映画「L.A.ギャングストーリー」@ワーナーブラザース試写室

今回私は映画レビューサイト「COCO」さんの独占試写会に招かれた。客入りは若干空席がある9割くらいだ。

 

 映画の話
1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいたが、街の平和を取り戻すべく6人の男たちが立ち上がる。ロサンゼルス市警のジョン・オマラ(ジョシュ・ブローリン)とジェリー・ウーターズ(ライアン・ゴズリング)らのチームは、身分を隠し闇社会に戦いを挑んでいく。

 映画の感想
 いつもどおりに私は予備知識無く、まったくセンスの無い邦題に期待度ゼロで挑んだ作品であるが、これが面白い!犯罪映画の傑作「アンタッチャブル」を思わせる痛快活劇に、容赦ない暴力描写とアクションがバランスよく配合され、とんでもない化学反応を起こし大傑作が生まれた。

   以下ネタバレ注意

 物語は冒頭から正義と悪のカラーをハッキリと観客の脳裏に植え付ける。まず悪側、伝説のギャング、ミッキー・コーエンの非情な悪者ぶりから幕を開ける。裏切り者に制裁を加えるために手と足を2台の車に縛りつけ、両方の車が逆方向に走り引っ張る残忍な拷問方法を見せ付ける。拷問相手に脅しが通用しなければ間髪入れず刑を執行する。インパクト絶大な拷問シーンに絶句するが、私は牧口雄二監督「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑【DVD】」で描かれた、2頭の牛に女の両手足を縛り付けて引き裂く拷問を思い出した。

 対する正義側はロス市警オマラの正義のワンマンショーから幕を開ける。田舎から出てきた美女が危うく売春組織の罠にはまり、組織の毒牙に陥る事を察したオマラは単身、組織のアジトに踏み込み、複数の敵と戦い美女の救出に成功する。

 悪と正義の構図を明確に描き土台が出来た所で、物語は本題となる、警察はミッキーの組織をぶっ潰すために、オマラを中心とした匿名部隊が結成され「毒には毒をもって制す」の論理の如く、警官たちは自分の身分を隠しミッキーの経営するカジノ襲撃、盗聴など非合法な手段を使いミッキーの組織を壊滅する為に動き出す。

 本作の主演はオマラ役のジョシュ・ブローリンであるが、彼と一緒にチームを組むサブキャラクー達が実に魅力的に描かれる。特にオマラの片腕となるジェリー役ライアン・ゴズリングがカッコいい。可愛がっていた靴磨きの少年が銃乱射事件に巻き込まれ命を落としたことで、復讐心が燃え上がり、ミッキーを殺害しようとクラブに単身乗り込むシーンは、アドレナリンが大放出するエキサイティングなシーンとなり、同じようにジェリーと浮気するミッキーの愛人グレースに報復を加えにきたミッキーの子分を返り討ちにするシーンも凄まじく、この二つのシーンはゴズリング主演「ドライヴ」の主人公ドライバーを彷彿とさせる。ゴズリングの警官の顔から殺気満ちた殺し屋の顔になる瞬間のスイッチの切り替わりにゾクゾクしてしまった。その一方、ミッキーの家に盗聴器を仕掛けに潜入した際に、ジェリーがグレースと鉢合わせした後の粋な行動もナイスである。

 そんな中、かなり美味しい役は銃の使い手ケナード役のロバート・パトリックだ。「ターミネーター2 特別編 [Blu-ray]」のT1000役を頂点に、それ以降「これは」と言う役に恵まれず(個人的には「ネバー・サレンダー 肉弾凶器 [Blu-ray]」の悪役がオススメ)ここまで来たが、本作では渋いガンマン役で最後の最後までカッコいい役を与えられてファンとして大満足である。

 そして大悪党ミッキー役のショーン・ペンも素晴らしい。彼は「俺たちは天使じゃない」で共演したロバート・デ・ニーロに影響を受けたと思われ、この映画共演以降ペンは“ミニ・デ・ニーロ”の片鱗を見せ始め、本作ではデ・ニーロが「アンタッチャブル」で演じたアル・カポネ役に負けない、あくの強い大悪党を悠々と演じている。

 本作の成功はなんと言っても「ゾンビランド」ルーベン・フライシャー監督の切れのよい演出と、所々に挿入されるユーモラスな演出がバランスよく混ぜ合わさった結果であろう。暴力とアクションは妥協せず徹底して描き、立体的なカーアクションや、爆弾の仕掛けられたトラックのスリル、ラストの銃撃戦からオマラとミッキーの一騎打ちまで濃密な演出にシビレた。今年見た作品の中ではピカイチのダークホース作品である。

 映画「L.A.ギャングストーリー」関連商品
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • L.A. ギャング ストーリー  ストレートに面白く、かな~りポイント高い ギャング vs ロス警察物!

    Excerpt: L.A. ギャング ストーリー  かな~りポイント高く ストレートに面白い、ギャング vs 警察物。 映画のコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2013-05-01 22:44
  • 『L.A. ギャング ストーリー』 (2013) / アメリカ

    Excerpt: 原題: GANGSTER SQUAD 監督: ルーベン・フライシャー 出演: ライアン・ゴズリング 、ジョシュ・ブローリン 、ショーン・ペン 、 ニック・ノルティ 、エマ・ストーン 、アンソニー・.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2013-05-02 07:19
  • 劇場鑑賞「L.A.ギャングストーリー」

    Excerpt: ギャングを、潰せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305030004/ L. A... Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-05-03 16:27
  • L.A. ギャング ストーリー

    Excerpt: 評価:★★★【3点】(10) 残念ながら『アンタッチャブル』には程遠い出来だった。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2013-05-03 19:01
  • L.A. ギャング ストーリー / Gangster Squad

    Excerpt: 実話に基づいている映画。1950年代にロスアンゼルスであった、ロス市警とマフィアの戦いが舞台になっています。 どっちがギャングかわからないですね(苦笑)。1900年代~1950年代のアメリカは、ギャ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2013-05-04 17:25
  • L.A. ギャング ストーリー

    Excerpt: 【GANGSTER SQUAD】 2013/05/03公開 アメリカ R15+ 113分監督:ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2013-05-04 17:54
  • L.A. ギャング ストーリー

    Excerpt: 公式サイト。原題:Gangster Squad。ポール・リーバーマン原作、ルーベン・フライシャー監督。ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-05-05 22:44
  • L.A. ギャング ストーリー

    Excerpt: L.A. ギャング ストーリー@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2013-05-06 06:22
  • L.A. ギャング ストーリー/GANGSTER SQUAD

    Excerpt: 主役のジョシュ・ブローリンの顔は、あんまりタイプではなかったけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃.. Weblog: いい加減社長の映画日記 racked: 2013-05-06 19:02
  • L.A. ギャング ストーリー ★★★★

    Excerpt: ロサンゼルスで暗躍した実在のギャング、ミッキー・コーエンと、街の平和を取り戻そうと立ち上がった市警との壮絶な抗争を描いたクライム・アクション。ポール・リーバーマンによる実録ルポを基に、『ゾンビランド』.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2013-05-07 22:53
  • L.A. ギャング ストーリー

    Excerpt: まあまあ痛快で面白かった。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2013-05-09 00:48
  • L.A.ギャングストーリー

    Excerpt: 【あらすじ】 1949年ロサンゼルス、ギャング王ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)はドラッグや銃器売買、売春などで得た金で街を牛耳っていた。警察や政治家も意のままに操るコーエンに誰も歯向かえずにいた.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2013-05-11 19:22
  • L.A.ギャングストーリー

    Excerpt:  『L.A.ギャングストーリー』を渋谷東急で見ました(注1)。 (1)ライアン・ゴズリングやショーン・ペンが出演するというので、映画館に出向いてみました。  本作の舞台は、1949年のロスアンジェ.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2013-05-14 21:05
  • LAギャングストーリー はちゃめちゃながらスカーッとした~!

    Excerpt: 【=26 うち今年の試写会5】 今日は午後、関東運輸局に仕事で行ったので(馬車道)、ランチは「みなと横濱牛鍋処荒井屋万國橋店」にて牛鍋定食、要はすき焼きやねんねってこと認識した。 で、こないだの金.. Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~ racked: 2013-05-15 11:39
  • L.A.ギャングストーリー /GANGSTER SQUAD

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ポール・リバーマンの連載記事”テールズ・フロム・ギャングスター・スクワッド&r.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2013-05-16 23:36
  • 天使の街の無法者~『L.A.ギャングストーリー』

    Excerpt:  GANGSTER SQUAD  第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使 の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペ.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2013-05-17 19:54
  • [映画『L.A.ギャング ストーリー』を観た(寸評)]

    Excerpt: ☆・・・こりゃ、思っていた雰囲気と異なるタイプの作品で、それはそれで楽しかった。  私はてっきり、もうちょい「アメリカ史の暗部を描いた硬質の作品」てなのを予想して、  ちょっと、気楽に観るには重い.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2013-05-18 09:41
  • 映画「L.A.ギャングストーリー」感想

    Excerpt: 映画「L.A.ギャングストーリー」観に行ってきました。かつて実在し、大都市を支配する大物ギャングとして悪名を轟かせたミッキー・コーエンと、ロス市警の警官達との壮絶な死闘... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2013-05-20 07:32
  • 『L.A. ギャング ストーリー』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「L.A. ギャング ストーリー」□監督 ルーベン・フライシャー□脚本 ウィル・ビール□原作 ポール・リーバーマン□キャスト ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリン.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-05-26 08:19
  • 「L.A.ギャングストーリー」

    Excerpt: たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。 ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組んで、大都会の無法者のギャングのボスに立ち向かう.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2013-10-03 12:48
  • L.A.ギャングストーリー

    Excerpt: 実際にあったことってことで、ふ~ん、へえ~の世界なんですが、とくにこれが凄いとかいう場面はありませんでしたが、なかなか、ひきこまれる展開です。 目には目を、ギャングにはギャングを、という精神.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-04-01 09:11