新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「mommy/マミー」@109シネマズ二子玉川

<<   作成日時 : 2015/04/26 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

 今回の試写会場は4月22日にプレオープンした109シネマズ二子玉川だ。試写会は公開日前夜試写会の名付けられて、映画上映前にモデルのなつぅみさん、ファッショニスタのマドモアゼル・ユリア、マッピー、ミーシャ・ジャネット、スタイリストの大田由香梨さんが登壇した。
画像
最近は観客のSNSも大事な宣伝ツールと映画会社も認識したのか、観客の写真撮影もOKと言う事で、私が客席後方から7倍ズームを使い撮影した写真です。

   


   映画の話
 ギリギリの生活を送るシングルマザーのダイアン(アンヌ・ドルヴァル)は、15歳のスティーヴ(アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)と二人で生活している。彼女は最近矯正施設から退所したばかりの注意欠陥多動性障害の息子の扱いに手を焼いていた。やがて母子は隣の家に住む、今は休職中の高校教師カイラ(スザンヌ・クレマン)と親しくなっていき……。

   映画の感想
 いつも通りに何も知らずに試写会場へ。私はグザビィエ・ドラン監督作品とは今まで縁が無く初体験である。上映前のトークショーで散々「ドラン監督は凄い」と女性司会者の煽り言葉が刷り込まれた状態で見たのがいけなかった。

以下ネタバレ注意

 まず、監督がこだわった画面サイズに面喰う。画面比率1:1と今まで見た事ない極小サイズの縦長画面である。丁度、携帯電話で撮影した動画と同じ画面サイズではないだろうか?試写会場となったシアター1は横に広く縦に浅い。スクリーンは画面比率2.35:1シネスコサイズの画面がいっぱいに広がった状態に写される映画は、その中心だけで、左右にその画面の倍以上の余白となっている。最初は「冒頭だけか?」なんて、たかをくくって見ていたが、いっこうに画面は広がらない。現在、映画のトレンドはIMAXや東宝のTCXなど大画面時代に逆行するように、本作は極小画面で物語はほぼ全編展開するのだ。ストレスとジレンマが半端なく溜まっていく。観客の心理をコントロールする監督の狙いなら凄い。

 この画面サイズは監督の狙いと理解するのだが、登場人物の心理と画面サイズがリンクされていて、心が解放された瞬間に画面は横に広がり、画面比率1.85:1ビスタ大画面へと変更される。この画面サイズの拡大には思わず「お〜っ!」と高揚感と解放感を覚えるが、その画面の解放感も一瞬で元通りの極小画面に戻ってしまう。これは駄目である。いくらなんでもやり過ぎである。

 画面サイズの使い方で絶品の作品がある。それはリチャード・ドナー監督「スーパーマン」(78)だ。映画の幕開けは、幕が閉じた状態の画面が写り、その画面上の幕が広き1.33;1スタンダードサイズのセピア画面に、「スーパーマン」の簡単な背景を説明した所で、カメラは空に向い宇宙空間に出ると、いつの間にか画面サイズは2.35:1シネスコ画面に代わり、宇宙空間の奥からキャストの名前が飛んでくるギミックが素晴らしく、その高揚感は今も忘れない絶品のタイトルだ。

 話は大きく逸れてしまったが、その斬新な画面の表現方法に加え、ささくれ立った架空の物語と、アクの強い母子のキャラ設定に、私は一切感情移入が出来なく、全編ドン引き状態で画面を見つめる事しか出来なかった。そんな中、物語後半にちょっとした妄想ギミックが挿入されている点がポイントだ。いっその事、妄想前の出来事すべてが、冒頭の交通事故後の影響から生まれた母ちゃんの妄想で、頭とお尻がループで繋がる位の大仕掛けが施されていれば評価は上がるが、無難な所で決着をつけた点も惜しまれる。その点、現在公開中「あの日の声を探して」は凄い!詳しくは書かないが斬新な構成が上手い!私は断然こちらをお勧めする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mommy/マミー
評価:★★★☆【3,5点】(09) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2015/04/29 20:43
『Mommy/マミー』
社会の枠には嵌らない。映画の枠にも嵌らない。 ケベックの美しき天才:グザヴィエ・ドラン。若干26歳でこんな凄い映画を撮ってしまうなんて…。「こいつ、映画、変えそうだ」と称 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2015/05/10 23:06
Mommy/マミー
四角関係の死角 公式サイト。カナダ映画。原題:Mommy。グザヴィエ・ドラン監督。アンヌ・ドルヴァル、スザンヌ・クレマン、アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン、パトリック・ユアー ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2015/05/13 23:19
母と子と・・・
4日のことですが、映画「Mammy/マミー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/05/19 18:42
愛しかない〜『Mommy/マミー』
 MOMMY ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2015/05/26 11:17
「マミー」
よく、乳幼児を2人以上抱えた母親が「毎日が戦争」などと言うけれど、多動性の症状の重い息子を抱えた母親ダイアンこそは、彼が青年になってからも「毎日が戦争」なのであろう。グサヴィエ・ドラン監督作品。スティーヴ(アントワン=オリビエ・ピロン)は幼い頃から多動性症候群の病を抱えていたが、父親が亡くなってから、その症状は酷くなってきており、16歳の今、専門施設で暮らしていた。しかし、ある時施設に放火をした上、施設内で暮らす別の少年に大ヤケドを負わせてしまった事から、施設にいられなくなり、母親に引き取られ、... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2015/06/19 12:29
Mommy/マミー ★★★.5
『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』などのカナダの俊英、グザヴィエ・ドラン監督が母と息子を題材に描く人間ドラマ。架空のカナダを舞台に、型破りなシングルマザーと問題児の息子、そして隣人の女性が織り成す人間模様を映し出す。『マイ・マザー』など... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/06/19 19:46
Mommy/マミー
【概略】 とある世界のカナダでは、連邦選挙で新政権が成立。内閣が可決したS18法案は、ダイアン・デュプレの運命を大きく左右することに。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2017/02/11 07:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「mommy/マミー」@109シネマズ二子玉川 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる