映画「アルゴ」@よみうりホール

 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。
   
   

 映画の話
 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

 映画の感想
 俳優のベン・アフレックが1979年に起こったイランアメリカ大使館人質事件を親切丁寧に監督した力作だ。幕開けは時代設定に合わせ、昔懐かしい70年代に使われていたワーナー・ブラザーズのロゴマークから良い感じである。物語冒頭にイランの歴史と事件の背景を記録映像や写真を使い、観客に事件の概要を理解させた上で物語がスタートするので、事件について予習することがない親切な導入部を経て、あっという間に観客は事件の真っ只中に放り込まれる構成が実に巧みだ。アメリカ大使館を取り巻くイラン人の抗議デモ隊は、塀や門を破り大使館内に雪崩れ込む。多くの大使館職員が人質となる中、6人のアメリカ人職員が大使館から脱出して、カナダ大使公邸に逃げ込む。八方塞がりとなったアメリカ国家はCIA人質奪還のプロフェッショナル、トニー・メンデスを招集する。ここまで20分近く異常な緊張感が続き、やっと主役のベン・アフレックの登場である。今回は長髪に髭面で若い時のチャック・ノリスのような風貌である。

   以下ネタバレ注意

 CIAは早速、様々なアイディアを出しあい6人の脱出計画を練るが、良案が出ないまま平行線を辿る中、メンデスがテレビで放送していた「最後の猿の惑星の中でシーザーの特殊メイクを施したロディ・マクドォールの姿を見て、とんでもないアイディアを考えだす。メンデスが「猿の惑星」シリーズで特殊メイクを担当したジョン・チェンバースと接触し、彼に人質奪還作戦への参加を要請する。ここでチェンバースの名前に「オーっ!」と反応してしまう方は立派な映画マニアである。ここから作品は緊張感をガス抜きするように、コメディ的な演出が冴え渡り、チェンバース役のジョン・グッドマンと、レスター役のアラン・アーキンのトボけた演技が実に心地よい。チェンバースの登場により作品に更なるエンジンがかかり加速を始める。

 メンデスの打ち出した作戦は「偽映画の制作を発表して、6人のアメリカ人を映画スタッフに仕立て上げ、イランから出国させる」と言う奇想天外なアイディアで、周りのCIAから反対されるものの、選択肢が無く、やもえなくメンデスの作戦にGOサインが出される。メンデスはチェンバースと共にレスターをプロデューサーに仕立て上げて作戦に参加させる。そして中東がロケ地となる「アルゴ」と言うZ級SF映画の脚本を1万ドルで買い叩き、製作発表記者会見を開き、マスコミを利用して偽映画を大々的にお披露目することを成功させる。そしてメンデスは単身イランに入国して、カナダ大使公邸に身を潜める6人のアメリカ人と接触する・・・。

 ベン・アフレックにとって本作は「ザ・タウン」に続く監督3作目の作品である。前作「ザ・タウン」もなかなかの力作だったが、役者としてのアフレックが出しゃばり過ぎて鼻についたが、本作のアフレックは裏方に徹しながら、物語を牽引する主人公を真面目に演じていて好感を持った。今回は実話であり、物語はテヘランの占拠された大使館、カナダ大使公邸に身を隠すアメリカ人たち、人質奪還作戦本部、偽映画製作チームといった複数のパートが同時進行で描かれるわけで、演出者の力量が露呈するのだが、アフレック監督は全てのパートをバランス良く描ききった。イランパートの半端ない緊迫感も見事であり、偽映画チームの笑いを絡めた脱力具合も上手い、作戦に振り回される作戦本部パートも良い。かなり複雑な構造を持った作品をここまで丁寧に仕上げてくれると文句のつけようもない。

 特にクライマックスは絶品である。イランの空港から出国する6人のアメリカ人が直面する困難を、畳み掛けるサスペンスで勝負に出る。チケットカウンターのハラハラに続き、出国ゲートで待ち構える軍人たちの厳重な警備と、何重にもサスペンス演出を張り巡らさせて観客をドキドキさせる。何とか飛行機に乗り込んでも、まだ派手なサスペンスを用意する監督のぬかりのない演出から、脱出成功の安堵までを丁寧に描き切った監督の演出力には拍手を送りたい。若干、クライマックスのシチュエーションがケヴィン・マクドナルド監督「ラストキング・オブ・スコットランドに似てしまったが、実話の行くつく先は似てしまうのだろう。物語はアメリカ側のハッピーエンドで幕を閉じるが、個人的にはイラン空港の警備にあたっていた兵隊たちの処分が気になってしまった。それにしても実話という制約がある中で、素晴らしいエンタメ作品に仕立てあげたベン・アフレックの演出力に感服した。

 映画「アルゴ」関連商品
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

kintyre
2013年02月09日 09:16
私もこの映画を観ましたが、最後のシーンでありハイライトでもある、空港から搭乗するまではハラハラしました。
離陸しているのに革命防衛隊が執拗に追跡してきて緊張感に溢れていましたね。
2013年02月09日 18:20
kintyreさん

私は本作で描かれた出来事を知らずに見たために、クライマックスは恐怖で体が硬直状態になり、脱出成功時には安堵の涙が出るほど感動しました。
ゴールデングローブ賞、ドラマ部門作品賞受賞という納得のクオリティの作品ですね。

この記事へのトラックバック

  • アルゴ (試写会)

    Excerpt: 前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫.. Weblog: 風に吹かれて racked: 2012-10-22 08:52
  • アルゴ / argo

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2012-10-23 10:42
  • 「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感

    Excerpt: 飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。 それだけでも.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・原宿 racked: 2012-10-24 10:41
  • アルゴ

    Excerpt: アルゴ@よみうりホール Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2012-10-24 12:28
  • 劇場鑑賞「アルゴ」

    Excerpt: 6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-10-26 15:54
  • 劇場鑑賞「アルゴ」

    Excerpt: 「アルゴ」を鑑賞してきました1979年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口実に使った驚愕の救出作戦を緊張感溢れる筆致でスリ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2012-10-26 15:54
  • アルゴ

    Excerpt: 地味だけど面白い。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-10-26 17:07
  • アルゴ

    Excerpt: 地味だけど面白い。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2012-10-26 17:07
  • アルゴ

    Excerpt: 1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ.. Weblog: 心のままに映画の風景 racked: 2012-10-26 22:21
  • アルゴ

    Excerpt: 人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2012-10-27 00:26
  • 映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り!

    Excerpt: アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のア.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2012-10-27 03:14
  • [映画『アルゴ』を観た(短信)]

    Excerpt: ☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2012-10-27 06:28
  • アルゴ

    Excerpt: 偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2012-10-27 07:40
  • アルゴ

    Excerpt: 監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大.. Weblog: 花ごよみ racked: 2012-10-27 16:58
  • アルゴ

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑) Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2012-10-27 20:59
  • アルゴ

    Excerpt: 【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2012-10-28 00:06
  • 映画「アルゴ」感想

    Excerpt: 映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-10-28 03:05
  • 実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』

    Excerpt: 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2012-10-28 09:05
  • アルゴ / ARGO

    Excerpt: CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使っ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2012-10-28 16:51
  • アルゴ

    Excerpt: この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラ.. Weblog: to Heart racked: 2012-10-31 12:37
  • ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容

    Excerpt: wsws.org ダン・ブレナン 2012年10月24日 監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間連続、.. Weblog: マスコミに載らない海外記事 racked: 2012-10-31 15:00
  • 人質救出大作戦~『アルゴ』

    Excerpt:  ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-10-31 20:41
  • 人質救出大作戦~『アルゴ』

    Excerpt:  ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2012-10-31 20:47
  • アルゴ ★★★★☆

    Excerpt: 宗教も慣習も全く違う異国の地、イランでの恐怖は淡々と冷徹に描かれる。 人質たちが自分たちだけが殺されるだけでなく、他の大勢の同僚の命も危険にさらす可能性のある作戦への参加への恐怖と緊張感は見てい.. Weblog: センタのダイアリー racked: 2012-10-31 22:48
  • アルゴ

    Excerpt: 役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2012-11-01 00:57
  • アルゴ

    Excerpt:  『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2012-11-05 20:22
  • アルゴ (Argo)

    Excerpt: 監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2012-11-12 09:00
  • 映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感

    Excerpt: 映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2011,.. Weblog: soramove racked: 2012-11-29 07:40
  • 映画『アルゴ』を観て

    Excerpt: 12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製作:ベン・ア.. Weblog: kintyre's Diary 新館 racked: 2013-01-13 20:13
  • 映画:アルゴ

    Excerpt:  ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)と.. Weblog: よしなしごと racked: 2013-02-13 19:46
  • アルゴ : これが実話ベースって…。

    Excerpt:  昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2013-03-03 15:33
  • アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・

    Excerpt: 【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人い.. Weblog: 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~ racked: 2013-03-05 14:52
  • 『アルゴ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、      .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2013-03-07 12:07
  • アルゴ

    Excerpt: 【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使.. Weblog: タケヤと愉快な仲間達 racked: 2013-03-25 20:19
  • No.346 アルゴ

    Excerpt: ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2013-04-21 22:10
  • アルゴ

    Excerpt: 実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-05-01 09:37