映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」@TOHOシネマズ日劇1

 公開初日の夜の回。客入りは2~3割くらい、客年齢は高い。 
  
    
 映画の話
 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。

 映画の感想
 前シリーズのしがらみを取っ払い、新解釈によるストーリー展開が上手い。物語の随所に前シリーズのキャラクターの名前やアイテム、決め台詞を盛り込み、オールドファンへの配慮も上手く出来ている。クライマックスへ向かうプロセスが急過ぎるが総体的に非常に良く出来ている。前シリーズにがんじがらめだったティム・バートン版「猿の惑星」より数段クオリティが高い。まず、物語冒頭に登場する薬で知能が進化したチンパンジーのブライトアイのCGクオリティに驚愕する、まるで本物の猿である。本作の一番大きな変更点は「人間が特殊メイクで演じる猿」ではなく、エモーション・キャプチャーを使ったフルCGの猿にした事が最大の変更点であろう。これから本作を見る方はシリーズの前日譚となるので予習は必要ないが、第一作目「猿の惑星」と、前シリーズ版のシーザーが主人公となる第四作目「猿の惑星 征服」を見ているとより楽しめるだろう。

 以下ネタばれ注意
 (今回は感想と言うより「猿の惑星」前シリーズと比較しながらの解説となります)


 物語冒頭は森で猿たちが捕獲されるシーンとなるが、これは第一作目へのオマージュであろう。オリジナルは逆に人間が猿に捕獲されるシーンであったので、作り手は意識して幕開けをハンティングシーンにしたのだろう。そして、一番初めに登場する猿のブライトアイは、オリジナルでチャールトン・ヘストン演じたテイラーがチンパンジーのジーラ博士に付けられた名前と同じである。そして、ブライトアイの生んだ子供が主人公のシーザーであるが、これもオリジナル版の猿側の主人公コーネリアスとジーラが3作目「新・猿の惑星」で生まれた子供マイロが、4作目「猿の惑星 征服」で大人になり、自らの名前を辞書から「シーザー」と指差し選んだ名前がそっくり使われている。本作ではジェームズ・フランコ演じるウィルの父親の愛読書から付けられている。それにしても本作の父子の関係が「親愛なるきみへ」の父子と似ていて、初めウィルの父親が写った瞬間「またリチャード・ジェンキンスか?」と錯覚した。良く見たらすっかり太ったジョン・リスゴーだった。

 子供時代の愛らしいシーザーはあっという間に大人になり、大人の人間位の大きさになり、隣人とトラブルを起こし動物保護施設に入れられてしまう。まぁ、本作の一般市民の中で一番貧乏くじを引くのが隣人さんとなるが、彼の家庭の様子も多少描けばより面白くなったと思う。この隣人トラブルの前にシーザーが遊んでいる玩具が自由の女神像というのもオールドファンにはうれしい。

 動物保護施設に入れられたシーザーを待っていたのは施設職員の苛めであった。職員を演じるのは「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ役のトム・フェルトンだ、彼の役名が凄い。1作目でテイラー共に宇宙船に乗っていた二人の同僚宇宙飛行士のドッジランドンの名前が合体したドッジ・ランドンである。人間並みの知能を持ったシーザーは早速ドッジに目を付けられ、高圧水ホースで虐げられるが、これも1作目でテイラーが猿から受けた仕打ちと同じである。施設にはチンパンジー以外にも、ゴリラ、オランウータンがいるのだが、サーカスで手話を習ったと言うオランウータンの名前モーリスは、1作目でオランウータンのゼイウス博士を演じたモーリス・エヴァンスから付けられたものだろう。力では勝てないが、知能があるシーザーはゴリラを使い、群れを制圧し施設内のリーダーへ上り詰める、残るは職員のドッジだ。

 本作中盤の最大のハイライトとなるのが、棒状のスタンガンを持ったドッジとシーザーの一騎打ちだ。格闘の末、ドッジの持ったスタンガンをシーザーが押さえつけ、ドッジがシーザーに向けて言う台詞「その汚い手をどけろ!」と言う台詞も、第一作目で猿に捕まり言葉を発せられなくなったテイラーが逃げるが捕まり、猿たちに発する第一声が正に「その汚い手をどけろ」である。その台詞に対してシーザーが放つ台詞が「NO!」である。「NO」と言う言葉は「猿の惑星 征服」で人間たちが猿に対して抑圧する為に使っていた言葉で、「最後の猿の惑星」では人間が使うことの出来ない禁句とされた言葉である。この二つの台詞が重なった瞬間に涙が出そうになってしまった。脚本家の上手さが最大限に発揮されたシーンで、本作のハイライトとなる。

 クライマックスはウィルの家から盗んだ新薬をシーザーが猿たちが眠る施設内に散布したことで、施設内の猿が覚醒してシーザーと共に人間に反乱を起こすわけだが、いささかこのシークエンスは急過ぎる。一夜漬けで覚醒した猿がクライマックスでは武器を使い人間に攻撃するシーンが描かれるが、やはりここは薬品により覚醒してゆく猿たちの描写が必要だったと思う。猿たちに町を支配され警察が出動させるのが騎馬隊だ。これも重要な描写で、「猿の惑星 征服」の中でサーカスで育ったというシーザーが配っていたチラシに描かれているのは、シーザーの得意芸で彼が裸馬に立ち乗りするイラストである。そんなシーザーがクライマックスでは騎馬隊から奪った馬に乗って登場する。後々、馬は猿の世界では重要な移動手段となるのでここは大事なシーンである。

 そして「猿の惑星」シリーズで一貫して貫いたルールは「猿は猿を殺さない」である。今回は猿ではなく人間を殺さないルールとなったが、意識的殺される人物がドッジと新薬会社のトップである。この辺も「猿の惑星 征服」に似ているが、「猿の惑星」シリーズでは黒人は猿の味方として扱われ事が多いので意外だった。町を破壊した猿たちは森に自分たち居場所(ホーム)を選択するが、最後にシーザーがしゃべる言葉が機械的で違和感を持った。ここで終わりかと思ったら、まだ先がある。貧乏くじを引いた隣人さんが病原体を撒き散らしにニューヨークへ向かうところで幕は引かれるが、これも「猿の惑星 征服」の設定で語られた「宇宙飛行士が持ち込んだ病原体で人類は滅亡した」の新解釈であろう。続編を予感させる上手い幕引きである。

   映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」関連商品

パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
ジェネオン・ユニバーサル
2011-09-28
(サントラ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パトリック・ドイル/オリジナル・サウンドトラック 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



猿の惑星 コンプリート・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猿の惑星 コンプリート・ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






PLANET OF THE APES/猿の惑星 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PLANET OF THE APES/猿の惑星 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

佐藤秀
2011年10月08日 18:22
いやあ、この解説凄いですねえ。まるで製作者の人みたいな博識。恐れ入りました。
2011年10月08日 19:13
「猿の惑星」シリーズは家族が好きで、子供の頃から何度も見せられ、いつの間にか自分のバイブル的な作品となりました。
今回の作品はマニア心をくすぐる仕掛けが沢山施されていて面白かったです。
ふじき78
2011年10月16日 22:40
へー、なるほどぉ。勉強になります。

> 「猿の惑星」シリーズでは
> 黒人は猿の味方として扱われ事が多いので
> 意外だった。

皮肉な事に、黒人が大統領に選ばれるようになって、初めてその存在が、人間側として描かれるようになったという事かもしれませんね。
2011年10月16日 23:12
ふしぎ78さんへ

なるほど。
そうかもしれません。
コメントありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 始めに“No”ありき 公式サイト。原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES。ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピントー、アンディ・サーキス、ジョン・.. Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録 racked: 2011-10-08 18:18
  • 猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES

    Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2011-10-08 18:21
  • 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから!

    Excerpt: [猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようにな.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2011-10-08 19:55
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 公開週の土曜日に観賞してきました。 オリジナルの「猿の惑星」は未見です。 リメイク版は観ましたが、インパクトに欠ける映画だった ことしか覚えてません。 解説 人間が高.. Weblog: A Day In The Life racked: 2011-10-08 20:08
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-10-08 20:39
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 知性が宿る瞳。人間への絶望。霧に煙る橋。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2011-10-08 21:09
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴ.. Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・ racked: 2011-10-08 23:00
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ル.. Weblog: to Heart racked: 2011-10-08 23:16
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: これは 人類への 警鐘 原題 RISE OF THE PLANET OF THE APES 製作年度 2011年 上映時間 106分 脚本・制作 リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー 監督 ル.. Weblog: to Heart racked: 2011-10-09 00:23
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿の惑星 エピソード・ゼロ 【Story】 製薬会社に勤める科学者のウィル(ジェームズ・フランコ)は、ある日実験用の猿が驚くべき知能を見せたことに気付く…。 評価 ★★★★☆(4.. Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2011-10-09 01:30
  • 劇場鑑賞「猿の惑星:創世記」

    Excerpt: 猿たちの、革命・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070003/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-10-09 05:23
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚

    Excerpt: 公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。 Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2011-10-09 08:43
  • 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

    Excerpt: 面白かった~~~~!!! ほんっと良くできてるし、前のめりな姿勢で見ちゃいましたよ! あの名作『猿の惑星('68)』のシリーズなのね、と事前にたいして予習もせず、 観てきたのですが、.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-10-09 09:29
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿にエール!!!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2011-10-09 10:33
  • やりすぎ。【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) RISE OF THE PLANET OF THE APES 【あらすじ】 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ.. Weblog: B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら racked: 2011-10-09 12:18
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿の惑星:創世記(ジェネシス)@ディファ有明。 9月24日イベント付き上映。 女子サッカーなでしこジャパンのキャプテン・澤穂希、タレントの石原良純が登壇。 イベントの模様はこちら。シネマトゥデイ.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2011-10-09 14:05
  • 2011年9月24日 『猿の惑星 ~創世記~』 ディフア有明

    Excerpt: 今日は、プロレスを開催する場所のディファ有明で『猿の惑星 ~創世記~』 を試写会で鑑賞です。 パイプ椅子だったせいで、尻や足が疲れて痛い 【ストーリー】  現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿.. Weblog: 気ままな映画生活 racked: 2011-10-09 15:49
  • 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」進化を過信した先にみたチンパンジーの驚く知能と身体能力

    Excerpt: 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」はアルツハイマーの研究をしていた研究者がチンパンジーを使って実験をおこなっていた。その過程でチンパンジーにアルツハイマーの新薬を発見 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-10-09 16:23
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。 Weblog: だらだら無気力ブログ! racked: 2011-10-09 19:03
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES

    Excerpt: これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はあ.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2011-10-09 19:49
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) 新薬開発が絡んでくる映画に外れなし! Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2011-10-09 21:55
  • タイトルデザイン_28・『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

    Excerpt: ※注・内容、台詞に触れています。人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」(1968年)の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす『猿の惑.. Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA racked: 2011-10-10 00:26
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズの.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2011-10-10 01:51
  • *猿の惑星:創世記(ジェネシス)*

    Excerpt:     サンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者ウィル(ジェームズ・フランコ)が実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。そのチン.. Weblog: Cartouche racked: 2011-10-10 07:33
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 .. Weblog: 食はすべての源なり。 racked: 2011-10-10 11:31
  • ■猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 第240回「これはミュータントのお話ではないか?」 SF映画の金字塔である「猿の惑星」は1968年に公開され大ヒットした作品。レンタルビデオが普及し始めた中学生の頃にシリーズ5作をすべて観ました。そ.. Weblog: しんちゃんの徒然なる映画日記 racked: 2011-10-10 17:01
  • 【映画】猿の惑星:創世記

    Excerpt: <猿の惑星:創世記 を観て来ました> 原題:Rise of the Planet of the Apes 制作:2011年アメリカ 公開前に、あまり評判のいい話を聞かなくて、そんなの自分で見.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2011-10-10 20:25
  • 分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

    Excerpt: 高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2011-10-11 00:48
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ... Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2011-10-11 17:23
  • [映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』を観た]

    Excerpt: ☆これ、オリジナルのように語られているけど、「猿の惑星・征服」のリメイクですな^^  主人公の名前も同じだし。  で、話も今となっては定番だが、最新の技術で見せられると、  序盤の、物語的に起伏.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 racked: 2011-10-11 19:22
  • 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想

    Excerpt: 映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパー.. Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-10-11 19:59
  • 「猿の惑星:創世記<ジェネシス>」Rise of the Planet of the Apes(2011 FOX)

    Excerpt: 「要するに(ピエール・ブールの)原作は人種差別や文明の奢りを糾弾する左翼小説で、 Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2011-10-11 22:28
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・

    Excerpt: 【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2011-10-12 11:41
  • 人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』

    Excerpt:  RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開.. Weblog: 真紅のthinkingdays racked: 2011-10-13 21:08
  • 猿の惑星 創世記 ジェネシス

    Excerpt: http://www.foxmovies.jp/saruwaku/ 公式HPあの『猿の惑星』は、1968年の作品ですので、私は5才。当然、劇場では観てないです。しかし、成長過程で何度となくテレビ放映が.. Weblog:  ★the tip of the iceberg★ racked: 2011-10-14 18:58
  • 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想

    Excerpt:  様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと.. Weblog: 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~ racked: 2011-10-16 10:01
  • 『猿の惑星 創世記』を109シネマズ木場1で観てウホウホ歓喜ふじき☆☆☆☆

    Excerpt: 五つ星評価で【☆☆☆☆凄く大衆娯楽してよいと思う】 猿よし 以上、としたい所だが、それも何だか申し訳ないので、 雑然と頭に浮かぶことを適当に羅列してみる。 ・人間の ... Weblog: ふじき78の死屍累々映画日記 racked: 2011-10-16 22:41
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: ブログネタ:予定が一日ぽっかり空いたとき何する? 参加中 先月はほとんどレビューを書かなかったので 今月こそは! というわけで行って来ました、映画館。 この映画は、最初、また新たな猿の.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2011-10-17 01:17
  • 映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会

    Excerpt: SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-10-20 07:01
  • 映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会

    Excerpt: SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフ.. Weblog: 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ racked: 2011-10-20 07:01
  • 映画「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」新しいシリーズの始まりの予感

    Excerpt: 「猿の惑星:創世記〈ジェネシス〉」★★★★ ジェームズ・フランコ、リーダ・ピント、 アンディ・サーキス、ジョン・リスゴー主演 ルパート・ワイアット監督 106分、2011年10月7日公開 2011,.. Weblog: soramove racked: 2011-10-20 07:21
  • シネトーク82『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』●シーザーの“サル芝居”に負けたフランコ(笑)

    Excerpt: 三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「TOHOシネマズってマナーCMが多すぎないか?」 .. Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線 racked: 2011-10-22 07:38
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2011-10-23 10:09
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081

    Excerpt: Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート.. Weblog: 単館系 racked: 2011-10-25 22:00
  • 猿の惑星 創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』  RISE OF THE PLANET OF THE APES 【製作年度】2011年 【製作国】アメリカ 【監督】ルパート・ワイアット .. Weblog: こわいものみたさ racked: 2011-10-29 14:10
  • ■映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

    Excerpt: あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底.. Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> racked: 2011-11-03 07:11
  • 『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011)

    Excerpt: 壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いか.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2011-11-13 21:34
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー.. Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2011-11-16 16:44
  • 映画:猿の惑星:創世記

    Excerpt:  うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム.. Weblog: よしなしごと racked: 2011-12-03 13:40
  • 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て

    Excerpt: 11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月1.. Weblog: kintyre&#039;s Diary 新館 racked: 2011-12-04 20:46
  • 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 を観て

    Excerpt: 11-65.猿の惑星:創世記(ジェネシス)■原題:Rise Of The Planet Of The Apes■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月1.. Weblog: kintyre&#039;s Diary 新館 racked: 2011-12-04 20:47
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマ.. Weblog: 銀幕大帝α racked: 2012-02-21 22:25
  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス)

    Excerpt: 猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧み.. Weblog: いやいやえん racked: 2012-02-26 10:14
  • 猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes)

    Excerpt: 監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるの.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2012-03-05 11:58
  • 2011年ベスト10 次点 猿の惑星: 創世記

    Excerpt:  雨ですなあ。今日のような雨らしい雨は、広島でも久々です。この雨で、かさかさのお肌もうるおえばよいですね。ちなみに、今日はおしくも2011年度のベスト10入りを逃したこの作品 Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想- racked: 2012-07-28 16:45
  • 【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか?

    Excerpt: 本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2012-09-16 08:07
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11...

    Excerpt: あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパンジーが暴れて射殺されたため、その赤ん坊を密かに自宅へ・・・。解説放送映画批評家協会賞視... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-11-29 09:07
  • 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』’11・米

    Excerpt: あらすじサンフランシスコの製薬会社に勤めるウィルは新薬の実験用に飼っていたチンパ Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-11-29 09:07
  • これは 人類への 警鐘「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2014-09-09 23:28