新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「コーヒーが冷めないうちに」@一ツ橋ホール

<<   作成日時 : 2018/09/12 18:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

 試写会の客入りは7割ほど、客年齢はお子さんから年配の方まで幅広く、ほぼ女性客で客席は埋まった。

   

   映画の話
 時田数が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると望み通りの時間に戻れるという不思議な噂があった。過去に戻るには面倒なルールがいくつもあったが、その全てを守った時、優しい奇跡が舞い降りるのだという・・・。

   映画の感想
 私の様な猜疑心の強い観客には全く不向きな作品た。喫茶店を舞台にした物語は、あるルールに基づき、一定時間、喫茶店内の好きな時間に戻れて、ルールを守らないと現在に帰ってこれず、喫茶店の幽霊になる。というさっぱりわからないルールで物語が展開する。

 まず感じた事は、ほぼ喫茶店内でドラマが成立する作りは舞台劇であり、wikiで調べたら、やっぱり舞台劇が原作であった。独創的なルールで突っ走る4つのドラマは、観客が納得できないまま突き進む。

 本作の特徴はタイムスリップやタイムトラベルという言葉を使っていない。喫茶店の中だけで成立する時間移動は、なぜか主人公の時田家の女性が注いだコーヒーを飲む事で成立する。以上の事を全てセリフで説明するので、全く説得力も持たず納得もできない。この手の特異なドラマは映像で説明する事が術であるが、監督は脚本に書かれたままを映像化しただけの稚拙な演出で観客を納得させようとする。

 4つのドラマもどれ一つ感情移入出来ない物で、冒頭のカップルの話にはじまり、アルツハイマーの妻を持った夫の話、妹に家業を押し付け自由奔放に生きる姉の話、そして主人公・数の物語が描かれるが、2時間弱の上映時間に四季折々4つも物語を詰め込んだ事で、どれもこれも感情移入する間もなく、薄っぺらで掘り下げの浅いドラマが描かれる。

 まぁ、よくもこんなホラ話を映画化した物だ。久しぶりに大ホラ話「一杯のかけそばを超える作品と出会ってしまった。製作したTBSも映画ではなく、2時間ドラマで十分の様な底の浅い作品を発表した物だ。

 時間移動を取り扱った作品で言うと、時間移動しても結果は変わらない所はH・G・ウェルズ原作を映画化した「タイムマシン」と同じアプローチであるが、向こうはタイムマシンを作り苦労に苦労を重ねて時間移動した事に対して、本作はコーヒーを煎れただけで時間移動する安易な設定だ。と言うか、現在の邦画全体に言える事だが、時間移動をあまりにも安易に考えすぎているようだ。

 「タイムマシン」では、何とか悪い結果から脱しようと主人公が時間移動を試みて失敗に終わるが、本作は「時間移動しても何も変わらない」と言う事を納得した上で時間移動する事に共感出来ず、これではだだの自己満足に終わってしまう。私は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の様なポジティヴな時間移動の方が好きだ。

 邦画で時間移動を描いた代表作は原田知世主演「時をかける少女が有名だ。「時をかける少女」はその後ドラマやアニメと何度も映像化された人気作品となったが、その裏で誰も語らない時間移動を描いたホイチョイが製作した「バブルへGO!!」がある。

 本作に出演した薬師丸ひろ子が出演している。当然、彼女の記憶から抹消された作品であろうが、こちらの方が断然面白いのでお勧めしたいが、近年、ドラム式洗濯機に入って亡くなったお子さんがいる事で、ホイチョイとしても「バブルへGO!!」は封印してしまったのだろう。近年テレビ放送もしていない。話はあらぬ方向に逸れてしまったが、「コーヒーが冷めないうちに」は、稚拙な演出に加え、特異な世界観に全くついて行けず、今年見た邦画の中ではワーストに入る作品になってしまった。

     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コーヒーが冷めないうちに
店主・時田流と姪の数が切り盛りする喫茶店「フニクリフニクラ」には、【ある席】に座ると望んだ通りの時間に戻ることが出来るという都市伝説があった。 ただし、『どんな事をしても、現実は変わらない』し、『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ』。 様々な客が、その席に座る…。 ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/09/13 02:09
劇場鑑賞「コーヒーが冷めないうちに」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201809220000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/09/22 14:05
コーヒーが冷めないうちに
本屋大賞にノミネートされた川口俊和の同名ベストセラーをTV「ひよっこ」「ナラタージュ」の有村架純主演で映画化したハートフル・ファンタジー・ドラマ。望んだ過去に戻れる不思議な喫茶店を舞台に、それぞれの事情を抱え、過去に戻りたいと願う登場人物たちが繰り広げる切ない人間模様をオムニバス・タッチで綴る。共演は薬師丸ひろ子、波瑠、吉田羊、松重豊、石田ゆり子。監督は数々のTVドラマを手がけ、本作が映画監督デビューとなる塚原あゆ子。あらすじ:時田数が働く喫茶店“フニクリフニクラ”には、不思議な都市伝説があった... ...続きを見る
映画に夢中
2018/10/01 13:46
「コーヒーが冷めないうちに」:あれもこれも問題で・・・
映画『コーヒーが冷めないうちに』は、予告で大体わかるように(泣かせようとする)「 ...続きを見る
大江戸時夫の東京温度
2018/10/01 23:23
映画「コーヒーが冷めないうちに」
映画「コーヒーが冷めないうちに」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2018/10/04 23:51
映画 『コーヒーが冷めないうちに』
&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2018/10/06 20:11
『コーヒーが冷めないうちに』
その席に座ると、望んだ通りの時間に戻れるという 都市伝説のある喫茶店を舞台にした4つの物語 ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2018/11/24 02:42
コーヒーが冷めないうちに
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2019/04/05 14:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
「コーヒーが冷めないうちに」@一ツ橋ホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる