新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「海難1890」@シネマサンシャイン平和島

<<   作成日時 : 2015/12/27 18:15   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 1

 クリスマスの夜。シネマ6に観客は私一人だけの映画人生初の貸切上映となった。他に観客が居なくノンストレスのはずが逆に落ち着かない。

   

映画の話
 1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。

   映画の感想

   本作は「日本・トルコ合作」と言う仰々しい触れ込みで敷居を高くしてしまった事は残念である。しかし、これはなかなか良い作品だ。私は何も前情報無しで鑑賞した事が良かったと思う。

 もし本作を未見のまま、このブログを読んでいる方がいたら、今すぐ画面を閉じて映画を見た後にもう一度読み直して欲しい。

 まず、本編前にエルドアン大統領の祝辞映像が流れてから本編上映と言う異例の構成だ。

 物語は題名となった1890年に和歌山県で実際に起こった「エルトゥールル号海難事故」を、トルコ軍の視点と事故現場になる村民の暮らしを並行して描き、本題となる海難事故になるのだが、どうもトルコ軍の親善活動の描き込みが浅く、トルコ側の人物関係と説明に終始した印象だが、トルコ軍の人たちが皆口ひげを蓄えていて判別し辛い事は難点だ。

 そして物語は本題となる「エルトゥールル号遭難事故」を再現したシーンとなる。台風に船が巻き込まれて爆発〜沈没までが迫力ある映像で描く。スタジオで撮影した実写とCGに加え、東映特撮では欠かせない佛田洋率いる特撮チームが作り出したミニチュアワークも素晴らしく、手に汗握るスペクタクルシーンを作り出した。

 一方、爆発音を聞いた村民たちが台風で荒れ狂う海に打ち上げられた生存者と死体の山を発見して、村民総出で救助活動を始める。救護所で懸命の手当てが行われ69名を助けるが、500名以上の死者が出る大惨事となる。

日本側のキャスト。医師・田村役内野聖陽の好演が光る。優しと芯の強さを併せ持った設定が内野のキャラとハマる。しかも英語のセリフも実に美味い。一方、いいなずけが海で事故死した事で口がきけなくなったハル役の忽那汐里のキャラがイマイチ見えてこない。これは、そのいいなずけ事故死を掘り下げず、フラッシュバックの様に浅く描いてしまった事が難点となっと思う。そんな中、ふてぶてしい演技を魅せる竹中直人と、遊女役の夏川結衣。共に石井隆組が本作でもセットになっている事が面白い。

 物語中盤は村民とトルコ軍生存者との交流が描かれるが、ムスタファだけが事故の罪悪感から孤立する。そんな彼を不憫に思ったハルが優しく寄り添う。日本に対して疑心が取れないムスタファが起こす事件が、逆に村民と距離を近づけるエピソードも上手い。田村とムスタファの信頼関係を築き物語は終了かと思っていたら、物語はまだその先がある。

   以下ネタバレ注意

 時は1890年から95年後の1985年イラン、テヘラン。サダム・フセインが「48時間後にイラン上空を飛行する飛行機を無差別攻撃をする」と宣言する。自国に飛行機を持たない日本は在イラクの日本人を見放す。いわゆる「テヘラン邦人救出劇」へと物語は突入したのだ。作品はイラクから出国出来なくなった人々の運命を描く、時空を超えた2部構成には正直驚いた。

 本作は日本人も忘れてしまった2つの史実を通して、日本とトルコの友好関係を描いた作品なのだ。どうしても「海難1890」と言うタイトルに騙されて、1890年だけの話の作品かと思っていたら、最後に時空を超えた友情がサプライズで描かれる。出来過ぎであるがハルとムスタファの時空を超えた関係にもしんみりと心にしみいる。何か映画を見る前の私の疑心も晴れて、「良い映画を見た」と素直に思える作品に今年最後に出会えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海難1890
なかなかに良かった。ちょっと涙ぐんでしまった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/12/27 18:43
海難1890
評価:★★★★【4点】(F) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2015/12/27 19:00
海難1890
公式サイト。日本=トルコ。田中光敏監督。内野聖陽、忽那汐里、ケナン・エジェ、夏川結衣、小澤征悦、笹野高史、竹中直人、かたせ梨乃、小林綾子、蛍雪次朗。エルトゥールル号遭 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/12/27 19:23
海難1890
海難1890@スペースFS汐留 ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2015/12/27 23:16
海難1890
2015/12/05公開 日本/トルコ 132分監督:田中光敏出演:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、かたせ梨乃、川野直輝、斉藤とも子、金子昇、夏川結衣、永島敏行、竹中直人、笹野高史 ... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2015/12/28 21:03
海難1890 ★★★★
日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマにしたドラマ。海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事を見つめる。監督は『精霊流し』『サクラ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/12/29 15:13
海難1890
1890年に起きたエルトゥールル遭難事故と、1985年のイラン・イラク戦争時のトルコによる邦人救援機派遣を描いた物語。 ...続きを見る
勝手に映画評
2016/01/03 20:25
映画「海難1890」
正月休みに映画「海難1890」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2016/01/10 21:54
『海難1890』
1890年に起きた和歌山の村人がトルコ人を救った エルトゥールル号の海難事故と1985年の戦時のイランからの 邦人脱出をトルコの救援機が救った両国の友好を描く真実の物語 ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2016/01/11 01:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
正直、劇場鑑賞はパスかなと思っていましたが、
一昨年の旅行で遭難のエピソードは聞いていたので関心は有りました。
それでも、『杉原千畝』とどちらにしようか迷いましたが、正解でした。

イランからの脱出劇と二部構成になっているとは知らずに鑑賞。
より感動の度合いを深めました。お勧めの作品です。
TB有難うございました。
2016/01/11 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「海難1890」@シネマサンシャイン平和島 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる