新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎

<<   作成日時 : 2014/12/12 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0

 109シネマズさん主催のIMAXデジタルシアターでの試写会だ。客入りは前3列以外満席だ。

 上映には最新の【HFR 3D】方式という、通常映像の倍速映像で上映された。丁度、この方式はソニーの液晶テレビで言う倍速映像技術【モーションフロー】と同じ原理なのだろう。通常より滑らかな動きで、映画と言うよりハイビジョン映像で収録された映像を見るようだ。

   

   映画の話
 ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。

   映画の感想
 「ホビット」3部作の最終章にして、「ロード・オブ・ザ・リング」(以下「LOTR」と表記する)シリーズ最後の作品となる。物語は完全に前作「ホビット 竜に奪われた王国のラストと完全に繋がり、作りては「観客は前作を理解している」と言う前提で作品は作られているので、未見の方は注意が必要であり、鑑賞済みの方も予習した方が良い。上映時間はシリーズ最短の2時間25分だ、と言っても長尺作品である事は確かだが、体感的には2時間位にしか感じさせない作りは立派である。

   以下ネタバレ注意

 しかし手放しでは喜べない。作品はシリーズが持つファンタジー性は薄まり、戦闘シーンばかりでドラマ性も薄まってしまった。そんな戦いのさなかに描かれるのが父子の親子愛であったり、人間の金欲や、ずる賢い欲も描かれる。金の為に船から人をけり落とす強欲な男や、自分の命の為に老女に化けて生き延びようとする男に加え、ドワーフ族のトーリンまでもが財宝に目がくらみ内戦を勃発させて、敵味方が入り乱れて戦うハメになったりと、本題の指輪の力を含めて、何か現代の観客に向けて教訓めいたエピソードが含まれている。まぁ、シリーズ最終作なので、1〜2作目の様に物語が自由に羽ばたく事が出来なく、前作で撒いた種を拾い集める必要もあるので、こんな形で収まったのだろう。

 2001年にスタートした「LOTR」シリーズであるが、同年に公開された「ハリー・ポッター」シリーズと共に、ファンタジー映画を牽引し、その後類似作品が沢山作られてきた。そんな訳で「LOTR」が公開されてから早13年も経ち、その間に色々なファンタジー映画を見てきた観客にとって、「ホビット」はもはや新鮮な物ではなく、見慣れたファンタジー映画の一本となってしまった事は否めない。全ての作品を監督してきたピーター・ジャクソンの演出も、相変わらずのボリューム感たっぷりのごった煮状態で緩急が乏しく感じた。

 作品は決戦に次ぐ決戦でかなりの疲労感を伴うが、その後には心地良い涙が待っている。思い入れが強かった「LOTR」とは違い、それ程思い入れが無い「ホビット」シリーズであったが、流石にビルポに情が移ったのだろう。変に盛り上げす、さりげない仲間との別れが逆に私の涙腺を緩めてしまった。不覚にも「ホビット」を見て涙してしまった。

 そしてホビット庄に帰ったビルポを待ち受ける予想外の展開にニヤリとし、月日が流れたラストに登場する晩年のビルポ(イアン・ホルム)の姿に再びニヤリとし、再び「LOTR」の振出しに戻る幕引きは「レッドドラゴンのラストと同じウィットに富んだ物である。

 エンドロールに流れるビリー・ボイドが歌う「The Last Goodbye」を聞きながら余韻に浸っていると、セカンドユニット監督にアンディ・サーキスの名前を発見した。彼はモーションキャプチャーでゴラムを演じた人物であり、推測であるがモーションキャプチャー技術を一番理解するサーキスだけに、モーションキャプチャーを使ったシーンの演出をしたと思われる。ピーター・ジャクソンからも絶大の信頼を得ているのだろう。

 ニュージーランド映画の底力を見せつけたシリーズも終焉で、出演者のオーランド・ブルームが語る様に「一つの時代が終わった」と思わせる、作家と観客が達成感を共有出来る作品となった事は確かだ。

   














The Hobbit
HarperCollins
J. R. R. Tolkien

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Hobbit の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホビット 決戦のゆくえ (試写会)
金より愛です 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies12月13日公開 監督: ピーター・ジャクソン 竜に奪わ ...続きを見る
風に吹かれて
2014/12/12 11:44
ホビット 決戦のゆくえ/そしてLOTRへと冒険譚は続く
J・R・R・トールキン原作の『ホビットの冒険』を映画化した三部作の最終章。古の竜スマウグが目覚め湖の町を襲う寸前で終わった前作の続きで、今回はドワーフの国を取り戻したトーリンたちを中心に話は進む。監督はもちろんLOTRからこの物語を作り続けているピーター・ジャクソン。イアン・マッケランやマーティン・フリーマン、オーランド・ブルーム、ケイト・ブランシェットらお馴染みの面々がスクリーンで躍動する。 ...続きを見る
MOVIE BOYS
2014/12/13 19:33
ホビット 決戦のゆくえ
評価:★★★☆【3.5点】(F) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2014/12/13 21:45
ホビット 決戦のゆくえ
必死剣鳥刺し 公式サイト。原題:The Hobbit: The Battle of the Five Armies。J・R・R・トールキン原作、ピーター・ジャクソン監督。マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/12/13 22:53
『ホビット 決戦のゆくえ』
旅立つ者に愛を。 本格的な旅はこれから始まる。ここで終わるのは冒険である。 指輪を捨てる旅が終わった時のような淋しさとはまた違う、この大切な仲間と過ごした日々が終わる淋 ... ...続きを見る
こねたみっくす
2014/12/13 23:56
劇場鑑賞「ホビット 決戦のゆくえ」
旅が、終わる… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2014/12/14 06:01
ホビット 決戦のゆくえ
ホビット 決戦のゆくえ@新宿ピカデリー ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2014/12/14 06:55
『ホビット -決戦のゆくえ-』 2014年12月3日 新宿ピカデリー
『ホビット -決戦のゆくえ-』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2014/12/14 19:00
ホビット 決戦のゆくえ ★★★★★
J・R・R・トールキンの『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に続き、その物語の前日譚(たん)をピーター・ジャクソンが映画化したアドベンチャー3部作の最終章。ドワーフの王国の奪取を目指し旅をしていたホビット族の主人公とドワーフたちが、ついに王国を奪還、目覚めた... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/12/14 20:06
物欲戦争。『ホビット 決戦のゆくえ』
『ホビット』3部作の最終章です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2014/12/14 23:28
ホビット 決戦のゆくえ
結局、ドワーフ13人全員の顔と名前が覚えられなかった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/12/15 00:07
ホビット 決戦のゆくえ : 納得のシリーズ完結篇
 一昨日の総選挙、自公連立政権の勝利となりました。個人的には、公明党が議席を増やしたことは残念でしたが、年寄と風見鶏の政党(次世代の党)がほぼ一掃されたことはよい傾向 ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2014/12/16 16:35
ホビット 決戦のゆくえ
遂に最終回! 『ロード・オブ・ザ・リング』に続く、前日譚『ホビット』映画三部作のラスト『ホビット 決戦のゆくえ』をIMAXのHFR3Dで観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2014/12/17 00:43
映画「ホビット 決戦のゆくえ(3D)」感想
ビルボの冒険が終わる ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2014/12/18 18:24
『ホビット/決戦のゆくえ』(2014)
映画版『ホビット』、ここに完結。そして物語は『ロード・オブ・ザ・リング』へ――。色々な意味で感慨深いですね。先ずは映画化が頓挫せず、無事ゴールまでたどり着いたことを。もし全てが順調に行っていたならば、もう5年くらい早くこの日が迎えられていたかも知れません。映画化の権利を巡る争い、ピーター・ジャクソン監督と映画会社との争い、原作著作権者と映画会社との争い、映画会社の経営悪化、スケジュールの遅れに伴うギルレモ・デル・トロからジャクソンへの監督交代劇…その道程は決して平坦ではありませんでした。そしてビ... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2014/12/18 20:59
映画「ホビット 決戦のゆくえ」
映画「ホビット 決戦のゆくえ」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2014/12/19 00:37
「ホビット 決戦のゆくえ」
シンプルに大活劇で、単純に楽しくて、最後は泣けたし、よかったよ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2014/12/19 22:59
ホビット 決戦のゆくえ
ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、“湖の町”のバルド(ルーク・エヴァンス)が竜のスマウグ(声ベネディクト・カンバーバッチ)を倒したことから、ついに王国を奪い返す。 しかし、竜の病にとりつかれてしまったトーリンは、エルフと人間を拒否してしまう。 三者の対立が激しくなる中、... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2014/12/23 23:24
ホビット 決戦のゆくえ
戦うしかないのであります!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2014/12/25 17:09
ホビット 決戦のゆくえ
2014年12月23日(火) 14:55〜 TOHOシネマズ日本橋8 料金:1900円(シネマイレージデイ+DOLBY ATMOS+3Dメガネ持参) パンフレット:未確認 どこにでもダークサイドはある。 『ホビット 決戦のゆくえ』公式サイト 竜との戦いを中心に展開するのかと思いきや、思いっきり前半の方で、人間に倒されてしまう。 ダークサイドに落ちたドワーフ王を中心とした、オーグ軍団との戦いがメインだった。 小悪党が非業の死を遂げない一方で、ナイスガイは容赦なく死亡していくので、まあ残... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2014/12/28 00:49
「ホビット 決戦のゆくえ」 Hobbit : The Battle of the Five Armi...
前作「竜に奪われた王国」はこちら。トールキンの、指輪をめぐる中つ国(ミドル・アース)の物語ついに完結。全6本、よくぞ付き合ったなおれも。原題はThe Battle of the Five Armiesだから、直訳すれば五軍の戦い。三国志ですら三つなのに、五つもからんだらわけがわか... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2015/01/07 06:36
ホビット 決戦のゆくえ
【概略】 火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる! ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2015/04/22 09:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ホビット 決戦のゆくえ」@109シネマズ川崎 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる