「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」@東宝試写室

 「Yahoo!映画 ユーザーレビュアー試写会」。二つの試写室を使い、客入りは満席で座れない人用に補助席が出される混雑だ。ほぼ女性客ばかりだ。   

   

   映画の話
 佐々木充(二宮和也)は、「最期の料理人」として顧客の「人生最後に食べたい料理」を創作して収入を得ていた。絶対味覚を持つ天才でありながらも、彼は料理への熱い思いを忘れかけていた。そんな折、彼のもとにかつて天皇陛下の料理番だった山形直太朗(西島秀俊)が作り上げたという、“大日本帝国食菜全席”のレシピを再現する仕事が舞い込む。

   映画の感想
 てっきり「二宮和也主演作」と思っていたら、彼の出演パートは本編全体の1/3程。

 たしかに彼が物語の中心にいる事は間違いない。

 しかし、ドラマの大部分はレシピを巡る「1930年代」の過去の壮大な回想シーンがメインとなり、二宮はその話を聞く狂言回し的な役回りとなり終始、苦虫をかんだような彼の表情が時々、回想シーンの間にインサートされる構成だ。

 まぁ、この二宮の「苦虫顔」の理由は、最後まで見ると「この為だったのか」と納得するが、こんな表情が続くと、映画を見てるこちらも楽しくない。

 こうなって来ると、もう回想シーンに登場する「西島秀俊主演作」かと錯覚する位の比重である。

 物語は決して悪くない。

 しかし、その現在と過去が交差する、バランスとさじ加減を見誤り、肝心な焦点がボヤけてしまった印象の作品である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~★★★★

    Excerpt: 「料理の鉄人」をはじめ数々の人気テレビ番組の演出を手がけた田中経一の小説家デビュー作を「おくりびと」の滝田洋二郎監督、「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化した歴史ヒューマン・ミステリー。どんな味でも再.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2017-11-05 16:00
  • 映画 「 ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 」

    Excerpt: ”麒麟の舌”とはどのようなことなのでしょうか・・・”麒麟”は中国での想像の動物で「仁獣」とも呼ばれているそうです。  つまり、”仁&rdqu.. Weblog: 徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ” racked: 2017-11-09 20:18
  • 『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」□監督 滝田洋二郎□脚本 林 民夫□原作 田中経一□キャスト 二宮和也、西島秀俊、綾野 剛、宮崎あおい、竹野内 豊、西畑大吾■鑑賞日 .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2017-11-18 12:34
  • 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」

    Excerpt: 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2017-11-19 23:13
  • 「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」

    Excerpt: 「麒麟の舌」とは、一度食べた料理の味を絶対に覚えている能力のことを例えている。音楽でいうところの絶対音感のようなものである。この「麒麟の舌」を持った料理人の世代に跨る物語。(ちなみに私は…自慢だが、一.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2017-12-04 15:28