映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 勝どき橋を封鎖せよ!」@よみうりホール

 試写会の主権はTBSラジオさんだ。客入りは一階席は満席、二階席は八割くらい。お子さんから年配の方まで幅広い客層だ。

   映画の話

 葛飾区亀有公園前派出所の巡査長の両さん(香取慎吾)は、その型破りなキャラで後輩の秋本・カトリーヌ・麗子(香里奈)や中川圭一(速水もこみち)をハラハラさせていた。ある日、両さんは小学校時代のあこがれの同級生・桃子(深田恭子)に再会するが、その桃子が警察庁長官の孫娘誘拐事件に巻き込まれていると知り……。


   映画の感想

 私は原作未読、テレビドラマは2~3話を見た程度で、勝手に本作に対してハチャメチャなイメージを持っていたが、至って真面目な作品でした。例えて言うなら、老舗35年の下町食堂でコテコテのB級グルメを頼んだはずが、出てきた料理は手の込んだA級もどきの豪勢な料理であるが、味は薄めで美味くもなく、不味くも無い普通な味の料理を食わされた感じである。物語冒頭こそ両さんのハチャメチャ感が描かれ楽しいが、彼の作った棒アイスの偽当り棒の件を最後に、どんどん普通の映画になってしまう。まぁ、それでも両さんの幼なじみ桃子との淡い恋愛や、彼女の旅一座の件は下町ドラマらしく良い感じである。

   以下ネタバレ注意

 物語は大きく分けて桃子との恋愛話と旅一座を第一部と見て、後半の第二部となる誘拐事件になると「こち亀」から離れて普通の2時間刑事ドラマみたいになり、両さんも若干物語から蚊帳の外になってしまう。たぶん、作り手も「映画版だから」とはりきってしまったのだろう。事件自体は子供の誘拐事件であるが、警察庁長官の孫娘が誘拐されたと言う事で、警視庁も最大スケールの人員を配置して事件に取り組む事になるが、「こち亀」のイメージとはずいぶんとかけ離れた物語になってしまっているように感じる。

 事件の犯人は意外な人物が犯人となるが、本作の最大の致命傷は犯人の動機が台詞だけで映像として描かれていない。犯人の動機は警察庁長官が若い時に起こした誤認逮捕により、犯人の経営していた工場は風評被害により閉鎖、更に家族も事件を切欠に離散といった3シーンは、事件物で一番大事なポイントとなる描写が欠落している。先にあげたシーンはテレビの2時間ドラマだったら真っ先に回想シーンとして映像化して、視聴者の心理に訴えかけるはずである。同じような犯罪物の名作「砂の器」(74年)、「新幹線大爆破」(75年)などは犯人の心情を掘り下げる為に効果的に回想シーンを挿入し、観客の情に訴えたものだ。本作の監督はそんな基本的な演出も出来ない駄目監督である。まぁ、本作は「こち亀」ファンや、テレビドラマのファン、香取慎吾ファンに向けられて作られた作品なのかもしれないが、後半の展開はあまりにもお粗末である。

 クライマックスの屋形船大爆破もあまりにもアイディアが貧困だ。本編では犯人が時限爆弾のスイッチを押し、時間ぎりぎりに両さんが犯人確保に船に乗り込むが爆発してしまい、犯人と両さんは行方不明となり、周りで見守る警官たちが両さんが殉職したものと判断し、一斉に敬礼をするという映画的に美しいシーンであるが、ここは一番アクション演出としていじれる様に感じる。例えば、上空を旋回する中川が操縦するヘリコプターが飛んでいるのだから、これを利用しない手は無い。ジョー・ジョンストン監督「ロケッティア」でのクライマックスの飛行船大爆破からの脱出シーンを参考に、爆発寸前の屋形船にヘリから吊はしごが下りてきて二人を高速でピックアップするが、両さんと犯人は爆風に吹き飛ばされてはしごから落下して海に沈む、後は本編と同じように両さんと犯人が行方不明になる・・・、といった感じに素人でもこれ位のアイディアが浮かぶのに、映画は一番楽な演出をしてしまう。

 それにあれだけ長時間、両さんと犯人は海中に沈んでいたのだから理由が欲しい。例えば、中川コンツェルンが極秘に開発した小型水中ボンベを両さんが携帯していたなど、漫画原作作品なのだから、観客があきれるくらいな荒唐無稽な演出もOKだと思う。まぁ、予算の関係であのような演出になったのかもしれないが、ラストの勝どき橋をCGで作る位の予算があるのなら、クライマックスにもっとお金をかけて欲しかった。それと桃子の娘ユイと父親の話もアッサリと収束し過ぎである。せめて、谷原章介が娘と分かったユイに対してラストに何らかの人情的なアプローチが欲しかった。せっかく、面白く出来る題材を料理し切れなかった作り手たちの罪は大きい。それから沢村一樹の役名が往年のテレビドラマ「Gメン75」で丹波哲郎が演じた“黒木警視正”と同じだったが、そんな小ネタは本作を見に来た観客が気づく訳が無いと思うのだが、作り手が変な所にこだわっていたのが気になると共に、全体的に優等生的な仕上がりに不満が残った。

   TREview


 映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜」関連商品




こち亀2011 両さんソングブック(初回プレス盤:「勝どき箸」プレゼント応募ハガキ封入)
ビクターエンタテインメント
2011-08-03
両さん(香取慎吾)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こち亀2011 両さんソングブック(初回プレス盤:「勝どき箸」プレゼント応募ハガキ封入) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ロケッティア [DVD]
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
2004-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロケッティア [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック