映画「アントキノイノチ」@銀座ブロッサム

 試写会の客入りは1階満席、2階席は不明。

 
 映画の話
 高校時代、とある事件がきっかけで心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田将生)は、遺品整理業を父親に紹介してもらい働き始める。そこで出会った久保田ゆき(榮倉奈々)や仕事仲間と共に過ごすうちに、杏平は少しずつ心を開き始める。そんなある日、ゆきは衝撃的な過去を杏平に告白し、彼の前から姿を消してしまう。

 映画の感想
 瀬々敬久監督の前作「ヘヴンズストーリー」の延長線にあるような作品であるが、ヘビーだった前作に比べるとライトタッチとなる。それにしても本作の原作者がシンガーソングライターのさだまさしという事に驚く。まぁ、考えてみれば、さだはソロになる前のグループグレープ時代の楽曲「精霊流し」を書いているので、若い時から自身の死生観をしっかりと世に発信していた人物なので納得する。

 物語は「遺品整理業」と言う聞きなれない職業にスポットを当てながら、そこで働く二人の若い男女の物語が描かれる。ちょうど、亡くなった人を送り出す滝田洋二郎監督「おくりびと」と系列的には似ているが、本作は亡くなった人の居なくなった部屋の遺品整理と部屋の清掃と言うことで、職業としては「おくりびと」の様に遺族の目の前で仕事をするのではなく、主の居なくなった部屋の後始末する裏方仕事である。似た仕事が描かれたアメリカ映画「サンシャイン・クリーニング」があるが、あちらは金の為と割り切った女性が主人公だったため、仕事に対して嫌々感があからさまであったが、本作の「遺品整理業」は正にプロの仕事である。

   以下ネタばれ注意

 物語は高校時代のある事件で心を閉ざした杏平と、同じようにある事件で一度心を殺されたゆきが職場で出会い、心を通わせてゆく過程が繊細に描かれる。構成としては現在と杏平を描きながら、彼が心を閉ざしてしまう原因となる高校時代の過去が交差しながら描かれる。主の居なくなった故人の部屋は物が散乱し、体が腐敗してもれ出た液体が黒くなり、そのまま床にこびりついている。誰もが怖気づく現場の指揮を取るのが二人の上司・佐相だ。てきぱきと指示を出しながら、現場を仕切り作業を進める姿が頼もしい佐相を演じる原田泰造が実に良い。特に板前さんの家から見つかるAVビデオに戸惑う杏平と遺族を横に、さりげなく言う台詞がよい。「その人の良いところを残し、亡くなった人の面子を守る」プロとしての素晴らしい言葉に胸が熱くなる。私も死んだら佐相の様なプロフェッショナルに遺品を整理して欲しい。

 物語は徐々に杏平の過去が明らかになる。クラスでのいじめが原因で校内で自殺した友人、登山合宿中に自分を苛めたいじめっ子を殺そうとした事と、その後、合宿中の事故をいじめっ子が嘘を風潮したのに黙認した教師やクラスメイトを知り、いじめっ子に二度目の殺意を起こしたことが明らかになる。同じように、ゆきの悲惨な過去も明らかになる。そんな中、「遺品整理業」というプロの仕事を割り切れない杏平は、故人のことを思い遺族に深入りしてしまう失敗をしてしまうが、彼の行動が遺族の心を動かし、故人と遺族を見えない糸で繋げる役割を果たす。物語後半、ゆきの失踪から意外な展開をみせ、悲しすぎるラストが待ち受けている。

 本作は瀬々監督にとって2作連続「死」をテーマにした作品であるが、主演二人の観客層に向けた作品だけに出来は良いが、どちらかと言うと優等生的な仕上がりである。もっとディープな作品をお望みの方は「ヘヴンズストーリー」をお勧めする。私は前作の衝撃が強すぎて本作はライトタッチに見えてしまったのは否めない。そんな中、せっかくの良い作品もエンディングテーマが台無しにしてしまう。感動の涙に浸っていると流れてくる「GReeeeN」の騒がしい楽曲で、私の感動はすべて吹っ飛んでしまった。まぁ、映画はセールスなので仕方が無いが、最後はインストか、原作者さだまさしの楽曲で締めて欲しかった。騒がしい楽曲を我慢すると、おまけ映像があるので慌てて席を立たないように・・・。

   TREview


 映画「アントキノイノチ」関連商品

アントキノイノチ (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2011-08-04
さだ まさし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アントキノイノチ (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アントキノイノチ (バーズコミックス スペシャル)
幻冬舎
2011-10-24
壱臣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アントキノイノチ (バーズコミックス スペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



恋文~ラブレター~(初回限定盤)(DVD付)
NAYUTAWAVE RECORDS
2011-11-16
GReeeeN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋文~ラブレター~(初回限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アントキノイノチ

    Excerpt: アントキノイノチ 9月10日@銀座ブロッサム。 観てから一ヶ月以上経ってしまった。 Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-11-19 19:25
  • アントキノイノチ

    Excerpt: 原作は歌手のさだまさしの小説。過去に親友を“殺した”青年と、過去に“殺された”経験を持つ少女が遺品整理の仕事を通じてその心を再生してゆくヒューマンドラマだ。主演は『雷桜』の岡田将生と『余命1ヶ月の花.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-11-19 21:03
  • アントキノイノチ~反則すれば何でもできる

