「アリー/スター誕生」@よみうりホール

 報知新聞さん主催の試写会。客入りはほぼ満席。

   

   映画の話
 音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。

   映画の感想
 レディー・ガガの野望が見える作品だ。物語は私がずいぶん昔に見て、うる覚えだがカントリーロック歌手が相手役のバーブラ・ストライサンド主演の76年版「スター誕生をベースにリメイクしたのだろう。

 本作は俳優ブラッドリー・クーパー初監督、歌手レディー・ガガ初主演で注目して鑑賞したが、物語の展開は76年版と同じ流れで新鮮味はなし。演出は破綻はないが物語を描くのが精いっぱいで、人物を掘り下げ、背景を描くなどが出来ず、全体が表面的に終わった印象だ。

 まず、私の苦手なガガから書くと、本作で初めてガガの素顔が判った。いつもの厚化粧をとったその顔はまさにイタリア人女性の顔で、でかい鼻を自虐にしたエピソードを入れた事を見ると、本作で彼女は素顔デビューを果たし新生ガガをアピールしたように感じた。

 まぁ、それでもガガはクイーンの楽曲「レディオ・ガ・ガ」をパロディのように名前をつけたバッタもの歌手でキャリアをスタートさせて、マドンナの曲とよく似た曲をヒットさせて、その事をマドンナに指摘されると逆切れして噛みつく勘違い女で、私はいいイメージを持っていない。その後も、自身のキヤリアを箔をつけるためにJAZZボーカルの大御所トニー・ベネットと共演してみたりと、暴走は止まらない。そして、ガガの野望は止まらず、遂にバーブラの当たり役を射止めたのだ。

 そもそも今回の「スター誕生」はクリント・イーストウッド監督、ビヨンセ主演で企画がスタートして、様々な障害で危ないところであったが、企画は継続しながら、最終的に本作のクーパー&ガガ版に至った訳だが、どうも当初の企画と比較すると小ぶり感が否めない。

   以下ネタバレ注意(大事な部分は伏せ字になっています。マウスでなぞってください)

 作品全体を見ると物語がとんとん拍子過ぎて薄っぺらに感じてしまう。物語前半はよく出来ていて「これは傑作か?」と思うくらいに良い出来である。しかし、素人同然のアリーの比重が人気歌手ジャクソンを上回り、ジャクソンのライブのアンコールをなぜかアリーが務めるという、とんでもない展開から雲行きが怪しくなってくる。いくらなんでも主役のアーティストを差し置いて、サポートメンバーのアリーがアンコールを歌うという現実離れした設定がおかしい。私もたくさんのアーティストのライブを見てきたが、こんな展開は見たことがない。

 その後、アリーは人気が出てソロ歌手になるが、その人気が見えてこない。アリーの自宅で父親と仲間がyoutubeでアリーのライブ映像が相当数の再生回数を稼ぎ出した。というシーンがあるが、これは内輪のシーンで、彼女支える一般ファンやユーザーの姿が全く見えてこない。これは致命傷である。昔の映画であれば、CDショップに彼女のCDが大量に並び、バカ売れしているシーンとかあったが、現在は配信がメインなのか、アリーの人気が目で見てわからない。

 更に悪いことに、ソロになったアリーは急にイメチェンして、楽曲やメイクも大胆に変わり、ガガもどきに変身してしまう。普通であればアリーをヒットさせる為の戦略会議があり、イメチェンしていく過程があるが、本作はバッサリない。アリーの唐突の変身で観客が戸惑い、それに反応するように物語も急失速してしまう。

 最大のミスは物語の要となるジャクソンの死がよくわからない。ここは物語で一番大事なところで、そこを曖昧にしたことで、ラストの唐突に始まるジャクソンの追悼ライブも感動につながらなかった。ここは完全に演出と構成のミスである。

 まぁ、それでも作品は決して悪くない。人気歌手の絶頂から転落と反比例するように、原石のアリーがスターとして輝きを増していく話は、万人に好かれる話で、私の様なひねくれものでない限り、多くの観客に受け入れられるような予感がする。「アリー/スター誕生」は来年のお正月映画として大ヒットする事であろう。

 アリーの部屋に飾ってあったLPジャケット「キャロル・キング/つづけおり
 

"「アリー/スター誕生」@よみうりホール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント