映画「Vフォー・ヴェンデッタ」のDVDを鑑賞。

 みなさん、こんにちはmasalaです。





 今回は「Vフォー・ヴェンデッタ」のDVDを見ました、この作品は劇場でも見ているので二度目の鑑賞です。





 話は、独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。





 最近映画界も近未来の管理社会を描いた作品が増えています。





 ガンカタという新しいアクションを構築した「リベリオン」。





 近未来の遺伝子操作をテーマにした「イーオン・フラックス」。





 70年代位まで近未来の管理社会を描いた映画は結構あった、例えばジョージ・ルーカスの「THX-1138」や「2300年未来への旅」など。





 昔の映画は管理社会から脱出する事が映画のテーマであったが、現在の映画は一人の救命主が現れ管理社会をぶち壊すパターンに変わっている。





 そう考えると本作のプロデューサーのウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」も世界をぶち壊すパターンの元祖かも。





 この映画の見所はイーヴィーを演じた、ナタリー・ポートマンの熱演だろう、「スターウォーズ」シリーズでは「エピソード2」以外見せ場が無かったので今回の作品にはチカラが入ったのだろう。





 しかしポートマンは頭の形が綺麗だ、坊主にされて判ったのだが顔は小さいけど、結構頭が大きい。





 それからVのマスクが私は好きになれない、それにあのオカツパ頭、ヒーローとは程遠い容姿が勿体無い。





 それでも映画は面白かった、特に好きなのはイーヴィーが拘置されている穴から出てくる手紙の話、あそこのシーンだけは妙に画面が色づく。





 それからVが人体実験されるエピソードをもっと掘り下げてほしかった。





 映画全体はダークな印象、「マトリックス」のイメージで見ると裏切られるかも。





 リベリオン -反逆者- ◆20%OFF!イーオン・フラックス プレミアム・エディション【0610p_大特価】【0610c_大特価】 WHV 2枚組スペシャル・エディション キャンペーンワーナー・ホーム・ビデオ THX-1138 ディレ...2300年未来への旅(期間限定) ◆20%OFF!☆おすすめ品☆ Vフォー・ヴェンデッタ (通常版)(2006年11月7日までの期間限定生産) 型番:D...










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年04月09日 18:45
TITLE: Re:「Vフォー・ヴェンデッタ」のDVDを鑑賞。(10/13)
SECRET: 0
PASS:
こんにちは。



ユナイテッド93の日記にレス、忘れててさっきしました。スイマセン。



ところでこの映画、私はとっても気に入って、劇場で2回見て、DVDも購入しました。といってもまだDVDは見ていないのですが。



私はVの仮面も髪型も、およそヒーローらしくないところが気に入ってますし、カッコよかったと思ってます。

それはやはり、人は外見で判断されるものではなく、心の問題だということではないでしょうか?!

なーんて。



ナタリー・ポートマン、坊主姿が似合ってましたね。



ちなみにリベリオン、好きな映画です。


この記事へのトラックバック