    Excerpt: 公式サイト。さだまさし原作、瀬々敬久監督。岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、染谷将太、檀れい、鶴見辰吾、柄本明、堀部圭亮、吹越満、津田寛治、宮崎美子。アントニオ ... Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-11-19 21:49
  • アントキノイノチ

    Excerpt: スクリーンを前にしている間は、高校生たちの他人への無関心からいじめの標的になった永島杏平(岡田将生)と同級生にレイプされた久保田ゆき(榮倉奈々)に感情移入して涙をポロポロ出した。自己主張できなかった若.. Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver racked: 2011-11-20 00:02
  • アントキノイノチ

    Excerpt: 原作はさだまさしの同名小説、 監督は瀬々敬久。 岡田将生、榮倉奈々が主演。 共演に原田泰造、松坂桃李、 檀れい、柄本明等… 「遺品整理業」 過去の事件により閉ざされた二人の心が この仕事を通して.. Weblog: 花ごよみ racked: 2011-11-20 07:56
  • 人と人とが分かり合う事は難しい。『アントキノイノチ』

    Excerpt: 心を閉ざした若者が遺品整理業という仕事を通じて再生していく姿を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-11-21 09:56
  • No.277 アントキノイノチ

    Excerpt: 【ストーリー】 さだまさしによる原作小説を、岡田将生、榮倉奈々の主演で映画化。監督は「ヘヴンズストーリー」の瀬々敬久。高校時代のある事件がきっかけで心を閉ざしていた杏 ... Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-11-21 15:28
  • アントキノイノチ

    Excerpt: アントキノイノチ ★★★★★(★満点!) 第35回モントリオール世界映画祭でイノベーションアワードを受賞 親友の命を奪った彼。 かけがえのない命を守れなかった彼女。 遺品整理という命と向き合う.. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-11-24 13:14
  • 元気ですかーーーー!!! ~『アントキノイノチ』

    Excerpt:  高校時代の親友の死をきっかけに、心を病んでしまった永島杏平(岡田将生) は、遺品整理を代行する会社・クーパーズに就職する。そこで出逢った先輩社 員・ゆき(榮倉奈々)の手首に、傷跡があるのを見.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-11-24 21:10
  • 「アントキノイノチ」亡くなった人たちの遺品整理をした先にみた生きた証しを残す意味と生き続ける意味

    Excerpt: 「アントキノイノチ」はさだまさし原作の作品で高校時代に大きな心の傷を負った青年と女性が遺品整理の仕事を通じて命を見つめていくストーリーである。人は何時か死ぬものだけれ ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-11-27 16:59
  • 『アントキノイノチ』・・・“あのときの生命”を忘れずに生きよう

    Excerpt: 人はなぜ生きるのか。生きようとするのか。あるいはなぜ自ら死のうとするのか、他人を殺そうとするのか。 Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-11-27 22:45
  • アントキノイノチ

    Excerpt: 2011年11月27日(日) 15:50~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(大井町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『アントキノイノチ』公式サイト アントニオ猪木を想像させ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-11-27 23:59
  • アントキノイノチ

    Excerpt: さだまさしの同名小説を「ヘヴンズ ストーリー」の瀬々敬久監督が映画化。遺品整理業という仕事を通して、もがき苦しみながらも成長する若者の姿を描く。出演は「プリンセス ト ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-11-28 16:03
  • 『アントキノイノチ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アントキノイノチ」 □監督・脚本 瀬々敬久□脚本 田中幸子□原作 さだまさし□キャスト 岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、染谷将太、檀 れい、      鶴見.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-11-29 12:12
  • 映画「アントキノイノチ」二人のファンなら見てもいいかな

    Excerpt: 「アントキノイノチ」★★★ 岡田将生、榮倉奈々、松坂桃李、原田泰造、 染谷将太、檀れい、鶴見辰吾、柄本明、 堀部圭亮、吹越満、津田寛治、宮崎美子 出演 瀬々敬久 監督、 131分、 2011年11月.. Weblog: soramove racked: 2011-11-29 21:56
  • アントキノイノチ

    Excerpt:  『アントキノイノチ』を渋谷東急で見ました。 (1)この映画は、さだまさし原作ということで二の足を踏んでいたところ(注1)、なかなかよかった『ヘヴンズストーリー』の瀬々敬久監督の作品であり、かつ『東.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-12-07 05:23
  • 「アントキノイノチ」感想

    Excerpt:  さだまさし原作の小説を、「感染列島」「ヘヴンズストーリー」の瀬々敬久監督、岡田将生主演で映画化。心に深い傷を負った青年が、遺品整理の仕事を通じて「命」について向き合っていく姿を描く。  小生自.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-12-16 18:52
  • アントキノイノチ(2011-114)

    Excerpt: アントキノイノチ 原作はさだまさし 解夏は観ました。 主人公は永島杏平(岡田将生)という青年。 高校時代に親友を自殺に追い込んだことがきっかけで心に病が残ったのかな。 そのことを主人公は.. Weblog: 単館系 racked: 2011-12-28 21:46
  • 映画「アントキノイノチ」感想(DVD観賞)

    Excerpt: 映画「アントキノイノチ」をレンタルDVDで観賞しました。 2011年11月に劇場公開された邦画作品で、歌手として有名なさだまさし原作の同名小説を実写映画化した、岡田将生・榮倉奈々主演の人間ドラマ。 .. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2012-06-13 00:51