新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「エイプリルフールズ」@一ツ橋ホール

<<   作成日時 : 2015/03/25 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

 日曜日夕方からの試写会。客入りは8〜9割位。客年齢は若い。

   

   映画の話
 人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみ(戸田恵梨香)は、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘(松坂桃李)に対して、身ごもっていると打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなったあゆみは、亘がいるイタリアンレストランに向かう。一方の亘は、きれいなキャビンアテンダントの麗子(菜々緒)とランチを楽しんでいて……。

   映画の感想
 テレビドラマ「リーガルハイ」の監督・石川淳一と脚本家・古沢良太が再びタッグを組み、製作はフジテレビだ。何となく嫌な予感はしたが、ありえないシチュエーションに、底の浅いテレビドラマ的なノリで突き進む展開に乗り切れず。多分、「リーガルハイ」を楽しめた観客なら楽しめると思うのだが、私の様な未見の観客は蚊帳の外である。試写会終了後。他の客の会話によると「リーガルハイ」のキャストと、本作のキャストがクロスオーバーしていたらしい。

 まず、本作は嘘をついても許される特別な日である4月1日「エイプリルフール」をドラマの背景にした着眼点は良い。そんな特別な日に複数の人物たちがバラバラに動き出し、何気にクロスオーバーする群像劇は「グランド・ホテル方式」と呼ばれ、本作は色々な場所の人物が物語の何処かでクロスオーバーする「メリー・ゴーランド方式」と言われる形式である。この手の「グランドホテル方式」作品は邦画より洋画が得意だ。近年の洋画で見ると「ラブ・アクチュアリー」(03)、「バレンタインデー」(10)、「ニューイヤーズ・イブ」(11)、邦画で見ると「大停電の夜に」(05)、「THE 有頂天ホテル」(06)などがある。

   以下ネタバレ注意

 さて、本作は松坂桃李の嘘がとんでもない展開となる「イタリアンレストランの大惨事」をメインに大中小、様々な嘘をめぐるドラマ7編が交差しながら展開するのだが、2時間と言う上映時間に7つの物語は流石に無理があり「占い老婆」、「42年ぶりの生還」、「僕は宇宙人」はイマイチ、「イタリアンレストラン」も悪乗りしながら、最終的に感動に繋ごうとする作家のあざとさが透けて見えて私はドン引きである。「ロイヤル夫妻」はまぁまぁであるが、里見浩太朗富司純子の存在感に、滝藤健一のオーバー演技が加わり役者に助けられた佳作となった。

 そんな中、個人的に良かった話が寺島進主演「不器用な誘拐犯」だ。寺島が演じる役と言えば大きく分けて、やくざ役か刑事役のどちらかだ。今回は得意のやくざ役で活き活きといつもの寺島進が見られてファンとして嬉しい。寺島は一連の北野武監督作品で頭角を現した俳優だが、このやくざの演技がどことなく北野武風なのが面白く、誘拐した少女を連れまわし色々な場所をめぐる。寺島は「女の武器を使う」と大人ぶる少女に冷や水を浴びせる様に、性風俗の現場を裏側から見せる禁じ手まで使うとんでもない男だ。その男の本当の目的と、あの男が交差する仕組みも上手い。千葉真一の無駄遣いは気になるが、本作で一番いいドラマである。少女を演じた浜辺美波も良かった。そして、もう一本。短いドラマであるが「ある大学生の行方」もインパクト絶大で面白かった。

 作品全体を見ると玉石混交と言った所で、まだまだ改善の余地がある作品だ。いっその事、「バカヤロー!」シリーズの様に、一本一本を独立させたオムニバスで、底辺をつなげる方法もあったかもしれない。改めてコメディ映画の難しさを痛感する作品であり、テレビと映画の境界線が見え辛くなった作品とも言える作品である。最後に結構エロい描写もあるので、お子様との鑑賞には注意が必要だ。

   

    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『エイプリルフールズ』 2015年3月22日 一ツ橋ホール
『エイプリルフールズ』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/03/29 20:05
エイプリルフールズ
エイプリルフールズ@ニッショーホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2015/03/29 22:16
エイプリルフールズ
エイプリルフールズ MOVIXさいたま 2015/4/1公開 ...続きを見る
単館系
2015/04/01 23:01
エイプリルフールズ  ★
大ヒットとなったテレビドラマ「リーガルハイ」シリーズの製作陣と豪華キャスト陣が集結した群像コメディー。うそをつくことが冗談で済まされるエイプリルフールを舞台に、人々が軽い気持ちで放った小さなうそが大きな騒動を引き起こしていく。監督と脚本は「リーガルハイ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2015/04/16 14:09
エイプリルフールズ
う〜ん、期待し過ぎてたかな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/24 23:30
エイプリルフールズ
【概略】 舞台は東京らしき大都会。時は2015年4月1日エイプリルフール。人々が何気なく吐いた嘘が嘘を呼び、あちらこちらで大騒動が勃発する。 コメディ ...続きを見る
いやいやえん
2015/11/15 08:09
『エイプリルフールズ』
エイプリルフールズ 4月1日エイプリルフール 7つの嘘が登場人物27人を 巻き込んで起こす騒動を描く... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2016/02/15 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「エイプリルフールズ」@一ツ橋ホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる