映画「プリズナーズ」@松竹試写室

 今回私は映画レビューサイトCOCOさんの独占試写会に招かれた。客入りは若干空席の残る九割位だ。

    

   映画の話
 家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪(しっそう)する。手掛かりは微々たるもので、警察(ジェイク・ギレンホール)らの捜査は難航。父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された容疑者(ポール・ダノ)の証言に犯人であると確信し、自らがわが子を救出するためにある策を考えつくが……。

   映画の感想
 非常に重く考えさせられる作品だ。監督はカナダ出身で「灼熱の魂ドゥニ・ヴィルヌーヴだ。前作も衝撃的な作品であったが、本作も別の意味でかなりの衝撃作だ。

   以下ネタバレ注意

 物語は娘を誘拐された父親ケラーとその家族の苦悩を描いた作品であるが、被害者となった父親のとった社会常識を逸脱した行動に焦点があてられる。その行動とは、警察が野放しにした誘拐の容疑者アレックスを父親が拉致する。そして、空き家となった一軒家に監禁して、自らの手で娘の居場所を聞き出そうと試みる。しかし、事件について一切口を割らない容疑者に対して、父親は暴力で口を割らせようとする。娘の事を思いエスカレートする父親の暴力はやがて拷問のような形へと発展し、被害者だった父親は加害者へと変貌する。

 題名となる「プリズナーズ」は“囚人たち”を意味する。この作品で囚われの身となるのが、犯人に誘拐されて監禁されてしまう二人のお子さんと、被害者の父親に監禁される容疑者アレックスとなり、最終的にケラーまでもが囚われの身となる。「目には目を歯には歯を」と言う言葉があるが、本作の父親の行動は先の言葉を思い出してしまう。娘を思い暴走する父親と、彼の娘と一緒に娘を誘拐された黒人夫婦。同じ被害者同士であるが、ケラーの暴走する行動を快く思わない黒人夫婦との温度差が生まれてくる。一方、誘拐事件捜査を続けるロキ刑事(ジェイク・ギレンホール)の前に不審な別の容疑者が浮上する・・・。

 「プリズナーズ」は先の見えない物語と役者たちの熱演で異常な緊張感を生み出した。ヒュー・ジャックマンジェイク・ギレンホールら主要キャストの演技も素晴らしいが、容疑者を演じたポール・ダノの名演が本作の要だ。先ごろ公開された「それでも夜が明ける」では、黒人奴隷をいじめる高圧的な白人を演じていたと思ったら、本作では知的障碍者の少女誘拐容疑者である。おどおどとした態度と全く読めない心理が事件をかく乱し、ケラーを暴走させてしまう。私はいつも通りに何も知らずに本作に挑んだが、容疑者役がしばらくポール・ダノと気づかない位に化けていた。ダノは役の幅の広い俳優だ。

 物語は紆余曲折を経てロキ刑事が真犯人へとたどり着く訳だが、もう少し真犯人の心理を掘り下げてほしい気がした。しかし、アメリカと言う国は年間ウン万人単位の行方不明者があるそうだ。ロキと真犯人が対峙するシーンは「サイコ2」の後半のキッチンのシーンを思い出し、話の不気味さは何故か「悪魔のいけにえ」を思い出してしまった。「サイコ」と「悪魔のいけにえ」も元を辿れば連続殺人鬼エド・ゲインをモデルにした作品なので、両作品を思い出しすのはしょうがない。

 そんな中、本作で一番ハラハラしたのは負傷したロキが、身柄を確保したケラーの娘を病院に車で向かうシーンが一番恐ろしい。犯人からの攻撃で負傷したロキは血が目に入り、視界不良で車を猛スピードで運転し、何時ほかの車と衝突しそうな勢いで車を暴走させる。観客は「ロキがケラーの娘と共に事故死してしまうのではないか?」と要らぬ心配をしてしまうシーンに恐怖を感じた。

 本作のヴィルヌーヴ監督は大事なシーンをあえて描かない。その傾向が顕著に表れるのがラストシーンだ。ケラーの娘が最初に家に取りに戻った「赤いホイッスル」が回り巡り、ケラーが監禁される穴で発見される。ホイッスルと言えばあの大ヒット作「タイタニック」でも大活躍した小道具だ。多くの観客はホイッスルを見て「もしや・・・」と後の展開を想定したはずだ。ホイッスルは観客の想像通りの使われ方がするが、監督はあえてケラーの救出シーンを描かなかった。ロキが微かに聞こえるホイッスルの音を認識したショットで映画は幕を引く。観客の想像に委ねた余韻を残す上手い幕引きだ。かなりヘビー級な作品であるが、人間心理を深く掘り下げたサスペンス作品として見応え十分である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『プリズナーズ(Prisoners)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ポール・ダノ、他

    Excerpt: ※注・内容、核心部分、プロットなどに触れています。鑑賞後に御覧ください。 『プリズナーズ』(Prisoners)監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ脚本:アーロン・グジコウスキヒュー・ジャックマンジェイク・ギレ.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2014-05-03 00:07
  • 『プリズナーズ』 2014年4月7日 松竹試写室

    Excerpt: 『プリズナーズ』 を試写会で鑑賞しました。 最大の難所である松竹試写室は満席に近いと観づらいことこのうえない。 そして字幕の映画で字幕が下に出るのだとどうしようもない。。。 【ストーリー】  家族.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2014-05-03 08:33
  • 劇場鑑賞「プリズナーズ」

    Excerpt: あなたは、平静でいられるか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405030001/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2014-05-03 15:08
  • プリズナーズ

    Excerpt: 評価:★★★★★【5点】(02+11) これぞ、大人のヒューマン・サスペンスだ! Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2014-05-03 21:56
  • プリズナーズ~とらわれて秋

    Excerpt: ある意味アベンジャーズのスピンオフ 公式サイト。原題:Prisoners。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス、マリア・ベロ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2014-05-04 07:42
  • 『プリズナーズ』

    Excerpt: ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの二枚看板のわりには少ない感じの劇場数。 まぁどんよりした予告編だったしね。 クリント・イーストウッド作品的な、「で、あなた ... Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2014-05-05 00:00
  • 『プリズナーズ』(試写会)

    Excerpt: '13.04.07 『プリズナーズ』(試写会)@松竹試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます! ちょっと重そうだけど、ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホールということで気になった。.. Weblog: ・*・ etoile ・*・ racked: 2014-05-05 02:08
  • 『プリズナーズ』の真のメッセージとは?

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  『プリズナーズ』は米国らしい映画である。  監督のドゥニ・ヴィルヌーヴはカナダ出身だから、北米らしい映画と云ってもいい。  本作の公式サイトには、「世界の魂を揺さぶった.. Weblog: 映画のブログ racked: 2014-05-05 08:11
  • プリズナーズ

    Excerpt: 【PRISONERS】 2014/05/03公開 アメリカ PG12 153分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール、ヴィオラ・デイヴィス 、マリア・ベロ、テレン.. Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ racked: 2014-05-06 23:18
  • 『プリズナーズ』

    Excerpt: 心も監禁される。 愛する子供が誘拐された時、親としてどう行動するか。限られた情報の中で何が真実かも分からない、でも可能性があるならどんなことでもする。それが例え違法行 ... Weblog: こねたみっくす racked: 2014-05-07 01:43
  • プリズナーズ

    Excerpt: ペンシルヴェニア州の田舎町。 感謝祭の日、工務店を営むケラー・ドーヴァー(ヒュー・ジャックマン) の娘が、隣人バーチ夫妻(テレンス・ハワード・ ヴィオラ・デイヴィス)の娘と一緒に忽然と姿を消し.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2014-05-10 14:40
  • プリズナーズ/PRISONERS

    Excerpt: ヒュー・ジャックマン×ジェイク・ギレンホール 主演のサスペンス。 監督は、「灼熱の魂」(2010)でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、 本作でハリウッド・デ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2014-05-11 19:45
  • 「プリズナーズ」☆信じるものは救われる

    Excerpt: 劇場鑑賞券が当たったので、出来るだけ早いうちに・・・・と思いたって行って来たyo 本当は珍しく公開前に届いていたから、初日に観たかったのだけど。 Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2014-05-13 16:57
  • 映画『プリズナーズ』 PRISONERS ネタバレでお節介な解説

    Excerpt: 今年1番という人もいる評判の高さに惹かれて、観てきました。 確かに良く出来た面白い映画でした、 が、 登場人物にポロリと無関係そうに呟かせたセリフを後で判明する事実の詳しい説明の代わりと.. Weblog: グドすぴBlog racked: 2014-05-15 02:11
  • 「プリズナーズ」

    Excerpt: パン兄弟の作品が、怖い怖いと言っていた舌の根も乾かない内に恐縮だが、この作品も相当怖かった。質の違う怖さ。むしろこちらの作品の方が現実的で生々しい分、怖さもひとしお。どことなく「ゾディアック」に作風が.. Weblog: ここなつ映画レビュー racked: 2014-05-16 12:18
  • プリズナーズ

    Excerpt:  『プリズナーズ』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作(注1)の評判が随分と高そうなので、遅ればせながらも映画館に足を伸ばしました。  ペンシルヴェニア州に住むケラー(ヒュー・ジャックマン)の.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-05-30 21:18
  • プリズナーズ ★★★★

    Excerpt: 『X-MEN』シリーズ、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが愛する娘を誘拐され、自力で犯人を捕まえようと行動を起こす父親を演じるクライムサスペンス。ヒューのほか、事件を担当する警察官に『ブロ.. Weblog: パピとママ映画のblog racked: 2014-06-05 23:43
  • 映画:プリズナーズ Prisoners 長尺を感じさせない、強いサスペンスの継続が見事!

    Excerpt: 家族 × 2のパーティでちょっとした隙に、子供達が行方不明に。 つまり、 × 2家族の、6歳と7歳の子供 × 2人が失踪。 両家の親はパニックに陥る。 彼らは ヒュー・ジャックマン(写真:左)と.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2014-06-07 09:32
  • 迷路~『プリズナーズ』

    Excerpt:  PRISONERS  感謝祭の休日、ケラー・ドーヴァー(ヒュー・ジャックマン)の6歳の娘アナが、 友人のジョイとともに忽然と姿を消す。事件を担当するロキ刑事(ジェイク.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-06-10 07:46
  • 映画『プリズナーズ』を観て

    Excerpt: 14-44.プリズナーズ■原題:Prisoners■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:153分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、新宿ピカデリー(新宿) □監督:ドゥ二・ヴィルヌーブ.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2014-07-14 22:44
  • 『プリズナーズ』 ~信じる者だけ救われる~

    Excerpt: 2013年/アメリカ/153分 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ヒュー・ジャックマン    ジェイク・ギレンホール    マリア・ベロ    テレンス・ハワード    ヴィオラ・.. Weblog: 偏愛映画自由帳 racked: 2014-10-14 18:39
  • プリズナーズ

    Excerpt: 【概略】 工務店を営むケラーの娘が友だちと出掛けたまま行方不明に。警察はある青年を拘束するも2日後に釈放され、ケラーは自らの手で娘の居場所を聞き出そうとするが…。 サスペンス 最愛.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-11-04 09:20
  • レベル高し、サスペンス

    Excerpt: 12日のことですが、映画「プリズナーズ」を鑑賞しました。 感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪する。手掛かりは少なく、警察らの捜査は難航。 父親は証拠不十分で釈放された容疑者の証言に犯人であると.. Weblog: 笑う社会人の生活 racked: 2014-11-08 18:15
  • 『プリズナーズ』

    Excerpt: プリズナーズ 行方不明になった娘を救出する為、 警察が釈放した容疑者を拉致 監禁する父親... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】(自宅鑑賞) 原題:Prisoners Weblog: cinema-days 映画な日々 racked: 2016-01-16 09:06