新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「パーフェクト・レボリューション」@TOHOシネマズ新宿

<<   作成日時 : 2017/09/08 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 完成披露試写会。映画上映前に監督、キャストの舞台挨拶があった。

   
画像


   映画の話
 幼いころに脳性まひを患い、手足を自由に動かすことができなくなり車椅子の生活を送っているクマ(リリー・フランキー)。不自由な体だがセックスが大好きな彼は、身体障害者の性への理解を世の中に広める活動に打ち込んでいる。ある日、彼は髪をピンクに染めたミツ(清野菜名)という人格障害を抱えた風俗嬢と出会う。車椅子の生活をものともしないクマに感銘を受けたミツは、障害者同士でも幸せになれることを世界に証明しようと彼に持ち掛ける。

   映画の感想
 「障害者の性」というタブーな題材に身構えて鑑賞したが、そんな先入観を打ち砕く、開けっ広げでオープンスタイルな作風にすんなり受けいれられた。

本作は「障害者の性」というより「障碍者の愛」に主眼が置かれている。障害者というハンディを持った主人公と、その相手が「人格障害」というダブルハンディを持った二人が幾多の困難にぶち当たる。

 受けの演技に徹したリリー・フランキーに対して、攻めの演技に徹した清野菜名の危ういバランス感覚が良い。そして脇に徹した小池栄子がドラマの要所要所を上手く引き締め好演していた。
 
 やや踏み込み足りない部分も多々あったが、題材が題材だけに、この位のさじ加減が限界なのだろう。重く暗い方向に向いがちな題材を、前向きにとらえた松本准平監督のセンスを感じる作品だ。

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「パーフェクト・レボリューション」@TOHOシネマズ新宿 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる