「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」@一ツ橋ホール

 試写会の客入りは8割位、客年齢は小学生くらいのお子さんから大人まで幅広い客層だ。

   

   映画の話
 北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて……。

   映画の感想
 本作は筋ジストロフィーという車いすに乗った難病の持ち主が主人公という、いわゆる難病ものとなるが、私たちが難病ものに対する先入観とは正反対の、前向きで明るい生命力あふれる作品に仕上がった。

 そんな型破りな作風となった本作の成功は、何といっても主人公・鹿野靖明を演じた大泉洋の憎めないキャラが立ちまくった事で導いたものだ。

 鹿野は自分が障がい者という事を逆手に取り、多くのボランティアたちを顎でこき使う自己中まるだしな嫌味な男であるが、大泉が演じた事で、鹿野のわがまま放題がコミカルとユーモアで内包されて、笑いに転化させ、愛しき人物に仕立て上げたのだ。

 視点は鹿野のボランティアを務める医大生の田中(三浦春馬)と、その彼女・美咲(高畑充希)が、鹿野の介護をする日々を中心に、鹿野本人の視点が交差しながら展開する。

 幕開けはわがまま放題の王様状態の鹿野に振り回される田中と、彼に無理やりボランティアに誘われた美咲の客観的な視点で鹿野という男を観客に紹介しつつ、あまりにも無神経なわがままにブチ切れる美咲のシーンが、前半のピークとなる。いわゆる美咲は観客の代弁者の様な立ち位置にいて、一般的な感覚を持つ美咲にとって鹿野は「何様!!」であり、観客が思っていたことをすべて吐き出してくれる痛快なシーンだ。このシーンの高畑が上手い。怒りで早口気味な上ずり声で激高する姿はリアルな怒りを感じさせた。うまい女優である。

 中盤から後半は難病もののセオリーを辿るような展開になっていくが、今年後半はポリオにかかり自然呼吸が出来なくなった主人公を描いた「ブレス しあわせの呼吸や、今劇場でかかっている「人魚の眠る家もプールの事故で脳死状態となった娘の話で、車いすに乗った人物の映画が続いている。それも本作の配給は松竹で、二本連続で車いす映画になり、本作はお正月映画だ。作品は良いが、正月早々にこの手の作品で集客できるか?が大きな課題となるように感じた。それにしても、この題名は原作どおりでインパクトはあるが、観客が呼べるようなタイトルではないように思うのだが・・・心配だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック