「人魚の眠る家」@松竹試写室

 映画レビューサイト「COCO」さん独占試写会。客入りはほぼ満席、女性客が多い。

   
画像

   映画の話
 2人の子どもを持つ播磨薫子と夫・和昌は現在別居中で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまう。回復の見込みがないと診断され、深く眠り続ける娘を前に、薫子と和昌はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく・・・。

   映画の感想
 本作は「東野圭吾ミステリー」と言う触れ込みで宣伝しているが、これをミステリーと期待して見にいくと肩すかしとなる。本作は娘の生に執着する母親とその家族と研究者の物語であり、最終的ににミステリーの形をとるが、もう、この段階では事件の真相は二の次の様に感じた。

   以下ネタバレ注意

 幕開けは、何の脈略も無い導入部のようだが、とても大事な導入部なので子役の役名と顔を覚えることが必要だ。物語はプールの事故で脳死状態となった娘に対して、臓器移植を勧める医療チームと、娘の生を尊重する家族との葛藤に始まり、弟の声に反応を示した娘の生を確信した母と家族、そして夫が社長を務めるIT会社の最新技術を使い、娘の延命を試みる研究者の葛藤が描かれる。

 本作は先にも書いた通りに、脳死状態の娘を抱えた家族の医療ドラマの様であり、かなり辛辣な展開が続くが、見所は娘の生に執着し過ぎた母の狂気が炸裂する描写が怖い。そして、その母に対して他者からの冷めた視点を描いた描写が本作の肝の様に感じた。

 オチに関しては「今さら感」が拭えなく、そんな事を今さら言われても反応しようがないもので、ミステリーのオチとしては弱すぎる。更に輪をかける様な大オチは蛇足であり、まるで物語が「100人の村」状態のあざとい大オチには脱力した。

 個人的には、J・J・エイブラムス監督作品の様な、わざとらしい光の反射を後から画面に入れた様な演出が随所にあり、気になってしょうがなかった。観客の集中力をそぐような演出はやめて欲しい。

    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 人魚の眠る家

    Excerpt: 2人の子を持つ妻・播磨薫子(はりまかおるこ)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(かずまさ)は、娘の小学校受験が終わったら離婚する約束をしていた。 だが、娘の瑞穂(みずほ)がプールで溺れ、意識不明にな.. Weblog: 象のロケット racked: 2018-10-20 00:33
  • 試写会「人魚の眠る家」

    Excerpt: 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201811060001/ 人魚の眠る家 (幻冬舎文庫) [ 東野圭吾.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2018-11-06 23:29
  • 人魚の眠る家

    Excerpt: 東野圭吾原作の同名小説の映画化だ。わてはこの映画が我が子を脳死と判定された親の悲劇の物語だと思いこんでいた。脳死と判定されたら臓器移植をするドナーになるかどうかの決断をしないといけないのだ。そう簡単に.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2018-11-18 23:25
  • 映画「人魚の眠る家」

    Excerpt: 映画「人魚の眠る家」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2018-11-21 23:11
  • 『人魚の眠る家』

    Excerpt: 夫の浮気が原因で別居中の夫婦は、 娘が事故で脳死状態になり、その後の生活が一変する... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:東野圭吾デビュー30周年記念作品 Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2018-11-24 02:34
  • 人魚の眠る家

    Excerpt: 人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを映画化し、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たしたヒューマンミステリー。「明日の記憶」の堤幸彦監督がメガホンをとり、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫.. Weblog: 映画に夢中 racked: 2018-11-29 17:34
  • 「人魚の眠る家」

    Excerpt: 冒頭から私は複雑な気持ちだった。観るんじゃなかった…という後悔のような。いやもうそんなことわかっているじゃん?幼い姉弟がはしゃいでいる幸せな家庭風景はフラグ以外の何物でもない。それにそもそもそういう話.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2018-12-11 12:50
  • 「人魚の眠る家」:泣けなかったし・・・   #人魚の眠る家  

    Excerpt: 映画『人魚の眠る家』は、前作『RANMARU 神の舌を持つ男』でやっちまってから Weblog: 大江戸時夫の東京温度 racked: 2018-12-16 00:45