新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール

<<   作成日時 : 2018/03/02 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

 「モーニング」さんからのご招待。客入りは1階席多分満席、2階席9割位。CGアニメ作品なので、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。日本語吹き替え版が上映された。「アナ雪」の短編は上映無し。

   


   映画の話
   過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。

   映画の感想
 本作は日本人になじみの薄い、メキシコの行事「死者の日」をテーマにしているので、いささか取っ付きづらい。日本で言えばお盆と似ているかもしれない。「死者の日」は最近で言うと007「スペクター

冒頭のシーンが正に「死者の日」をバックに大活劇が描かれたばかりだ。

   以下ネタバレ注意

 そんな他国の事はお構いなしに本作は、メキシコ生まれのミゲルと言う少年が、全ての物事をポジティブに捉えてガンガン突き進む。ミゲルは家族の掟で禁じられている音楽を秘かに秘密部屋で学び、伝説のミュージシャン「デラクルス」に憧れている。そんなミゲルだが、「死者の日」に行われる音楽コンテストに出場したいがギターが無い。そこでデラクルス記念館から勝手にギターを借りて出場しようと画策するが、ギターを手にした瞬間に「死者の国」に行ってしまう。

 まぁ、強引な展開である。私はてっきりミゲルが一度死んで「死者の国」に行くかと予想していたが、生きたまま「死者の国」に行ってしまった事に拍子抜けした。当然「死者の国」はガイコツだられけで、ミゲルの先祖もそっくりそのまま居たりと、だいぶイージーで雑な展開だ。ガイコツの中にはメキシコで有名な女性画家フリーダ・カーロ

が居たりと、メキシコ人観客が大喜びしそうな仕掛けが施してある。

 そんなガイコツだらけの「死者の国」だが、大人の観客は普通に楽しいが、子供にとっては恐怖の対象となり、客席から「こわいよ〜」と小さなお子さんの声が上がる始末だ。結局、声の主のお子さんは上映途中で親に抱かれて退出してしまったようだ。

 話が逸れてしまったが、ミゲルは「死者の国」でヘクターと言う貧乏くさいガイコツ男と行動を共にして、様々な試練を乗り切り、音楽コンテストに参加して、ドサクサに紛れて憧れのデラクルスと出会い、めでたしめでたし・・・、と思ったら「実は!」と言うブラックな展開に突入する。

 この「実は!」からがピクサーの本領発揮の様に感じる。お子様向けのCGアニメ制作会社のピクサーであるが、中の人々は相当に腹黒いのだろう。本作の制作総指揮ジョン・ラセターのセクハラ問題が昨年発覚した様に、本作のデラクルスもそんなピクサーの体質から生まれた様なキャラクターである。かつて「トイ・ストーリー2」の中でもウッディ人形を盗み、高値で取引しようとしたキャラが登場した様に、大人たちの腹黒い欲望が後半に炸裂する。

 自分の地位と名誉のために相棒の作品を毒殺した上に盗作と言うお子様向けの作品ではあるまじき行為を、平然と描くピクサーの黒い欲望がブラック過ぎて実に楽しい。まぁ、そうはいっても黒い欲望の後はキッチリと感動へ持ち込む手腕もピクサー作品の力であろう。先祖をいつくしむ世界共通の精神に私も最後は涙が溢れた。

 しかし、本作を手放しでは喜べない。テーマがテーマだけにメキシコ地域限定の様な作品が、世界各国で受け入れられるか正直疑問である。その証拠にディズニーが「アナ雪」の新作短編を同時上映すると言う事は、人気作品の抱き合わせて観客動員を目論んでいる事が透けて見えてくる。「リメンバー・ミー」は、いままでのピクサー作品の様に大ヒットは厳しいかもしれない作品だ。



リメンバー・ミー (ディズニー プレミアム・コレクション)
永岡書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リメンバー・ミー (ディズニー プレミアム・コレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ディズニーキャラクター リメンバー・ミー リール付きポーチ ミゲル 幅約11cm
タカラトミーアーツ(TAKARATOMY A.R.T.S)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ディズニーキャラクター リメンバー・ミー リール付きポーチ ミゲル 幅約11cm の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
試写会「リメンバー・ミー」
「リメンバー・ミー」の試写会に行ってきました。試写会のため、「アナと雪の女王家族の思い出」の上映は無し。「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」のディズニー/ピクサ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2018/03/09 06:52
映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『リメンバー・ミー(日本語字幕版)』(公式)を本日 公開初日に、シネマイクスピアリにて劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2018/03/16 19:52
リメンバー・ミー
「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描いた。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。... ...続きを見る
映画に夢中
2018/03/18 22:13
「リメンバー・ミー」
お盆は、ちゃんとやらなきゃいけませんね。 ...続きを見る
或る日の出来事
2018/03/21 21:28
リメンバー・ミー
メキシコで代々靴屋を営む家に生まれた少年ミゲルは、ギターが大好き。 でも、厳格な《家族の掟》のせいで、ギターを弾いたり音楽を聴くことは固く禁じられていた。 年に一度、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”に、町が生んだ伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスの墓に忍び込んだミゲルは、ガイコツたちが楽しく暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう…。 ファンタジー・アニメ。 ...続きを見る
象のロケット
2018/03/24 19:29
リメンバー・ミー
【概略】 天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力し... ...続きを見る
いやいやえん
2018/03/25 14:05
85『リメンバー・ミー』
今作は簡単にまとめてます。 だからといって、おもしろく無いわけじゃないよ!!! ...続きを見る
シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
2018/04/11 00:10
映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想
毒家族に人生をつぶされかけた少年が救われる話。 ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2018/04/12 13:57
「リメンバー・ミー」(2017年)
??「リメンバー・ミー」(原題:Coco)は、2017年公開のアメリカの冒険ファンタジーCGアニメ映画です。ピクサー・アニメーション・スタジオの19作目の長編作品で、メキシコの「死者の... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2018/10/02 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる