新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 第12回「好色元禄(秘)物語」

<<   作成日時 : 2008/04/19 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1975年東映の成人向けプログラムピクチャーの一本で当然、多くの他の作品のように埋もれてしまう作品であるが、主演が今でも根強い人気を持つ「ウルトラセブン」の“アンヌ隊員”でおなじみの“ひし美ゆり子”が主演を張っている作品なのでDVDとしてリリースされたと思われる。

 東映の成人向け、いわゆる東映製のポルノ映画になる訳で、当然ひし美ゆり子もオープニングから惜しげもなく肉感的なボディを披露し男優と絡む。けしてアンヌ隊員ファンは見てはいけない作品だ。しかし、着物の胸をはだけてあぜ道を疾走するひし美の姿はすがすがしささえ感じてしまう。

 元禄時代が舞台なので和風のエロが炸裂で、現在ベテラン監督となった関本郁夫の演出もフットワークも軽く、エロと笑いを織り交ぜながら描かれる。笑福亭鶴光登場シーンで、潮を吹く女優は見たこと無かったけど当時の有名女優なのかな?

 本作で一番の収穫は当時の東映作品に多数出演している橘麻紀さんが、本作が第一回主演作品というのに驚いた。橘の役はひし美演じる淫乱な姉とは反対に貞操な妹役で、川谷拓三演じるだんなに騙されて辱めにあい、夫を殺してしまう悲しい役だ。その夫の供養の為に無償で“男千人切り”を試みる女性だ。一番初めに船乗りの男たちに自分の身を捧げるシーンで悶絶する表情がいい。映画は前半がひし美ゆり子、後半が橘麻紀主演となる。

 1975年の空気が映画に封じこまれ、夕日をバックに裸体をさらす橘麻紀の美しいシーンなど印象に残った。本当にこの当時の東映作品はヤクザ物を中心に面白い作品がたくさんあった。ぜひ、他の東映プログラムピクチャーもDVD化して欲しいものだ。

好色 元禄(秘)物語
好色 元禄(秘)物語 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
第12回「好色元禄(秘)物語」 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる