映画「一命」@松竹試写室

  今回は「Yahoo!映画 ユーザーレビュアー試写会」に招かれました。試写会の客入りは平日の昼間と言うことで6割くらい、観客の年齢層は高い。



  映画の話  
元芸州広島・福島家家臣の浪人、津雲半四郎(市川海老蔵)と千々岩求女(瑛太)。彼らは、各々の事情で生活が困窮していながらも、自分が愛する人との生活を願い、武家社会に立ち向かっていく。

  映画の感想
 本作は金に困った侍が、大名の庭先で切腹をするという狂言を使い、面倒を避けたい裕福な大名から金をゆすり取る【狂言切腹】を物語の主軸に置いた時代劇だ。

 物語の幕開けは一人の男が大名家に訪れ、「切腹をしたいので庭先を貸して欲しい」と願い出てくる。この大名家では数ヶ月前にも若侍が訪れ、今いる男と同じように「切腹をしたい」と願い出るが、大名家の家老が若侍の【狂言切腹】と判断し、実際に切腹をさせた経緯を詳細に話し、再び【狂言切腹】をする為に訪れた男をたしなめるが、男の正体が意外な人物であることが判明する・・・、と言った具合に物語は現在と過去が交差しながら男の素性と目的が明らかになる展開が見事である。

   以下ネタばれ注意

 本作で作家が観客に投げかける事は「命の重さ」と「大名の体裁」なのだろう。金に困り生活に苦しむ浪人とは対照的に、大名は立派な屋敷を構え、入り口には頑丈で巨大な門構え、玉砂利を敷き詰めた大きな庭、何人もの家来を従え大名のブランドを守ろうとする。そんな大名のブランドを誇示するように、巨大な家紋と、こちらをにらみ付ける牛の水墨画が書かれた屏風絵、極めつけは大名の力を誇示するような座敷に無言で鎮座する“赤備え甲冑”である。

 そんな大名の名誉と体裁を守るためなら、浪人の命の一つや二つは彼らの中では範疇外なのだろう。狂言切腹が判明した若侍の慈悲を聞き入れず家老は「武士に二言は無い」とばかりに切腹を強制する。非情な大名の武勇伝を聞かされた男は自分の身分を明らかにし、大名に反旗をひるがえす訳になるのだが、素性のわからない男の意外な真実が本作の要となるので割愛する。

 それにしても本作の市川海老蔵の演技は素晴らしい。一時のスキャンダルで海老蔵ブランドも崩壊した訳であるが、本作での彼の演技は歌舞伎役者として培った芸が実を結び、半四郎と言う浪人に命を与えた。海老蔵は物語冒頭、弱弱しい声とオーラを消した浪人で登場するが、自分の素性が明らかになったクライマックスでは、彼らしい眼力と腹の底から朗々と響き渡る声で大名たちを威嚇し、大勢の侍相手に大立ち回りを繰り広げる

 大立ち回りの途中で大名の象徴であった“赤備え甲冑”は粉砕するが、狂言切腹騒動が終わり、大名家の家主が大名行列で帰宅する時には何も無かったように“赤備え甲冑”は元の座敷に不気味に鎮座している。庶民の苦しみを無視するような、何か言いようの無い虚無感をワンショットで描き出した三池崇史監督のセンスが光る幕引きである。三池監督にとって本格時代劇は「十三人の刺客」に続き、本作は二作目となるそうだが、この二本は対照的な作風である。活劇に徹した動の演出が冴え渡った「十三人の刺客」に対して、本作は物語で見せる静の演出が冴える。

 ただ、唯一難点を挙げると、求女がどのような経緯であの大名家に辿り着いたのが描かれていない所と、クライマックスで半四郎の素性が判ると共に大雪が降り出すが、あの大雪を見ると外の気温は零度くらいなのに、半四郎や侍たちの吐く息が白く見えないのは駄目である。この手のディティール演出は大事な所で、デヴィッド・フィンチャー監督「ソーシャル・ネットワーク」では、何とも無い野外シーンでわざわざ寒さを表現する為に、白い息をCGで書き足したディティール演出に感心していただけに、日本映画も世界レベルに追いつく為には、この手のディティールも大事にして欲しかった。

