新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愚行録」@新宿ピカデリー

<<   作成日時 : 2017/02/09 18:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 1

 完成披露試写会、シアター3。客席はほぼ満席。映画上映後に出演者、監督の舞台挨拶が行われた。

   


  
 映画の話
 エリート会社員の夫・田向浩樹(小出恵介)、美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と娘の一家が、何者かに惨殺された。事件発生から1年、その真相を追う週刊誌記者の田中武志(妻夫木聡)は、一家の関係者を取材。浩樹の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学時代の同期・宮村淳子(臼田あさ美)、浩樹の大学時代の恋人・稲村恵美(市川由衣)らから語られる、一家の意外な素顔に驚く田中。そして、自身も妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた。

   映画の感想
 ネガティブで非常に難しい構成の作品だ。物語は「エリート一家惨殺事件」と並行して、主人公の妹が起こした「育児放棄事件」が並行して語られる。物語の狂言回しとなるのが週刊誌記者の田中だ。彼が追う事件が一年前に起こった「エリート一家惨殺事件」だ。

 作品は説明的な描写を排除して、田中の視点で「エリート一家惨殺事件」にかかわる関係者たちに取材する形で、様々な関係者と接触して、話を聞き、その過去の話が回想の様な形で断片的に描かれるスタイルだ。その為に観客は中々物語の全体像が見えてこない、もどかしい構成だ。

 田中が関係者から聞く話は、その人物から見た被害者の素顔だ。証言者たちはエリート夫妻に対しての妬み交じりの願望であったり、被害者夫婦の嫌な一面を次々と語り出し、事件の真相が徐々に炙り出されるのだが、本当に被害者が自己中心的な嫌な奴に映る演出は見事だ。

 平気で人を踏み台にしてのし上がり出世する、世渡り上手な夫の田向を筆答に、美貌を武器に男たちを手玉に取る女王様気取りの妻の夏原の姿には、思わず反吐が出る様な、夫婦の独身時代の姿が関係者から語られるのだが、私も思わず自分の青春時代と照らし合わせてしまう位に生々しい描写が続く。

   以下ネタバレ注意

 一方、「育児放棄」で逮捕された田中の妹・満子の様子が時折物語に差し込まれる。精神分析医と面談する満子の話も、直接的な育児放棄の回想シーンが無いので判り辛いが、夜な夜な満子がベットで眠りにつくと、ホラー映画の様な奇妙な現象が起こる。

 証言者たちの話から見えてくる被害者夫婦の光と影なのだが、田向と夏原がどの様に出会い、結婚したのかがイマイチよく判らない。まさか、この二人が夫婦だったとは途中まで気が付かなかった位だ。羅列のように並ばれた証言と主人公の田中とその妹・満子の物語は、まるでパズルのピースの様にバラバラだった物が、最終的に収まるべきところに収まる。キャッチコピーでは「3度の衝撃」と示されている通りに、意外なラストが待っている。

 作品全体を見ると、冒頭の路線バスのシーンの違和感が、そのまま田中の腹黒い一面を如実に表した瞬間だったようだ。相対する様に路線バスの幕引きで、田中の計画が達成した心の余裕を現している様に見えたし、満子の就寝シーンの意味も合致する。何とも後味の悪い作品だが、複雑な構成と役者たち好演が相成り見ごたえのある作品であった。

 最後に驚いたのが、本作が「オフィス北野」作品だった事だ。私はてっきり「オフィス北野」は北野武監督作品専門会社と認識していたが、この手の作品を作り出した事を前向きに歓迎したい。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
愚行録
愚行録@一ツ橋ホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2017/02/15 07:25
[映画『愚行録』を観た]
☆・・・なかなか面白く、のうのうとした、人間の、白々とした悪意をよく描けていた。 未解決の一家惨殺事件を調べる雑誌記者が関係者を調べるうちに明かされていく、被害家族の本当の姿。 それが、雑誌記者の出会う一人一人から語られていくオムニバス風と思いきや、途... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2017/02/19 09:30
愚行録 ★★★★
貫井徳郎の同名ベストセラーを妻夫木聡主演で映画化したミステリー・ドラマ。一人の週刊誌記者が未解決の一家惨殺事件の真相を追う中で、理想の家族と思われた被害者一家の意外な評判が明らかになっていくさまを描き出す。共演は満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美。監督は... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/02/20 18:22
愚行録
閑静な住宅街で一家惨殺事件が発生。 被害者は、会社員・田向浩樹、妻・友季恵、そして彼らの娘で、近所では仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていた。 未解決のまま一年が過ぎ、週刊誌記者の田中は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。 しかし、そこから浮かび上がってきたのは、田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった…。 ミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/02/20 19:51
『愚行録』 2017年2月18日 TOHOシネマズ日本橋
『愚行録』 を鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活 −適当なコメントですが...
2017/02/20 23:20
「愚行録」☆都会はサバンナ
ひぇーーーーっ(汗) 感想は正直、「絶句」としか言いようがない。 まさかあそこが伏線になっていたとは! 『喰うか喰われるか?』まるで都会のサバンナに生きる為に、己の事のみに必死になる現代人の姿は、あまりに身近にいる、ほらあの人やその人や・・・・・・あるあるネタに背筋も凍る。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/02/21 10:35
愚行録
凄く見応えあったなぁ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/02/24 22:16
映画「愚行録」
映画「愚行録」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2017/02/27 22:37
愚行録
貫井徳郎の小説「愚行録」を 妻夫木聡と満島ひかり共演で映画化。 ...続きを見る
花ごよみ
2017/02/28 14:56
愚行録
 『愚行録』を新宿ピカデリーで見てきました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2017/03/24 22:08
本当の愚行者は・・・
13日のことですが、試写会「愚行録」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2017/07/21 22:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
3度の衝撃がどれだかわからなかったので、最後にもう一回来るのかと思いました(笑)
まっつぁんこ
2017/02/15 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愚行録」@新宿ピカデリー 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる