映画「終戦のエンペラー」@一ツ橋ホール

 今回は講談社さん主催の試写会だ。客入りは若干空席があるもののほぼ満席、客年齢層は高めだ。今回映画を見て驚いた事は、毎回ピンボケ上映に悩まされていた一ツ橋ホールの映写機が、フィルム~DLPに変更されたらしく、デジタル上映独特の黒の引き締まった、高精細な映像に進化していた。

   

   映画の話
 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。

   映画の感想
 昭和天皇の戦争責任をアメリカ側から描いた歴史ミステリー作品だけに、日本人には感慨深い作品だ。物語は天皇の戦争責任をマッカーサーから極秘調査任務を与えられたフェラーズ准将の視点で描かれる。物語のサイドストーリーとしてフェラーズが戦前に愛した日本人女性アヤ(初音映莉子)の行方を探る物語が並行して描かれる。

 本作は歴史の1ページを描いた作品だけに結果は判っている。しかし、その詳細を知る日本人は少ないと思う。歴史に疎い私は本作を見て初めて知る事ばかりで驚くばかりである。フェラーズは天皇の戦争責任を判断するために、東条英機(火野正平)、近衛文麿(中村雅俊)、木戸幸一(伊武雅刀)、関屋貞三郎(夏八木勲)ら、天皇の側近と接触し話を聞き、天皇の戦争責任の有無を判断するための外堀を埋める。

 そんな中、天皇の側近を演じた役者がそれぞれいい演技を見せる。自殺未遂を図った東条英機役の火野正平が脱力した演技を魅せる。戦争責任を持論で力説する近衛文麿役の中村雅俊は彼らしい熱弁で観客を圧倒する。生き証人として事実を証言する木戸幸一役の伊武雅刀の絶妙な演技、御製朗唱により天皇の気持ちを代弁する関屋貞三郎。適材適所にいい役者をキャスティングし、各人が印象深い演技を見せる中、やはり先ごろ亡くなった夏八木勲は、本当に亡くなる直前までいい仕事をしたと思わせる名演である。

 本作は実話を基にした作品であるが、フェラーズの恋愛パートは創作なのだろう。実際のフェラーズは学生時代に日本人留学生の一色ゆりと出会い、彼女の紹介で河合道という女性教育者と出会い日本の文化を学んだそうだ。この二人の人物を一人女性に集約してアヤというキャラクターを作り出したと思われる。私が注目するのはアヤを演じた初音映莉子だ。ジャパニーズホラー全盛期に作られたホラー映画「うずまき」でヒロインを演じた、彼女が長い年月が流れて、我々の記憶から消えかかっていた所に突然のハリウッド映画のヒロインに大抜擢には驚いた。

 更に本作を見て一番驚いたのは、天皇陛下が終戦を告げるラジオ放送用に作られた、玉音放送がレコードに録音されたもので、そのレコード盤をめぐり、放送を阻止するために反乱を起こした軍部が、皇居内でクーデターを起こした宮城事件は知らなかっただけに衝撃を受けた。

 映画は歴史のとおりに天皇の戦争責任は追及されることなく幕を幕を引かれるが、白黒をハッキリ付けたがるアメリカ人が、天皇に対してグレーな状態で責任を問わなかった大英断を下したマッカーサーと、彼に任務を与えられにアメリカと日本の架け橋を繋ぐために、日本独特の本音とたてまえを汲み取り、和平の為に全勢力を費やしたフェラーズ准将の行動には頭が下がる思いである。本作の中で一番のクライマックスとなる、マッカーサーと天皇が一枚の写真に収まるシーンを再現したシーンは、自然と目頭が熱くなる感動を覚えた。

 本作はアメリカが作った日本だけに、幾つか気になる点があるものの、全体的に良くできている。全編ニュージーランドロケで作られた日本の風景に違和感も無く、GHQ本部となった第一生命ビルと皇居の距離感や、焼け野原となった街並みの再現は圧巻だ。唯一、フェラーズが足しげく通ううどん屋のシーンだけが違和感を覚える。しかし、歴史の1ページを知る上で重要な作品である事は確かであり、当時の戦争を知る人々をはじめ、多くの日本人に見て欲しい作品である。

 映画「終戦のエンペラー」関連商品
 

"映画「終戦のエンペラー」@一ツ橋ホール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント