想シーンでウィレム・デフォーも若返っていた。現在のハリウッドのCG技術はすごい所に来たもんだ。

 物語はヴァースの記憶の断片から、自分探しとなり、最終的に宇宙に舞台を移し大決戦となるが、何だか随分大味な出来で、期待していただけに落胆は大きい。話があっちに行ったりこっちに行ったりと落ち着かず、映画的なカタルシスが非常に薄い。

 あの「遊星からの物体X

もどきの猫「グース」はなんなんだ?せっかく演技派のブリー・ラーソンに魅力を感じられず、ジュード・ロウも無駄使いだし、すっかりおばさんになってしまったアネット・ベニングの役名マー・ベルって何なんだ?ふざけてんのか?

 「キャプテン・マーベル」は、近年見たアメコミヒーロー物の中でもワーストの部類に入る出来の悪い作品だ。まぁ、客入りの悪さがすべてを物語っていたようだ・・・残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • キャプテン・マーベル

    Excerpt: 遠い宇宙、超高性能人工知能に統治されているクリー帝国。 過去の記憶がない女性戦士ヴァースは、戦場で変身能力を持つトカゲ型宇宙人スクラルに囚われた際、断片的な記憶を取り戻した。 スクラルを追って惑星C-.. Weblog: 象のロケット racked: 2019-03-22 10:18
  • キャプテン・マーベル

    Excerpt: アベンジャーズ誕生前の1990年代を舞台して、強大なパワーを手にいれた代償として記憶を失ったヒロインが色々な経験を経て自分らしさを確立する。娯楽的な要素と真面目な主張を両立させた深い作品になった。 Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2019-03-26 21:09
  • 映画「キャプテン・マーベル」

    Excerpt: 映画「キャプテン・マーベル」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2019-03-27 23:11