映画「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」@一ツ橋ホール

 客入りはかなり空席が目立つ7割くらい、試写会の主権はテレビ朝日さん、映画上映前に加藤泰平アナにより前説が行われたが、またもやあらすじを聞かされテンションが激落ちで映画を見ることに・・・。そして、相変わらず一ツ橋ホールの二台目映写機はピンボケである。

    
 映画の話
 フィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)、アラン(ザック・ガリフィナーキス)、ダグ(ジャスティン・バーサ)の4人はステュの結婚式に出席するため、一路タイへ。ラスベガスでのバチェラー・パーティーの二の舞を避けようと、ステュはつつましいブランチを計画していた。しかし、翌朝二日酔いで目覚めると部屋はメチャクチャ、新郎の顔には入れ墨が刻まれ、花嫁の弟は行方不明、代わりに1匹のサルがいて……。


 映画の感想
 オリジナルとなった前作は卓越したアイディアに舌を巻かれたが、本作はまったく同じフォーマットで舞台を変え、製作費を倍増しただけのリメイクのような作品で、同じネタは二度も通用する訳も無く、タイトに引き締まった前作と比べるとダラダラとした切れの無い大味な駄目映画になってしまった。そして、相変わらずの下ネタ&薬物ネタにはドン引きで典型的な駄目な続編である。あまりお勧めできる作品ではないが、前作の完全な続編であり、設定や人間関係を知る上で前作の予習は必要である。

   以下ネタばれ注意

 物語の幕開けはステュの本業である歯医者の仕事ぶりや、アランが実は金持ちのボンボンで豪勢なニート暮らしをしていたり、前作で語られなかった描写に興味が沸くが、結局、本題は同じネタの焼き回しなので見ていて飽きてしまう。そして、今回行方不明になるのは三人組の仲間ではなく、ステュの婚約者の弟でアジア人の青年というのも難点であり、彼が物語にそれほど重要なポジションではないのも緊迫感に欠け、居ても居なくてもどうでも良い人物なのも駄目である。そして今回、舞台を移すきっかけとなるステュの結婚相手とその家族に魅力が無いのも駄目である。舞台をタイに移した事でご当地ネタも盛り込んでおり、僧侶をからかう下ネタや、R15版ではボカシが入り答えが見えないニューハーフネタなど、かなり厳しい設定も駄目である。

 そして、事件のきっかけは結局、薬物という設定もいい加減どうにかして欲しい。タイトルで観客をだますあざとい作り手にはお灸をすえて欲しい。まぁ、それにしても小学生レベルの下ネタのオンパレードに喜べる観客がうらやましい。前作は卓越したアイディアに下ネタ関係も目をつむったが、今回は更にエスカレートし、サルにまで下ネタや、喫煙行為をやらせ、豚に至っては笑いの為にスプラッタにしてしまう作家のセンスには賛同出来ない。

 更に今回は製作費が倍増したのか、派手なカーアクション、ヘリコプター、豪華ボートを登場させているが、金をつぎ込めば面白いものが出来るとは限らない。特にラストのボートのシーンを描くには、結婚式場と三人組が居るバンコクとの距離を観客に説明が必要である。いくらセリフで「遠い」と言われても実感がわかない。ここは簡単な地図で説明するなど観客にビジュアルで説明しなければ駄目である。

 まぁ、散々駄目だしをしたが、いくつか面白いところもあった。アランの部屋のポスターから始まるビリー・ジョエルのネタは離陸の飛行機で流れる歌、ステュが歌う「アレンタウン」の替え歌などはニヤリとしてしまった。それからチャウの登場シーンは前作のデジャヴになっていたり、エレベータでの三人組のショットも作り手は意識してデジャヴにしていたようだ。ポール・ジアマッティの使い方はもったいない。ラストにはあの人も再び登場しド下手な歌を披露してくれる。トータルで本作を見ると、まったく万人にはお勧めできない。前作が好きな方と「デュー・デート」が楽しめた方は素直に楽しめるだろう。私はトッド・フィリップス監督作品とは非常に相性が悪いと本作を見て確信した。

   TREview

映画「ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える」関連商品

ハングオーバー! [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハングオーバー! [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






グラス・ハウス
Sony Music Direct
2006-04-19
ビリー・ジョエル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グラス・ハウス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 劇中、ステュが歌詞をアランに置き換えて歌った替え歌の原曲「アレンタウン」が収録されたビリー・ジョエルのアルバムだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック