新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レヴェナント 蘇えりし者」@チネチッタ

<<   作成日時 : 2016/04/24 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 0

 入場料金\1100のチネチッタデーと重なった公開2日目、夕方。この映画館で一番大きいチネ8には6割位の客入りだ。上映にはクラブチッタが監修した独自の音響「LIVEサウンド」が導入された。

   

   映画の話
 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。

   映画の感想
 説明的描写を排除し、役者の演技と映像だけで物語を流麗に描いた傑作だ。本作がアカデミー賞で作品賞を逃した事を疑問と感じるが、これは選考委員が前年、同じイニャリトゥ監督「バードマンが作品賞を受賞した事が関係し、同じ監督作品が2年連続作品賞を受賞する事を避けて「スポットライト」に票が流れたと推測する。

 物語は至ってシンプルな復讐劇であるが、そこまで行く過程が尋常ではない過酷な道のりだ。大自然の猛威が次々と主人公ダラスに襲いかかる。ハンターたちが先住民の襲撃に遭うオープニングから、命からがら逃げた先でのグリズリーの襲撃と、驚愕の撮影とVFXに圧倒される。

 特にダラスがグリズリーに襲われるシーンは、既存の作品で見る事の出来ない、人間が自分の体より数倍大きい猛獣に襲われて、成す術を無くし振り回される姿を明確に描く。私が昔見た「グリズリー」(76)とは雲泥の差の映像には恐怖を感じた。エンドロールでVFXにILMが参加していた事が判ったので、ILMが驚愕の映像を作り出したのだろう。

 熊の襲撃に遭い瀕死の重傷を負ったダラス。体を動かす事の出来ない彼の行末は死をみとるまで、隊と別働のフィッツジェラルドとブリッジャー、彼の息子ホークに託される。完全に金目当てのフィッツジェラルドの悪だくみでホークはダラスの眼の前で殺され、ブリッジャーもフィッツジェラルドの口車にのせられてダラスを見捨ててしまう。

 ここから先ディカプリオは言葉もままならない悶絶するだけの大変な一人演技が続く。一命をとりとめて蘇ったダラスは足を骨折し、体中傷だらけの状態でほふく前進のような形で這いつくばりながら、息子の仇討とばかりにフィッツジェラルドの後を追う過酷なサバイバル劇が始まる。もう、ここから先は復讐への執念に憑りつかれた男の狂気な姿に、映画を見ているこちらにも力が入ってしまう。

 そんな中、防寒の為に死んだ馬の体を割いて猛吹雪から難を逃れるシーンは、「スター・ウォーズ帝国の逆襲」の冒頭で重症を負ったルークを、ハン・ソロが死んだトーントーンの体を割いて中に入れて、猛吹雪から体温の低下を防いだシーンを思い出した。

 縦横無尽に主人公を捉えるカメラアングルにも圧巻だ。主人公を横から捉えたショットが、いつの間にか馬に乗る主人公と並走するシーンをワンカットで捉えたり、随所に長回しを多用した撮影に唸らされる。ダラスの大陸横断の孤独な旅には「バードマン」に引き続き、隕石の落下や幻想的な妄想シーンなどイニャリトゥ監督らしい描写が随所に投入し、観客のイマジネーションを刺激する。

 前作「バードマン」で監督として到達点に達したかと思ったイニャリトゥ監督。しかし、監督はアメリカ開拓時代を舞台にした復讐劇と言う、未知なるジャンルでも自分の個性をいかんなく発揮した。余韻を残した幕引きまで計算された演出まで文句の付けようの無い作品である。

   LIVEサウンドについて
   
画像


 スクリーンの真下に4本増設されたJBLスピーカー。多分、低音を受け持つスーパーウーハーと思われる。ブーミー気味にブンブン唸り上がる低音が、繊細な映画音響と相性が悪く、本作では邪魔な低音増強だった。今までアニメ作品で好評のようだったが、オーディオ的な考えで言うとこの低音はNGである。チネチッタは好きな映画館だけに、独自の路線で観客を開拓する事に賞賛を送るが、今回の「レヴェナント」との相性は最悪であった。作品のチョイスにはもう少し慎重に行って欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レヴェナント 蘇えりし者
そして彼はクマになった。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/04/24 18:59
劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」
復讐は、神の手に… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2016/04/24 19:35
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 ...続きを見る
勝手に映画評
2016/04/24 19:43
レヴェナント:蘇えりし者
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/04/24 21:23
レヴェナント 蘇えりし者
1823年、西部開拓時代のアメリカ。 ミズーリ川沿いを進むヘンリー隊長率いるハンターの一団は、狩りの途中でアリカラ族の襲撃に遭い、船を放棄し山沿いを歩いてカイオワ砦まで戻ることに。 ポーニー族の血を引く息子ホークと共にガイド役を務めるヒュー・グラスは、途中ハイイログマに襲われ瀕死の重傷を負う。 隊長はホークと青年ブリジャー、そしてフィッツジェラルドの3人にグラスを看取るよう命じ、先へ進むが…。 実話から生まれたサバイバル・アクション。 ...続きを見る
象のロケット
2016/04/25 19:53
レヴェナント:蘇えりし者
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ 復讐の先に、何があるのか。 STORY:アメリカ西部の... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2016/04/25 23:12
レヴェナント 蘇えりし者/THE REVENANT
「アモーレス・ペロス」 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」の アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、 実話を基に&rdquo;復讐のためだけに過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男&rdquo;を描く。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2016/04/27 15:27
「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動
ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/04/28 00:03
レヴェナント: 蘇えりし者
厳しい極寒の大地でロケーションしたサバイバル劇は人間の存在の小ささと、主人公の壮絶な復讐への執念を浮かび上がらせる。満点の出来栄えだと思う。 ...続きを見る
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ve...
2016/04/28 23:55
映画「レヴェナント 蘇えりし者」
映画「レヴェナント 蘇えりし者」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2016/05/09 22:57
レヴェナント 蘇えりし者
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2016/05/10 07:04
[映画][☆☆☆☆★][2016年の映画]「レヴェナント: 蘇えりし者」感想
 マイケル・パンクの小説「蘇った亡霊:ある復讐の物語」を、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のレオナルド・ディカプリオ主演で映画化。西部開拓時代に実在し ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2016/05/12 20:12
「レヴェナント 蘇えりし者」
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント〜」で獲る必要があったのか?という疑問が拭えない。何となく、長いこと一生懸命やった人に対する「ご苦労さん代」のような気がしてならない。と言うのも、大変熱演なのは判るんだけど、セリフは9割方ハアハアという荒い息遣いだし、表情は髪の毛と髭に覆い隠されてうかがい知ることができない。血と... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/05/13 13:21
レヴェナント:蘇えりし者
19世紀のアメリカ開拓地を舞台に一人の男の半生を描いた作品です。 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーを手にした作品だったので観なくちゃと思っていました。 予告編で想像する以上に凄まじい展開に、最後までスクリーンから目が離せませんでした。 ...続きを見る
とりあえず、コメントです
2016/05/19 21:36
レヴェナント:蘇えりし者
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) ...続きを見る
銀幕大帝α
2016/08/27 20:50
レヴェナント:蘇えりし者
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2017/01/14 10:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「レヴェナント 蘇えりし者」@チネチッタ 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる