「スターウォーズ』オリジナル三部作の体験記。その3

 こんにちはmasalaです、早速その3のスタートです。


 1983年夏、『ジェダイの復讐」(現在は『ジェダイの帰還」にタイトルが変わっている。)の公開、早速初日に見に行きました、見に行った場所は新宿プラザ若いスターウォーズファンで満席、私の見る前の予想では、ハン・ソロの救出を巡ってボバ・フェットとの壮絶な奪還戦が描かれると思っていたのに、ソロは簡単に救出、ボバ・フェットは変な悲鳴をあげて呆気なく死亡、ヨーダは死ぬは、イウォークという小さな熊が大活躍するは、正直ガッカリでした。でも、その後に9本ある内の3本が終わっただけで、まだ続きが見れると思っていたのですが、「エピソード1」まで16年待たされるなんて想像していなかったし、全部で6本になるなんて・・・。


 今回発売されたDVDには、特典映像として初公開版と劇場公開された日本語版(「ジェダイ」を除く)が収録されているので、リアルタイムで見た世代、初めて見る世代、両方共楽しめると思います。


 


 「スターウォーズ」は私の映画人生の原点であり、まさかの30年間も長きに付き合ってきた作品です。これから始まるテレビシリーズを待ちたいと思います。


 スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション2枚組(期間限定)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック