新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【試写会】「愛を積むひと」@有楽町朝日ホール

<<   作成日時 : 2015/06/17 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

 今回の試写会は恩賜財団母子愛育会さん協力のチャリティ試写会だ。映画上映前には朝原雄三監督と羽毛田信吾氏(母子愛育会理事長)のトークショーが行われた。客入りは7割位。客年齢は高い。


愛を積むひと【電子書籍】[ 豊田美加 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
佐藤浩市主演映画ノベライズ。<BR><BR> 北海道、美瑛。四季折々の彩り豊かな風景を見せてくれる美


楽天市場 by 愛を積むひと【電子書籍】[ 豊田美加 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

   

   映画の話
 東京の下町で営んでいた工場を閉鎖し、残りの人生を北海道で過ごそうと決意した篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の夫婦。かつて外国人が暮らしていた家を手に入れて暮らす二人だが、仕事一筋だったゆえに篤史は手持ちぶさたになってしまう。そんな彼のために良子は、家を囲む石塀作りを頼む。しかし、良子が以前から患っていた心臓病を悪化させて他界してしまう。深い悲しみに沈む篤史だったが、石塀作りを手伝う青年・徹(野村周平)との交流や、娘・聡子(北川景子)との再会を経て、前を向くようになる。

   映画の感想
 「サラリーマン専科」「釣りバカ日誌」と「男はつらいよ」無き後を埋めるように、松竹のプログラムピクチャー枠を担ってきた朝原雄三監督。近年「武士の献立」(13)も演出しているが、私の中では朝原監督=コメディ作品と言うイメージが先行してしまい、本作の監督が朝原監督と知ったときは正直「意外」と感じた。

 そんな訳で私にとって全く未知数の「愛を積むひと」。期待半分、失望半分の気持で作品に挑んだが、これが良い!舞台挨拶で感じた朝原監督の腰の低い優しい人柄を反映した様な、押しつけがましさの無い、優しい語り口で万人向けの判りやすい演出がすぅーっと心の中に沁み込んでくる。丁度、朝原監督の師匠にあたる山田洋次演出を受け継いだ松竹イズムが流れ、作品の随所にそんな松竹テイストが垣間見えてくる。

   以下ネタバレ注意

 舞台は北海道。東京で事業に失敗して、この洋風な一軒家に移り住む熟年夫婦。妻の希望で家の周りに石塀を作る仕事を夫に与える。そんな仕事はした事の無い夫の事を察して、妻は町の工務店に依頼して、手伝いの青年がやってくる。無愛想な青年と心を通わせ様と接する夫婦。そんな夫婦の親切に泥を塗る様に、青年は悪い先輩にそそのかされて、夫婦の家に空き巣に入り、帰宅した妻と出くわして怪我を負わせてしまう。警察沙汰となる強盗傷害に発展した事件。そんな事件の影響なのか妻は患っていた病気を悪化させてしまう。

 物語には二つの家族が登場する。主人公の篤史と良子夫婦とその娘・聡子(北川景子)に加え、石塀作りの手伝いに来た徹とその彼女・紗英(杉咲花)と両親(柄本明、吉田羊)が織りなすアンサンブルでドラマは展開する。
   
 夫婦の留守宅に空き巣に入った徹は、事件後も何も無かったように普通に接してくれる良子に対して「顔を見られたかもしれない?」と言う疑念が脱げえきれないまま、罪悪感の裏返しの様に夫婦に対して気を使うようになった徹。彼は夫婦宅に紗英を連れてきて色々と世話焼きを始める。その姿は丁度、疑似家族の様な仲睦ましい関係となっていった矢先に悲劇が訪れる。
 
 不慮の事件と悲劇が重なり葛藤する登場人物たち。そして全ての秘密を知っている観客。何もかも不器用すぎる男たちと、彼らを優しく包み込む女たち。大小形が不揃いの石を人間の姿に重ね合わせ、積み上がる石塀と真珠のネックレスを人生に重ね合わせた。作者の哲学がボディジャブの様に効いてくる。更に良子が残した手紙が追い打ちをかける様に心に響いてくる。小道具と伏線の使い方が実に上手い。

 「愛を積むひと」は芸達者な大人のキャストが揃ったドラマの中で、若い二人を演じた野村周平と杉咲花が良い。「トイレのピエタ」(15)で鮮烈な演技を魅せた杉咲花が、「トイレのピエタ」の上手く人と接する事の出来ない乱暴な少女役から打って変わり、本作では可愛らしい一途な少女を演じていて驚いた。本作で彼女が気になった方は「トイレのピエタ」を強くお勧めする。コチラも素晴らしい作品である。

 話が逸れてしまったが、「愛を積むひと」を見ると朝原監督の成熟を感じる。夫婦の絆や、親子愛を丁寧に掘り下げ、未来を担う若者たちのドラマもしっかりと描きだした。誰もが共感出来るバランスの取れたドラマは、一見簡単そうであるが非常に難しい。朝原監督は松竹に与えられた作品をこなし、「釣りバカ」では西田敏行三國連太郎と言う強者と仕事をして力をつけて、本作では三國の息子の佐藤浩市主演ドラマを演出した事も因果であり運命であったのだろう。ベテランの域に達した朝原監督ならではの心温まる良作である。

   


   音楽について
 岩代太郎が書いたテーマ曲の出だしが、ディズニー映画「アラジン」(92)の主題歌「ア・ホール・ニュー・ワールド」のサビにそっくりだった。良い映画の中で唯一テーマ曲が駄目な事が難点である。

元ネタ
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
試写会「愛を積むひと」
愛を、紡いでいく… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2015/06/18 05:36
愛を積むひと〜天国から見る首飾り
公式サイト。エドワード・ムーニー・Jr.原作、朝原雄三監督。佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明。原作の「石を積む人」の方がタイトルとしてはい ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/06/21 19:50
愛を積むひと
原作はエドワード・ムーニー・Jr.の小説 「石を積むひと」。 「日本で一番美しい村」連合第一号の 北海道、美瑛ののどかで雄大な風景が舞台。 ...続きを見る
花ごよみ
2015/06/22 08:46
愛を積むひと
愛を積むひと ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2015/06/22 12:39
『愛を積むひと』 2015年5月21日 よみうりホール
『愛を積むひと』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/06/22 13:52
愛を積むひと
愛を積むひと MOVIX川口 2015/6/20公開東京の下町で営んでいた工場を閉鎖し、残りの人生を北海道で過ごそうと決意した篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の夫婦。かつて外国人が暮ら ... ...続きを見る
単館系映画と舞台
2015/06/26 02:00
「愛を積むひと」地方移住して老後を過ごそうとした先に知る最愛の人を亡くした後の家族の在り方と生き方
「愛を積むひと」は町工場を廃業して第2の人生を北海道で送る事にした夫婦が突然妻が亡くなってその後の事とこれまでの事を振り返るストーリーである。老後の人生どう過ごすか? ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2015/06/26 06:03
愛を積むひと ★★★.5
エドワード・ムーニー・Jr.の小説を基にしたヒューマンドラマ。北海道で第二の人生を過ごそうとする夫婦が、改めて自分たちの愛情や絆を見つめ直す姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは『釣りバカ日誌』シリーズなどの朝原雄三。佐藤浩市と樋口可南子が主人公の夫婦に... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/06/29 12:34
至れりつくせりの奥さん。〜「愛を積むひと」〜
拡張型心筋症で完治するには移植しかなくって、今度発作が起きたら命の保証はないですよって 。。。言われてんのに結局隠し通しちゃって。 ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2015/07/02 11:03
『愛を積むひと』
□作品オフィシャルサイト 「愛を積むひと」□監督 朝原雄三□脚本 朝原雄三、福田卓郎□原作 エドワード・ムーニー・Jr.□キャスト 佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、       杉咲 花、柄本 明、吉田 羊■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 109CI... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2015/07/09 08:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【試写会】「愛を積むひと」@有楽町朝日ホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる