映画「ドライブ・アングリー」@一ツ橋ホール

 客入りは8割くらい、今回は2D版にて鑑賞。
   

  映画の話
 カルト教団によって大切な家族を奪われ、復讐(ふくしゅう)を誓うジョン・ミルトン(ニコラス・ケイジ)は、浮気した婚約者に別れを突きつけた勝ち気なウエイトレス、パイパー(アンバー・ハード)と出会う。ミルトンは彼女と共に、次々と立ちはだかる敵対者を倒して復讐(ふくしゅう)の旅を続ける。そんな彼を追うFBIを名乗る謎の追跡者(ウィリアム・フィクトナー)、背後に迫る警察やカルト教団と繰り広げる二重、三重の攻防戦は激化していき……。

 映画の感想
 エログロ、スプラッター、ヴァイオレンスといった70年代B級映画が好んで作ったた題材を、現在の映像技術を投入して作られた怪作だ。丁度、タランティーノ、ロドリゲスが“グラインドハウス”と呼ぶ70年代B級映画へオマージュを捧げた作品と同系列な作品である。映画に芸術を求める方にはまったくお勧めできないが、この手の作品に理解のある方には太鼓判を押す。もしかしたら、私が選ぶ2011年裏ベスト作品になるかもしれない。本作はエゲツナイ3D演出が満載なので劇場での鑑賞をお勧めする。

   以下ネタバレ注意

 映画の幕開けは良く分からない。何か物語の設定が説明されるが、何のことやら分からないまま本題に入り、その後はほぼノンストップで主人公ミルトンの復讐劇が描かれる。冒頭、ミルトンが追いかけてつかまえた悪党をショットガンで撃つシーンで、降参する悪党の腕めがけてショットガンをぶっ放すと、悪党の腕が吹き飛び画面に迫ってくる。エゲツナイ3D演出を見て、私は本作のやる気を感じ取った。そう、本作はアザトク、エゲツナイ飛び出し3D演出に力を注いている。近年の3D作品の多くが奥行き方向に3D演出をするのに対して、本作はガンガン物が前に飛び出させている、今回の試写会が2Dだったのを悔やむしかない。

 物語はミルトンを追う追跡者で自称“監査役”が絡んでくるが、役を演じるウィリアム・フィクトナーが実に良い。バッチリとスーツで決め込み、どんな状況でもポーカーフェイスで表情を変えない。警察官にはコインを投げる決めポーズをしてFBIの手帳を見せつけ威嚇する。謎だらけの人物であるが、彼の存在が物語にアクセントと幅をつけている。そして、ミルトンと行動を共にする事になる女・パイパーの存在もいい。レストランのウエイトレスとして働く彼女はセクハラに耐え切れず仕事を辞め、家に帰れば彼氏が他の女と浮気の真っ最中に出くわしぶち切れて、ヒッチハイカーだったミルトンと一緒に行動を共にする。

 ミルトンとパイパーが泊まるモーテルが最初のクライマックスとなる。お互い別のパートナーを見つけ、モーテルの部屋でヨロシクやっている最中に殺し屋たちがミルトンに襲撃をかけるが、ミルトンはFUCKの真っ最中で女と合体しながら銃撃戦を繰り広げる。FUCK中の銃撃戦はクライヴ・オーエン主演「シューテム・アップ」以来であろう、もう笑うしかない。途中、ミルトンがスタンガンによる電気ショックを食らうシーンで、合体中の女もミルトンと一緒に痺れていたのにも笑ってしまった。

 ミルトンが追うのは娘を殺したヨナ・キング率いるカルト教団だ。このカルト教団という設定もカルト教団とカーチェイスをミックスしたホラー映画「悪魔の追跡」(75年)みたいで、とことん70年代テイストな設定がとてもいい感じだ。追うほうと追われるほうが善悪逆転してしまうが、キャンピングカーが乗用車に追いかけられるという設定も「悪魔の追跡」と同じである。中盤、ミルトンがキングの罠にかかり銃殺され死亡するが、あっと驚く展開がまっている。もう「ターミネーター」みたいなミルトンが、我々と別次元な人間ということが判明する。

 ミルトンの起こした事件で警察も介入し、その保安官のトップを演じるのはトム・アトキンスだ。彼はジョン・カーペンター監督「ザ・フォッグ」では準主役、その後は「リーサル・ウェポン」など多く作品で活躍する名脇役だ。彼の台詞で暴走するミルトンに対して部下たちに「俺がタイヤを撃てと言ったら、頭を撃てという事だ!」とぶっ飛んだ台詞を熱弁するシーンが可笑しい。警察を敵に回し絶体絶命のミルトンを救うのが監査役だ。もう、彼の登場シーンから、彼の乗ってきた水素タンク搭載トラックの爆発まで絵の見せ方が実に上手い。ケレンミたっぷりにフィクトナーがトラック上に立ち上がるショットがカッコいい。

私生活ではカーマニアのニコラス・ケイジだが、本作でもそのマニアっぷりを披露するシーンがある。ミルトンの旧友役のデヴィッド・モースが、ミルトンの為にチューンアップした69年型ダッジ・チャージャー57年型シェヴィーに喜ぶシーンは素のケイジのリアクションに近いのだろう。クライマックスのカルト教団にミルトンが殴りこみをかけるシーンは無茶苦茶な展開であるが、B級映画の大団円として楽しい。目的を達成したミルトンと監査役の正体も判り、オープニングで疑問と思った映像もエンディングを見て納得した。本作流のハッピーエンドな幕引きも良く、3Dで改めて見直したいと思わせる作品である。

 映画「ドライブ・アングリー」関連商品


■両面印刷Ver■ [映画ポスター] ドライブ・アングリー 3D (DRIVE ANGRY 3D) [DS]
フェーマス サイン&ポスターズ
  ■ 映画名: ドライブ・アングリー 3D(DRIVE ANGRY 3D) ■ 出演者: ニコラス


楽天市場 by ■両面印刷Ver■ [映画ポスター] ドライブ・アングリー 3D (DRIVE ANGRY 3D) [DS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





Soundtrack / Drive Angry (Score) (輸入盤CD)【YDKG-u】
あめりかん・ぱい
2011/3/8 発売アメリカ盤収録曲:(サウンドトラック)


楽天市場 by Soundtrack / Drive Angry (Score) (輸入盤CD)【YDKG-u】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




悪魔の追跡 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪魔の追跡 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

佐藤秀
2011年08月06日 23:20
飛び出してくる弾丸や破片は迫力ありましたけど、車の方は逆にプラモデルみたいに小さく見えることがありましたね。2Dでよかったかなあ、というより劇場では全部3Dみたいですね。

この記事へのトラックバック

  • ドライブ・アングリー 3D/ DRIVE ANGRY

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 最近のブームに乗って、色んなものが飛び出すけど、そんな中 こんどは飛び出すニコラス 30日~公開の「デビルクエスト」に.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-08-01 21:22
  • ドライブ・アングリー3D

    Excerpt: ニコラス・ケイジ版失楽園 公式サイト。原題:DRIVE ANGRY 3D。パトリック・ルシエ監督、ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク、デヴィッド ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-08-06 21:56
  • ドライブ・アングリー3D

    Excerpt: 細部までB級テイスト 【Story】 カルト教団によって大切な家族を奪われ、復讐を誓うジョン・ミルトン(ニコラス・ケイジ)は、浮気した婚約者に別れを突きつけた勝ち気なウエイトレス、パイ.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2011-08-07 00:06
  • 映画:ドライブ・アングリー 徹底して B級路線を突き進む1本。

    Excerpt: かなりバカバカしい展開。 カーアクションや銃撃戦の中で判明するのだが、ニコラス・ケイジは不死身。 一度死んでも生き返る(笑) 「カルト教団」によって大切な家族を奪われ、復讐を遂げるまでは。。。 もち.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-08-07 09:25
  • ドライブ・アングリー3D

    Excerpt: カルト教団に娘を殺され、その娘の忘れ形見の孫娘を奪われた男が、教団から家族を取戻すべく復讐する。しかし男にはある秘密があった…。復讐鬼と化する父親をニコラス・ケイジが熱演、共演には『ゾンビランド』のア.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-08-13 10:13
  • 映画レビュー 「ドライブ・アングリー3D」

    Excerpt: ドライブ・アングリー3D  原題:Drive Angry 3D 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 カルト教団に愛する家族を奪われた男が復讐に奔走し、またその.. Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) racked: 2011-08-30 01:53
  • ■映画『ドライブ・アングリー 3D』

    Excerpt: 暴れまくり、好き放題やりまくりのニコラス・ケイジの暴走が甚だしい、好き嫌いがぱっくり別れそうな映画『ドライブ・アングリー 3D』。 本当に、「ニコラス…。何がしたいの? どこに行きたいの?」と思.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-09-17 14:02
  • 映画:ドライブ・アングリー 3D

    Excerpt:  普段メガネを使っているのでその上に3Dメガネをするのはかなりのストレス。でもメガネに装着するタイプの3Dメガネを試したらこれがまたご機嫌。と言う訳で3Dを見たい症候群に襲われ、しかも僕の.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-09-23 22:49
  • ドライブ・アングリー

    Excerpt: DRIVE ANGRY/10年/米/101分/アクション/R15+/劇場公開 監督:パトリック・ルシエ 出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク <ストーリ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2011-12-03 01:19
  • ドライブ・アングリー(DVD)

    Excerpt: 家族をカルト教団に奪われた男が、復讐のために爆走するカーアクション。主演は「キック・アス」のニコラス・ケイジ。監督は「ブラッディ・バレンタイン 3D」のパトリック・ルシエ ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-12-10 20:51
  • ドライブ・アングリー (Drive Angry)

    Excerpt: 監督 パトリック・ルシエ 主演 ニコラス・ケイジ 2011年 アメリカ映画 101分 アクション 採点★★ ニコラス・ケイジって、ホント自分の好みに素直な人ですよねぇ。何を犠牲にしても、自分のやりた.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2011-12-14 08:47
  • ドライブ・アングリー

    Excerpt: ニコラス・ケイジ主演。ヒロインにアンバー・ハードさん。 カルト教団に娘を惨殺されたうえ幼い孫がさらわれた男が、たまたま出会った女の子を道ずれに孫を救いに行くんですが、いやはやこれが面白かっ.. Weblog: いやいやえん racked: 2011-12-16 09:36
  • ドライブ・アングリー

    Excerpt: インデックスを見直すとニコラス・ケイジ主演作品が結構あることに気づきました。 このままいくと初期から書いていたラッセル・クロウやメル・ギブソンの記事よりも 多くなるんじゃないか、というわけでニコ... Weblog: RISING STEEL racked: 2012-03-25 19:27
  • 映画「ドライブ・アングリー」感想(DVD観賞)

    Excerpt: 映画「ドライブ・アングリー」をレンタルDVDで観賞しました。 日本では2011年8月に劇場公開されたアメリカ映画で、ニコラス・ケイジおよび映画「ラム・ダイアリー」にも出演したアンバー・ハードの2人が.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-07-07 00:10