映画「パシフィック・リム」@シネマサンシャイン平和島

 公開二週目土曜日の夕方。この劇場自慢のimm soundを採用した、imm3Dサウンドシアターには20名弱位の閑散とした客入りである。

   
   映画の話
 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

   映画の感想
 日本の怪獣、ロボット、アニメへの愛を感じる作品だ。日本であればアニメで描くスケールを、アメリカ映画は実写でやってのけた。冒頭に作品の世界観をニュース映像や記録映像などを使いダイジェストで説明して、一気に観客を本題となる2020年の世界へと放り込む。対怪獣ロボット・イェーガーに搭乗するのは兄ヤンシーと弟ローリーのベケット兄弟だ。怪獣ナイフヘッドの攻撃により弟ローリーの目の前で、兄ヤンシーが戦死するトラウマエピソードから物語はスタートする。怪獣ナイフヘッドの造詣は「ガメラ対大悪獣ギロン」に登場する怪獣ギロンを彷彿させる造詣だ。そして物語はイエーガーのパイロットを辞めて、怪獣から攻撃を防ぐ防波堤の様な壁作りをしていたローリーが、再びイエーガーのパイロットに復帰し、日本人女性の森マコと共にイエーガーに搭乗し、怪獣との戦いが描かれる。

 本作は地球を乗っ取ろうとする怪獣と、それを防衛する人型巨大兵器イェーガーの戦いをド迫力に描くが、その裏では怪獣との戦いを通して、イェーガーを操縦するパイロット自身が抱えるトラウマとの戦いでもある。兄を目の前で怪獣に殺されたローリーと、両親を怪獣に殺された森マコ。パイロット二人が脳を同調させてイェーガーを操縦する面白い設定だ。コックピットの中のパイロットの動きがトレースされて、そのままイェーガーの動作となる設定は、特撮ドラマ「ジャンボーグA」が有名だ。そしてジャンボーグAの現代版が登場する「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国に登場する巨大ロボット“ジャンボット”も、ロボット内の少年の動きがそのままトレースされて、ロボットの動きとなる設定であり、日本人観客にはお馴染みの設定なのが良い。

まぁ、それにしても実写+CGを使いロボット対怪獣の戦いを大迫力で描き出した作家のセンスは秀逸だ。今までは「トランスフォーマー」など、ロボット同士の対決であったが、本作はあえて台詞でも“怪獣”という呼び名を使い、怪獣とロボットの対決を真正面から描く。ロボットはあらゆる武器を使い、怪獣と戦うが、本能むき出しの怪獣はロボットの手を引きちぎり、パイロットが乗るコックピットに手を突っ込み引きずり出す。どう猛な怪獣の姿は日本製怪獣映画では描かれない残酷なものだ。戦いの舞台も海上、都市と怪獣映画でお馴染みの舞台設定もすばらしい。

 その怪獣の造詣は「ウルトラマンA」以降の怪獣や、平成「ゴジラ」シリーズに登場する怪獣を思わせる造詣だ。最初に現れた怪獣ナイフヘッドは、どことなく日本の着ぐるみ怪獣を思わせる、皮膚のたるみも再現されていた。ロボットと怪獣のガチンコ勝負は、怪獣ファンには夢のようなシーンの連続であり接近戦の数々は、光線の対決に終始し観客を失望させた平成「ゴジラ」シリーズの特技監督を務めた川北紘一監督に見せてあげたいし、多くの特撮、アニメクリエーターは本作を見て「やられた」と思ったはずである。

 作品はほぼパーフェクトな仕上がりであるが、いくつか不満点も残った。まず、カット割りが早すぎてせっかくの怪獣やイェーガーの造詣が判り辛い点と、イェーガーが基地から発進するシーンが無いのが残念であった。この辺は「サンダーバード」や、「ウルトラセブン」に登場するマシンの発進シーンの様な、ケレンミのある演出が欲しかった。イェーガーはあれだけ万能なロボットなのに、移動はヘリコプターに吊られた状態であり、大気圏からの落下にも防御機能が無いアンバランスなマシンである。そこがまた物語を盛り上げる設定なのも判るが、空を飛べるようになると完全なロボット兵器となるであろう。

 日本人観客には森マコ役の菊池凛子と、その子供時代を演じた芦田愛菜の好演もうれしく、菊池に至っては堂々たる主演扱いには驚く。パイロット試験のシーンでは、怪我により降板してしまった「カムイ外伝」で披露するはずだったアクションも披露しながら、トラウマと戦い人間的に成長する森マコを好演した。

 本作は日米二人の特撮映画の父にささげられている。一人はストップモーションアニメの先駆者レイ・ハリーハウゼンと、多くの昭和「ゴジラ」シリーズを監督した本多猪四郎だ。「シンドバッド」シリーズで知られるハリーハウゼンはデル・トロ監督が影響されたのは納得であるが、円谷英二ではなく本多猪四郎監督の名前には驚きとともに、感慨深い思いに浸ってしまった。確かに本作で怪獣が海から香港に上陸するシーンなどの音楽は、正に伊福部昭作曲「ゴジラ」の音楽に似たスコアで「『ゴジラ』の影響?」なんて思っていただけに、その答えがエンドロールの最後に明かされて一人で納得してしまった。多くの特撮映画ファンに見て欲しい作品であり、満足度は非常に高い。

   imm3Dsoundについて
 入場料金に+¥200を払う画面と音が最高レベルにチューニングされたプレミア館だ。ソフトレザー張りの客席に、横幅13.7mのスクリーンに、天井にまでサラウンドスピーカーが配置された劇場だ。画面の大きさはほどほどであるがクリアで鮮明だ。そして売りのサウンドは音圧が高く、音の移動感、鮮烈な音が劇場全体を覆いつくす最高のサウンドだ。映画終了時にはロックコンサート後のように「ピーン」と耳鳴りがするくらいの音響システムであった。割増料金を払っても損の無い劇場である。

   映画「パシフィック・リム」関連商品
 




映画『パシフィック・リム』をより語るために ?特撮と映画の視点から読み解く?
kaiju baby's / カイジューベイビーズ
羽生えるざ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画『パシフィック・リム』をより語るために ?特撮と映画の視点から読み解く? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Pacific Rim (パシフィック・リム) 怪獣ナイフヘッド アクションフィギュア
Pacific Rim(パシフィック・リム)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pacific Rim (パシフィック・リム) 怪獣ナイフヘッド アクションフィギュア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • [映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想

    Excerpt:  「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現。地球滅亡の危機に対抗すべく、.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2013-08-23 19:36
  • パシフィック・リム

    Excerpt: 監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2013-08-30 13:39
  • パシフィック・リム

    Excerpt: パシフィック・リム@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2013-08-30 15:44
  • パシフィック・リム~リメンバー・フクシマ

    Excerpt: 公式サイト。原題:Pacific Rim。ギレルモ・デル・トロ監督、トラヴィス・ビーチャム脚本。チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-08-30 16:30
  • パシフィック・リム (3D吹替版)

    Excerpt: 【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコ.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2013-08-30 16:43
  • 映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏激押しのロボットアクション!

    Excerpt: 何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供の.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2013-08-30 20:18
  • パシフィック・リム レビュー(ネタバレあり)

    Excerpt:  【ストーリー】かつて人々は地球外生命との接触は宇宙からもたらされると考えていた。 しかし、それは海の底から訪れた。 2013年8月10日、太平洋グアム沖の深海に異世界と繋がる割れ目が生じ、そ.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 別館 racked: 2013-09-03 00:15
  • 映画「パシフィック・リム」

    Excerpt: 映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2013-09-04 00:32
  • パシフィック・リム IMAX3D(字幕) 8/19追記あり

    Excerpt: パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、.. Weblog: 単館系 racked: 2013-09-04 22:32
  • パシフィック・リム

    Excerpt:  『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンテ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2013-09-23 06:59
  • 映画:パシフィック・リム

    Excerpt: (基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃.. Weblog: よしなしごと racked: 2013-11-16 13:20
  • パシフィック・リム

    Excerpt: かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようです.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-12-13 10:01
  • 映画「パシフィック・リム」レビュー(世界を守るために戦った戦士達の魂の物語)

    Excerpt: 映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス Weblog: 翼のインサイト競馬予想 racked: 2013-12-15 14:10