新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デッドプール2」@新宿ピカデリー

<<   作成日時 : 2018/06/03 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

 公開初日のファーストデイ。シアター1の客入りは7割位。若い男性客が多い。

   
   
   映画の話
 のんきに過ごすデッドプール(ライアン・レイノルズ)の前に、未来から来た“マシーン人間”のケーブル(ジョシュ・ブローリン)が現れる。大好きなヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)のためにまっとうな人間になると決めたデッドプールは、ケーブルが狙う不思議な力を持つ少年を守ろうと、特殊な能力があるメンバーだけのスペシャルチーム「エックス・フォース」を作る。

   映画の感想
 非常に面白い。冒頭こそ悪ノリ気味で「大丈夫か?」と思ったが、物語が進むうちにどんどん良くなる。まぁ、幕開けはデッドプールならではの掴みであり、名刺代わりと言うのか、ドリー・パートンが歌う「9時から5時まで主題歌にのせて、世界各国でデッドプールが刺客相手に大暴れシーンがダイジェストのような形で描かれる。

「007」風のオープニングタイトルを経て、 悪ノリは更に突き進み、デッドプールと彼女が「エッチな映画を見る」と言って、テレビで見ているのがバーブラ・ストライサンド監督、主演「愛のイエントル

だ。たぶん若い観客には???状態であるが、作家の悪ノリは止まらないと思ていたが、炎を操るミュータント少年ラッセルが登場した後から、物語は本道に入り、未来からタイムスリップして現代にやって来た半身サイボーグのジジイ、ケーブルの登場でアメコミらしいバトルの連続に入る。

 映画と言う物は悪役が魅力的であると盛り上がる。本作のケーブルも正に魅力的な悪役だ。ケーブル役はジョシュ・ブローリンだ。現在公開中「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でサノスを演じているのもブローリンだ。

 ラッセルとケーブルの登場により、一人で手に負えなくなったデッドプールが招集するチームが「X-フォース」だ。適当な面接で集められたメンバーと共に、軍用機でラッセルが載せられた護送車を急襲して彼を奪還する計画だ。ここからハイテンションなアクションと黒い笑いが炸裂する、物語中盤のクライマックスだ。

 急ごしらえのチームでパラシュートで急降下するものの、とんでもない結末をチームを待っている。チームの悲劇を黒い笑いで包みつつ、残されたメンバーでラッセル奪還計画を実行するが、そこにケーブルの魔の手が迫り、走る護送車を舞台に街を破壊しながらの一大バトルを繰り広げる。

   以下ネタバレ注意

 本作のポイントはケーブルが何故ラッセルを執拗に狙うのか?と言う事だが、彼にもその理由があり、わざわざ未来から過去にやって来た理由が明確だ。まるで「ターミネーター」状態であるが、これはこれで良しとしよう。「2回しか出来ない」とケーブルが言うタイムスリップも、後々に効いてくる脚本も上手い。

 「デッドプール2」は破天荒な前作と比べる、「X-メン」の流れを汲むしっかりとしたミュータント物にバージョンアップした印象を受けた。デッドプールの死生観が作品の根底に流れているが、彼が本当にアメリカ流の三途の川を渡ってしまう件も見事であり、作家の明確なビジョンも良い。

 そして、何と言ってもプロデュース、脚本も手掛けたライアン・レイノルズの客観的な観客目線を忘れていない事だ。彼が出演した黒歴史ともいえる「グリーンランタンと、旧デッドプールが登場する「ウルヴァリン:X-MEN ZEROを笑いのネタとして笑い飛ばそうとするセルフパロデイ精神はアッパレだ。個人的な残念な事は、マーベル作品恒例のスタン・リーのカメオ出演を発見できなかった事だが、不満だらけの「アベンジャーズ/インフティ・ウォー」と比べると、本作は最高に楽しい作品であった。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劇場鑑賞「デッドプール2」
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201806010000/ ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2018/06/04 05:39
「デッドプール2」
おす、おらデップー。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/06/27 06:47
デッドプール2
R指定ながら全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編。マーベルコミック「X-MEN」シリーズに登場するキャラクターで、人体実験により驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン/デッドプールの活躍を描くアクションコメディ。ケーブル役をジョシュ・ブローリンが演じ、モリーナ・バッカリン、ブリアナ・ヒルデブランド、T・J・ミラーら前作のキャストが続投。忽那汐里が新たに参加している。監督は「アトミック・ブロンド」のデビッド・リー... ...続きを見る
映画に夢中
2018/07/15 20:08
「デッドプール2」
前作が殊の外面白かったのでついつい。お下劣なことこの上なく、それはもうユーモアとかエスプリなどのレベルではない笑いを取る。それが俺ちゃん、デッドプールなのである。なんの知識も持たず、公式HPさえ見ていない私が勝手に想像するに、デッドプール(ライアン・レイノルズ)はX-MENに半分憧れその裏返しで半分揶揄し、という自身も異形(ミュータント)、持てる特殊能力は不死身。ということでOK?で、その彼がもう自らの身体を粉々にしてもいい位、そしてそれを実際に試す位に世をはかなんだのは、愛する恋人ヴァネッサ(... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/07/27 12:37
デッドプール2
最愛の彼女ヴァネッサを取り戻しお気楽な日々を送っていたデッドプール。 しかし、未来からやって来たマッチョな機械男ケーブルのせいで、大事件に巻き込まれてしまう。 ヴァネッサの希望もあり、ケーブルが命を狙う謎の力を秘めたガキを守ることにしたが、1人ではパワー不足。 そこで、特殊能力を持った仲間を集めることに…。 人気SFアクション第2弾。 R-15 ...続きを見る
象のロケット
2018/08/18 23:37
デッドプール2
TBはここにお願い致します。 ...続きを見る
銀幕大帝αTB受付
2018/09/18 20:59
デッドプール2
デッドプール2@TOHOシネマズ日比谷 ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2018/09/19 08:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
「デッドプール2」@新宿ピカデリー 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる