「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室

 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。

   

   映画の話
   ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、瞬く間にトップスターの座に就くが……。

   映画の感想
 「ジャージー・ボーイズ」はクリント・イーストウッド監督作品として、大々的に宣伝しているが、ふたを開ければイーストウッドファンや映画ファンより、ドゥーワップやオールディーズを愛する山下達郎や、彼がDJを務めるTOKYO FM「サンデー・ソングブック」リスナーと言ったコアな音楽ファン向け作品だ。

 作品の題材はヴォーカルグループ「フォー・シーズンズ」と、そのリードボーカルのフランキー・ヴァリにスポットを当て、グループとヴァリの栄光と挫折を描くだけに、生半可な音楽知識では対応できないコアな作品である。更に彼らの長い音楽生活が描かれるわけで、アメリカの歴史的背景、ジョービジネスの裏側など、色々な知識が必要とされるので日本の観客には難易度が高い。

 私とフランキー・ヴァリの出会いは、彼がソロとなった70年代末期の映画グリース」の主題歌だ。作品の冒頭を飾るバリー・ギブが作曲したキャッチーなメロディーに、ヴァリの癖のある甲高いボーカルが強く印象に残る主題歌だ。当時の私は何も知らずに主題歌を聞いていたが、その後ヴァリがフォー・シーズンズのリードボーカルだったこと知る。

   以下ネタバレ注意

 さて話を「ジャージー・ボーイズ」に戻すと、先にも書いた通りに、本作を「イーストウッド監督作品」と期待して見ると肩透かしを食らうと思う。本作は元となったミュージカル舞台版の映画化作品であり、イーストウッドは監督として自分の色を消して職人に徹したと思われる。その演出が顕著に出る、出演者が観客にカメラ目線で語りかける説明的な描写は、イーストウッド作品では初めての試みだと思う。多分ミュージカル版がその様な演出を取っていて、その演出がそっくり映画版も使ったのだろう。

 作品の幕開けはフォー・シーズンズ結成前のヴァリの青年時代からだ。ニュージャージー州の町で床屋の手伝いをしながら、不良の友達に誘われるがまま金庫強盗に加担するは、小さな犯罪に手を染めるなど驚きのエピソードの裏で、町のドンのデカルロ(クリストファー・ウォーケン)に寵愛されているヴァリの知られざるエピソードが小気味よく展開する。丁度、この辺の描きかたはマーティン・スコセッシ監督が得意とする演出であるが、イーストウッドもなかなかの演出で魅せる。

 物語中盤はフォー・シーズンズ結成。名曲「シェリー」、「恋はやせがまん」の誕生秘話を交えながら、グループとしての成功を楽しく描きながら、後半には家庭を顧みないヴァリの家庭崩壊や、膨大な借金問題を抱えたトニーがグループ崩壊を導く過程を辛辣に描く。

 作品全体を見ると一見「作家性を消している」様に見えるが、ヴァリと娘フランシーヌの関係に幾分イーストウッドらしさが投影されているように見える。70年代のイーストウッドは妻子ありながら、愛人のソンドラ・ロックをヒロインにガントレット」をはじめ、幾多のヒット作を監督&主演をした。家族を捨ててて愛人との映画製作を専念していたイーストウッドは、贖罪の意味を込めてヴァリと娘のエピソードに力を込めたのだろう。

 音楽通で知られるイーストウッドだけに、音楽ファンも納得の演出なのだが、唯一納得いかない描写があった。娘を亡くし、悲しみの中に録音される67年のヒット曲「君の瞳に恋してる」のレコーディングシーンだ。伴奏の楽器が映像では電気ピアノのフェンダーローズであるが、鳴っている音はアコースティックピアノだ。その後の楽曲のお披露目のシーンでは映像も音もフェンダーローズだっただけに、良いシーンがちょっとしたミスで台無しになってしまった。

 2時間14分と言う上映時間だけに、長い歴史を持つグループを描くには時間が足りなかったのか、カットされたのか判らないが、時代の流れが判り辛かったり、セリフだけで説明してしまうシーンも多々あり、難点となった事は否めない。

 イーストウッドの堅実な演出の中、ミュージカル版に引き続きヴァリを演じたジョン・ロイド・ヤングを始め、生歌で歌を披露したフォー・シーズンズのメンバー役の俳優たちの歌声は一聴の価値がある。アンコール的なミュージカルシーンの幕引きも加わり、着地の成功で作品を上手く締めくくった。本作はイーストウッド作品と見ると異色作品となるが、逆にイーストウッド作品と気負いを入れず作品と向き合う事がベストである。

   【追記】
   
画像
            写真左フランキー・ヴァリ、右ボブ・クルー

 劇中マイク・ドイルが演じた、フォー・シーズンズの楽曲の作詞とプロデュースをしていたボブ・クルーご本人が2014年9月11日に亡くなったそうです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rose_chocolat
2014年09月30日 06:17
このたびはありがとうございました!

