映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール

 客入りはほぼ満席。
  

 映画の話
 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

 映画の感想
 全然顔が似ていない親子のキャスティングに不満が残るものの、作品自体は素晴らしい。今年初試写会でいきなり今年のベスト作品候補にめぐり合ってしまった。しかしキャスティングは先にも書いたとおりに大きく不満がある。まず、キャスティングと言うものは「誰を軸に選んでゆくか?」と思うのだが、本作はたぶん、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの夫婦役が先に決まってしまったのだろう。そして主人公の少年が後から決まったパターンだと思う。

 少年の父親役のトム・ハンクスは物語の展開上、物語冒頭で姿を消してしまい、回想シーンで登場する位なので観客の印象に残る人物として適役であろう。母親役のサンドラ・ブロックは完全にミスキャストのように思う。彼女の演技に文句はないが、少年と顔が似ていなすぎて画面を見ていてしっくりこない。少年とはまるで別の人種のようにも見える。少年の顔を生かすなら、少年と似た顔立ちのティルダ・スウィントンに母役を演じてほしかった。

   以下ネタばれ注意

 さて本編に話を向けると、アメリカ人は9.11アメリカ同時多発テロ事件は大きく心に深い傷を負ってしまったのだろう。本作は「ワールド・トレード・センター」「ユナイテッド93」のようにテロ事件を直接描くのではなく、物語の背景としてテロ事件が描かれる。しかし、部分的にテロ事件がテレビ画面で映されたり、飛行機が突っ込んだ後の世界貿易センタービルの光景がCGで再現されているので、テロ事件でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を持った方には辛い作品になるかもしれない。そんな主人公オスカー少年も、テロ事件で父親を失いPTSDになってしまったのだろう。オスカーは元々他人と接触する事が得意ではない少年だったのに、更にテロ事件のPTSDも加わり、かなり変な子供になってしまった。その変な子供ぶりはオスカーのモノローグと共に嫌いなものが一杯物語中に語られる。

 本作の上手い所は、徹底したオスカーの変な子供ぶり&性格付け&役を演じたトーマス・ホーンの力によるだろう。頑固で融通のきかない少年は心を静める為に常時タンバリンを持ち歩いている。そんなオスカーが父親の遺品から「Black」と書かれた小さな封筒に入った鍵を見つけた事で、物語が動き出す訳であるが、遺品の鍵にあう鍵穴探しも丁寧に描かれ、キーワードとなる「Black」を手掛かりに徹底的にリサーチして行動に移すあたりにオスカーと言う少年の性格を良く現している。

 物語は鍵穴探しと並行して、少年の住む向かいのアパートに暮らす祖母の家に間借りしてる老人が登場する。オスカーは声を出せなくなった不審な老人を間借り人と呼び煙たがるが、老人の申し出によりオスカーの鍵穴探しを手伝うことになる。間借り人を演じるのはスウェーデンの名優マックス・フォン・シドーだ。「エクソシストで少女に悪魔祓いを行った“メリン神父”を演じた俳優で、当時は老けメイクで老神父を演じた訳であるが、本作ではすっかり年をとりノーメイクでメリン神父状態になってしまった。本作では喋れないという難役を、手のひらに書いた“YES”と“NO”と筆談だけで役を演じているのに、すんなりと心に入ってくる。本年度「アカデミー賞助演男優賞」にノミネートされただけに素晴らしい名演である。

 オスカーの鍵穴探しは紆余曲折を経て終わりとなるが、若干、結果が拍子抜けに感じてしまう。しかし、それが現実であり、変に結果を感動的にしなかった所が本作のポイントであろう。鍵穴探しで成長した少年は、冒頭に映し出された落下する男の足元とは反対に、苦手なブランコで空を蹴る足元を映し出す。少年のトラウマは克服したのだろう、上手い幕引きである。

 音楽について
 本作のタイトルにスタッフ&キャストのクレジットは無い。作品が始まり打ち寄せる波のようなミニマルミュージック的なオーケストレーションを聞いて、本作のスティーブン・ダルドリー監督の2作目「めぐりあう時間たち」の音楽を担当したフィリップ・グラスのサウンドにそっくりで「おっ、本作もフィリップ・グラスだな」なんて勝手に思い込んでいたら、エンドロールで愕然とした。なんとフィリップ・グラスではなくアレクサンドル・デスプラだった。

 デスプラは近年「ゴーストライター」「ハリー・ポッターと死の秘宝Part1&2」「ツリー・オブ・ライフ」と話題作品に引っ張りだこの作曲家である。デスプラはフランス人らしい、ヨーロピアンで重厚なオーケストレーションが得意であるが、昨年公開された「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀」では「007」シリーズを意識した、ジョン・バリーそっくりな金管楽器が鳴り響くゴージャスなスコアを書いてしまう多芸ぶりも披露してくれた。本作でもフィリップ・グラスばりのミニマルスコアが炸裂する。今私が一番注目する作曲家である。

 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほどに近い」関連商品

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
NHK出版
ジョナサン・サフラン・フォア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ものすごくうるさくて、ありえないほど近い の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 スティーブン・ダルドリー監督作品

DVD/洋画/めぐりあう時間たち/ACBF-10641

DVD/洋画/めぐりあう時間たち/ACBF-10641
価格:1,511円(税込、送料別)


この記事へのコメント

KGR
2012年02月17日 21:05
同じ会場でした。
記事アップ時刻から見て2/8の鑑賞でしょうか。
私は2/10でした。

両親と子供が似てない、確かにそうですね。
彼らは似てる似てないをあまり気にしないのかもしれません。

鍵は残念でしたが、トラウマを乗り越えたこと、母の存在に気付いたことなどなど、タイトルと言い、ブランコと言いうまいまとめでした。
2012年02月17日 23:12
KGRさんへ

私は8日の試写会でした。

どうもアメリカ映画は家族のキャスティングがイージーで困ります。

 最近見て素晴らしい親子のキャスティングは、イタリア映画「ミラノ、愛に生きる」のティルダ・スウィントンと娘役の女優がそっくりでした。

映画自体はとても素晴らしい作品でした。

この記事へのトラックバック