2013年辛口映画ベストテン【邦画編】

 今年一年間「新・辛口映画館」にご訪問頂きありがとうございます。
 「2013年辛口映画ベスト10【洋画編】」に引き続き邦画編の発表です。こちらも諸事情があり、ブログにレビューを書いていない作品のオンパレードです。「風立ちぬ」など未見に終わった作品も多く、偏りのあるベスト10になりました。

   第一位
   
   実際の事件を基に再現したドラマであるが、その表現方法は記者の現在を軸にしながら、過去の出来事を記者の脳内世界で再現すると言う、現在と過去をシームレスのドラマに仕立てた構成が上手い。ピエール瀧、リリー・フランキーの凶悪コンビの怪演も素晴らしい。

   第二位
   
   考えさせる題材を是枝監督らしい、淡々としたタッチで描き観客に訴える作品だ。ドキュメント出身の監督らしく、ドラマの間に時折挟まれるらせん階段や電線など、観客の潜在意識に訴えるショットの上手さが作品の隠し味となっている。「凶悪」に続きリリー・フランキーの好演も良かった。

   第三位
   
   宮藤官九郎の勢いをそのまま感じる作品だ。嘘もここまで突き通せば大したものだ。エンドムービーが無ければパーフェクトだった事が惜しい。レビューはこちら

   第四位
   
画像

   実際に起こった年金不正受給事件をモチーフに、ある家族の崩壊を、その家の中だけで描いた意欲作だ。出演者も回想シーンを除き、仲代達也北村一輝だけで描く。名優・仲代に対して感情的な演技をぶつける北村の演技がすごい。彼らから演技を引き出した小林政広監督の演出も光る。

   第五位
   
   知っていそうで知らなかった「竹取物語」を、独自の解釈と水彩画タッチで描いたスタジオジブリ作品だ。レビューはこちら

   第六位
   
   実家でニート生活を送るタマ子の生活を、四季と共に微妙に変化する過程を描いた作品だ。あるワンカットを除き、ほぼ不貞腐れて可愛くない前田敦子が演技が良い。

  第七位
   
   「家族」を描く事を得意とする山田洋次監督らしい佳作である。個人的には菅原文太の主演降板が残念だった。レビューはこちら

  第八位
   
   童貞青年と盲目お嬢様の初恋を描いた作品だ。主人公の無茶苦茶な体当たりぶりが気持ち良く、いつの間にか二人を応援してしまった感動作である。

   第九位
   
   今年は「あまちゃん」、「謝罪の王様」に本作と、まさしく宮藤官九郎の一年だったように思う。「中二病」を絵にかいたような作品であるが、主人公の妄想シーンやら、母ちゃんの韓流狂い、ロック魂がさく裂する遠藤憲司など楽しいシーンがいっぱいの怪作である。

   第十位
   
   かなり安易なタイムスリップものであるが、その手作り感覚が逆に心地よい。大林監督版「時をかける少女 ブルーレイ [Blu-ray]」が好きな人におすすめの作品である。

この記事へのコメント

佐藤秀
2013年12月30日 23:47
あれれ、6位がないです!?
2013年12月31日 00:38
佐藤さんへ

ご指摘ありがとうございます。
うっかりミスで修正しました。

この記事へのトラックバック

  • 2013年日本映画ベスト10

    Excerpt: 昨年に引き続き、今年も日本インターネット映画大賞の2013年度日本映画投票に応募を兼ねて基本的に劇場新作公開118邦画作品から。今年は色々な秀作があったけれど、最終的には年初公 ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2013-12-30 23:41
  • 2013 MY BEST MOVIE TOP 10

    Excerpt: 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312310001/ 【送料無料】オリジナル・サウンドトラック ゼロ・グラ.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-12-31 13:45
  • 2013年Nakajiの映画ランキング

    Excerpt: 今年もいよいよ終わりですね~!! 今年は早めに記事も書き終えたので、ランキングにかかってみました。 2013年は年間109本です。その中でパスポートは21本になります。 いやーーーもうちょっと見たか.. Weblog: C’est joli~ここちいい毎日を♪~ racked: 2014-01-01 21:25
  • 2013年、映画観賞履歴~1年の観賞を振り返る

    Excerpt: 2013年も残すところ今日が最後となりました。そこで、今年観た映画を振り返ります。 まずは1~6月の上半期で54本、7月以降が56本を観賞。ごく平均的な本数(月8~9本)ですが、年間本数としては昨年.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2014-01-02 18:15
  • 2013年ベストシネマ15(邦画編)

    Excerpt: 2013年ベストシネマ15(邦画編)      昨年は年間125本(邦画66本、洋画59本)の映画を劇場で鑑賞しました   邦画では、うち『真夏の方程式』と『風立ちぬ』は2回観ましたので、   邦.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2014-01-04 11:07
  • 日本インターネット映画大賞―2013年度日本映画投票

    Excerpt:  新年明けましておめでとうございます。  本年も、昨年同様よろしくお願いいたします。  以下、これまでと同様に書き進めても構わないのですが、それではマンネリが過ぎる感じがし、合わせて昨年末に日本イン.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2014-01-06 21:34
  • 2013-私の好きな映画♪

    Excerpt: 2013年も今日で、というか、後数時間で終わり。 イイことも悪いこともすっかり忘れて、仕切り直しの、 新しい年が始まるのですよね~ と、 今年も1年、色々と楽しませてくれた映画たちの中から、 お気に.. Weblog: to Heart racked: 2014-01-07 11:47
  • 2013 thinkingdays Best 10 of the movie

    Excerpt:  2013年に劇場鑑賞した作品の中から、洋画はベスト10、邦画はベスト5を選ん でみました(+αあり)。  昨年、劇場鑑賞した映画は85本、そのうち邦画は20本(23.5%)です。自宅 .. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2014-01-09 14:26
  • 2013☆ベスト&ワースト映画 /2013 BEST&WORST MOVIE☆

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 今年で16年目 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2014-01-11 00:04
  • 2013☆ベスト&ワースト映画 /2013 BEST&WORST MOVIE☆

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 今年で16年目 独断と完全なる好みでmigが選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2014-01-11 00:04