>監督として自分の色を消して職人に徹した
ミュージカル的な部分もあったし、敢えてそうしたのがよかったんじゃないかと。
「君の瞳・・」のレコーディングシーンかあ。さすが音楽に詳しいだけあって見てる所が違いますね。見る人が見ればわかっちゃうかな?
2014年09月30日 12:59
roseさんへ

音楽物は難しいです。
変に知識があると色々な点が気になってしまいます。
「演奏している楽器がこの時代にあったか?」とか、厳しく見ていた所に「君の瞳に恋している」でミスが発覚しました。
この曲のお披露目シーンで演奏していた、ベースも当時無かったモデルと言う疑惑もあります。

この記事へのトラックバック

  • ジャージー・ボーイズ ★★★★

    Excerpt: 「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-09-28 15:35
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2014-09-29 13:32
  • ジャージー・ボーイズ (試写会)

    Excerpt: 契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド Weblog: 風に吹かれて racked: 2014-09-29 15:57
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^; Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-09-29 20:22
  • 『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ

    Excerpt: 原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン.. Weblog: Nice One!! @goo racked: 2014-09-30 05:55
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: 【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、ク.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-09-30 23:16
  • ジャージー・ボーイズ~裏声と裏社会

    Excerpt: 公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-10-01 13:40
  • 映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙)

    Excerpt: 全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2014-10-01 21:22
  • 『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督

    Excerpt: ※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2014-10-02 17:58
  • 『ジャージー・ボーイズ』

    Excerpt: 「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボ.. Weblog: 仲間が増えるといいなぁ・・・ racked: 2014-10-03 18:27
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: 原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ.. Weblog: to Heart racked: 2014-10-04 21:19
  • ジャージー・ボーイズ (2014)

    Excerpt: 〈あらすじ〉 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃き溜めのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もない彼らだが、天性の歌 ... Weblog: 雪野一八五のシネマダイアリー racked: 2014-10-07 17:30
  • 『ジャージー・ボーイズ』

    Excerpt: 80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2014-10-08 00:42
  • 「ジャージー・ボーイズ」

    Excerpt: あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!! Weblog: 或る日の出来事 racked: 2014-10-08 07:26
  • 『ジャージー・ボーイズ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-10-08 08:29
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt:   犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセット.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2014-10-09 15:07
  • 『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない

    Excerpt:  ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はト.. Weblog: 映画のブログ racked: 2014-10-11 20:25
  • ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド

    Excerpt: 【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめの.. Weblog: 西京極 紫の館 racked: 2014-10-18 21:18
  • 映画『ジャージー・ボーイズ』

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』を新宿ピカデリーで。元は同名タイトルの人気ブロードウェイ・ミュージカルです。  ビートルズ以前、1960年代に世界を席巻した人気グループ、.. Weblog: 健康への長い道 racked: 2014-10-18 21:55
  • 映画「ジャージー・ボーイズ」

    Excerpt: 映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2014-10-26 18:12
  • [☆☆☆☆★][映画]「ジャージー・ボーイズ」感想

    Excerpt:  60年代、世界中で人気を博した音楽グループ「フォー・シーズンズ」の結成から解散までを脚色、トニー賞を受賞したジュークボックス・ミュージカルを、名匠クリント・イーストウッド監督が映画化。 はっきり言.. Weblog: 流浪の狂人ブログ~旅路より~ racked: 2014-11-05 19:16
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: ジャージー・ボーイズ '14:米 ◆原題:JERSEY BOYS ◆監督:クリント・イーストウッド「インビクタス 負けざる者たち」「グラン・トリノ」 ◆出演:ジョン・ロイド・ヤング、エ.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2014-11-13 23:10
  • 「ジャージーボーイズ」

    Excerpt: クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。こ.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2014-12-17 12:16
  • ジャージーボーイズ

    Excerpt: 「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって~~~」 「あら~~そうなの??」 「うん。」 「でもさ.. Weblog: 映画に耽溺 racked: 2014-12-25 15:28
  • 『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~

    Excerpt: 2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリ.. Weblog: 偏愛映画自由帳 racked: 2015-02-11 20:31
  • Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。

    Excerpt: 先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! .. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2015-03-06 23:17
  • ジャージー・ボーイズ

    Excerpt: 60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャング.. Weblog: のほほん便り racked: 2016-03-08 13:05