 そして、最後に音楽を担当した坂本龍一のスコアについても書きたい。近年の日本映画のスコアはメロディが細かく動き回る忙しないスコアが主流となってしまったが、本作のスコアは最小限の楽器で主たるメロディを使わず和音の動きだけで観客の感情を揺さぶる事が出来た希有なスコアである。更に、一聴してすぐに坂本龍一と判る音作りも素晴らしい。この辺は坂本龍一を「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」で世界に送り出したプロデューサーのジェレミー・トーマスのセンスの良さもあったのだろう。

   TREview


 映画「一命」関連商品
Original Sound Track 一命 Harakiri -death of a samurai 【CD】
HMV 楽天市場ストア
商品の詳細ジャンルサウンドトラックフォーマットCDレーベルCommmons発売日2011年10月12


楽天市場 by Original Sound Track 一命 Harakiri -death of a samurai 【CD】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 原作本
 
一命 (講談社文庫)
講談社
2011-06-15
滝口 康彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一命 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 同小説を映画化したオリジナル版

切腹 [Blu-ray]
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2011-04-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 切腹 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 一命2D

    Excerpt: 大河ドラマ「それからの武蔵」風 公式サイト。英題:Hara-Kiri: Death of a Samurai。滝口康彦「異聞浪人記」原作、小林正樹監督「切腹」(1962)のリメイク。「十三人の刺客」.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-10-15 20:46
  • 一命

    Excerpt: 『十三人の刺客』、『クローズZERO』の三池崇史監督最新作。滝口康彦の「異聞浪人記」をベースに作られた武士の世界を批判的に描いたヒューマンドラマだ。1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-15 21:25
  • 一命

    Excerpt: 一命 (講談社文庫) 解説 チェック:『切腹』の原作でもある滝口康彦の「異聞浪人記」を基に、『十三人の刺客』『クローズZERO』などの三池崇史が監督を務めたヒューマンドラマ。貧しい暮.. Weblog: 青いblog racked: 2011-10-15 22:00
  • 映画「一命」感想

    Excerpt: 映画「一命」観に行ってきました。 滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作とし、江戸時代初期に蔓延したと言われる「狂言切腹」を題材に「武士の生き様」に対し疑問を投げかける作品。 2010年11月に暴行事.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-10-16 00:02
  • 一命

    Excerpt: 2011年10月15日(土) 15:00~ TOHOシネマズららぽーと川崎6 料金:300円(フリーパス+3D料金(メガネ持参)) パンフレット:未確認 『一命』公式サイト TOHOシネマズのフリ.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-10-16 00:24
  • 映画 「一命」

    Excerpt: 映画 「一命」 Weblog: ようこそMr.G racked: 2011-10-16 02:17
  • 一命

    Excerpt: 試写会で見ました。海老蔵さんが役所さんのいるお屋敷で切腹したい。とお願いに来て、 Weblog: うろうろ日記 racked: 2011-10-16 04:08
  • 劇場鑑賞「一命」

    Excerpt: 武士が守るべきは義か、愛か・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110150001/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-10-16 05:29
  • 一命

    Excerpt: 一命@丸の内ピカデリー1。 9月26日(月)舞台挨拶付き3D試写会。 チケットはネットオークション1,540円で入手。 舞台挨拶付き完成披露試写会のわりに安かったのでカサキケイくんに落札してもら.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-10-16 07:16
  • 2011年9月26日 『一命』 丸の内ピカデリー

    Excerpt: 今日は、『一命』 を完成披露試写会で鑑賞です。 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、三池崇史監督が登壇しました。 開場時のレッドカーペットは散々でエスカレーターの裏側で何にも見えませんでした(笑) そんな.. Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) racked: 2011-10-16 07:36
  • 『一命』・・・武士の誇りと男の尊厳

    Excerpt: 武士の誇りとは何か。命とは何か。 家族を愛する若き武士の切腹めぐって繰り広げられる壮絶な人間ドラマに、我を忘れてのめり込んだ2時間だった。 Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-10-16 11:43
  • 「一命」命と引き換えに伝えたかったお金でない命の是非

    Excerpt: 「一命」江戸時代にお家が改易となった貧しい武士の家で貧しいながらも暮らしていた武士の家族がある事がキッカケに切腹をしたいと武家の家に申し出た事からそれを巡る武士の在り ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-10-16 18:58
  • 一命

    Excerpt: 一皿の菓子。降り頻る雪。まだ遠き春。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-10-16 21:07
  • 三池崇史監督 「一命」

    Excerpt: 公開初日という事で、前々から観たかった三池監督の「一命」、仕事明けの今日(2011年10月15日)、仕事をとっとっこ切り上げ営業所に帰庫、もよりの映画館に朝一番で観てきました。 http://www.. Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。 racked: 2011-10-17 09:06
  • 一命

    Excerpt: 哀しみの果てに・・・   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-10-18 12:13
  • 一命

    Excerpt: 1952年に発表され、1968年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。音楽を「シルク」の ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-10-19 17:09
  • 一命

    Excerpt: 井伊家こそイイ迷惑。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-10-19 22:58
  • 主演・市川海老蔵、三池崇史監督『一命』

    Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。1952年に発表された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に(1968年「切腹」として映画化)、三池崇史監督が再映画化した『一命』。音楽、坂本龍一。出演は市川海老蔵、瑛太、役所.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-10-19 23:18
  • ■映画『一命』

    Excerpt: それは、こんなに気合いの入った映画の撮影が終わったら、ちょっとハメを外したくもなるよね…。 と、ちょっと市川海老蔵の心境に思いを馳せてしまうこの映画『一命』。 この映画にはやっぱり海老蔵の才能.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-10-21 03:35
  • 『一命』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「一命」□監督 三池崇史 □脚本 山岸きくみ □原作 滝口康彦(異聞浪人記)□キャスト 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司、竹中直人、       新井浩文、笹野.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-10-22 08:54
  • [映画『一命』を観た(すまん、短信)]

    Excerpt: ☆『十三人の刺客』を見たとき、ノリ気じゃない姪っ子だったが、観終えて、「悔しいけど、面白かった^^;」と言った。  で、今回、半ば無理矢理に彼女を、 「名作『忍たま乱太郎』と同じ監督だからさ^^」.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2011-10-22 19:55
  • 映画「一命」

    Excerpt: 映画「一命」を鑑賞しました。 Weblog: FREE TIME racked: 2011-10-25 22:57
  • 武士の本懐~『一命』

    Excerpt:  江戸時代初期。井伊家に津雲半四郎(市川海老蔵)と名乗る浪人が現れ、切腹 を願い出る。井伊家家老・斎藤勘解由(役所広司)は狂言切腹であると考え、数ヶ 月前に井伊家を訪れた若い浪人の話を始める。.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-10-26 20:33
  • 一命(2011-086)

    Excerpt: 1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作 リメイクではないらしい。 狂言切腹というのが有るらしい。 切腹を申し出て面倒事を避けたい大名はお金や職を与えて 思いとどませるらしい.. Weblog: 単館系 racked: 2011-10-29 22:24
  • 一命

    Excerpt:  『一命』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)原作の滝口康彦著「異聞浪人記」(注1)を映画化したものとしては、小林正樹監督の『切腹』(1962年)があり、それに甚だ感銘を受けたことがあり、ま.. Weblog: 映画的・絵画的・音楽的 racked: 2011-10-30 18:24
  • 映画「一命」映像がちょっともったいつけすぎ

    Excerpt: 「一命」★★★ 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司主演 三池崇史 監督 127分、2011年10月15日公開 2011,日本,松竹 (原作:原題:滝口康彦の小説『異聞浪人記』) <リン.. Weblog: soramove racked: 2011-11-01 23:06
  • 『一命』| 武士道はあれど、その道を歩く者なし。

    Excerpt: 「『一命』を一名ください」と チケット売り場で言えなかった小心者です。 まだまだ修行が足りません(泣) まずは簡単なあらすじ紹介から。。。 (ネタバレあります!) .... Weblog: 23:30の雑記帳 racked: 2011-11-05 01:12
  • 一命

    Excerpt: HARA-KIRI: Death of a Samurai/11年/日本/126分/時代劇ドラマ/劇場公開(2011/10/15) -監督- 三池崇史 過去監督作:『十三人の刺客』 -原作- 滝口康彦.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-04-15 01:48
  • 一命

    Excerpt: 同じ原作を使ってるため、実質的に「切腹(1962年)」のリメイク作品になってると思う。…なのでどうしても比べてみてしまいますが、残念ながら「切腹」ほどのただならぬ緊張感や迫力をどうしても感じ取.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-04-16 09:52
  • 一命

    Excerpt: もう随分前に ある演出家から勧められて、 この映画の元になった「切腹」と言う映画を観ました。 当時、古い作品であるその映画はなかなか見つからず、 やっと見つけて観たのですが、 見ごたえがあり.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2012-05-01 03:46