新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「L・DK」@よみうりホール

<<   作成日時 : 2014/04/08 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

 今回は講談社さん主催の連合試写会だ。客入りは7割くらい、若年齢の女子が多い。



   映画の話

 直情型な性格で、ことあるごとに暴走してしまう女子高生の西森葵(剛力彩芽)。そんな中、ある騒動を引き起こしてしまったのがきっかけで、学校で一番のツンデレにしてモテ男である久我山柊聖(山崎賢人)と生活を共にすることに。彼と同居していることが知られれば、校内の女子たちから敵視され、退学させられる可能性もあるとして、その秘密を懸命に守ろうとする葵。だが、柊聖は右往左往する彼女の姿を楽しみ、何かとちょっかいを出す。そんな柊聖に振り回されながら、葵は彼に魅力を感じるようになり……。

   映画の感想
 あるトラブルで学校で女子から大人気のツンデレ王子の柊聖と、同じ部屋で暮らす事になった葵の恋の行方を描いた剛力彩芽主演のラブコメディだ。いつも通りに私は原作の存在も知らずに映画を見る事に・・・。

 同じ学校の男子と女子が一つ同じ屋根の下で暮らす作品に、古くは薬師丸ひろ子主演の翔んだカップル」や、さらに遡ると教師と生徒が夫婦で学校内は知らないテレビドラマ「おくさまは十八歳」といった、学校内では二人の同居を知らない事で巻き起こる騒動を描いた作品は、ラブコメディとしては定番ネタと言えるだろう。しかも本作は“LDK”と呼ばれるワンルームに、学校に秘密で高校生の男女が同居生活を送る訳で、秘密のハードルはかなり高い。

 意外な事に本作は剛力彩芽の映画初主演作となる。テレビやドラマで活躍している剛力だけに、映画主演作はとっくに作られているかと思っていた。監督は「のだめカンタービレ最終楽章 後編」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」、「ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐だ。漫画原作作品が得意な川村監督だけに安定した仕上がりだ。私はたまたま同日の昼間に5月公開される、R18指定のハードなSM作品の試写を見た帰りに本作を見た為か実に楽しい。作品のターゲット年齢は原作を読んでいる女子中学生〜高校生位を狙っていると思う。試写会場もその位の年齢の女子がたくさん来場していて、作品に対して一喜一憂のダイレクトな反応があり、かなり盛り上がっていた。

 本作の成功はなんと言っても剛力彩芽だ。原作ファンには不評のようだが、普段可愛く見えない剛力が、よみうりホールの大画面で見ても可愛く見えたのだから、監督の演出は間違っていなかった。まず、幕開けは原作に合わせて剛力はセミロングの髪型で登場するが、これがなかなか良い。いつものショートより可愛く見える。ツンデレ王子の柊聖にからかわれ、いじられ、振り回される葵役を体当たりで演じている。世間からバッシング状態の剛力であるが、テレビドラマ「クロコーチ」、「私の嫌いな探偵」でも芸達者なところを見せていたが、本作は恋に奥手の女子高生を好演している。物語後半では剛力のトレードマークのショートヘアになり、剛力ファンには「一粒で二度おいしい」仕組みになっている。

 恋に一途な葵に対して、ツンデレ王子の柊聖は自分の恋に素直になれない。その理由には柊聖の幼馴染で元カノの桜月(石橋杏奈)の存在だ。葵と柊聖の間に何かとちょっかいを出してくる面倒臭い存在である。そして柊聖のライバルとなるのが大学生の三条(桐山漣)だ。葵を妹のように接する三条も「実は・・・」という設定が後々が物語後半に効いてくる。「恋には障害があるほど燃え上がる」と言う言葉がある位に、物語には強烈なライバルが出てくると面白くなる。物語は紆余曲折を経て花火大会を舞台にクライマックスを迎える。

 原作のイメージが根付いてしまった原作ファンが本作をどう見るのかは判らないが、私は逆に原作を知らないだけに一本の作品として楽しめた。「DVDで十分」と言えばそれまでだが、小難しい映画が続いた後には丁度良い作品である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
L&#9825;DK〜剛力(強力)伝
プラス「或る夜の出来事」オマージュ 公式サイト。渡辺あゆ原作、川村泰祐監督。剛力彩芽、山崎賢人、中尾明慶、岡本玲、福士誠治、桐山漣、石橋杏奈、白石美帆、藤井隆、misono。 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2014/04/17 23:36
L・DK
L・DK MOVIXさいたま 4/12公開 ...続きを見る
単館系
2014/04/29 01:43
『L・DK ラブ同居!』を渋谷TOEIAで観て、KOされずふじき★★
五つ星評価で【★★果して剛力に魅力を感じえるか?】   勿論、原作未読。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2014/05/04 23:37
L&amp;#9825;DK  ★★
渡辺あゆの人気コミックを実写化した青春恋愛コメディー。ひょんなことから校内きってのモテ男子と一緒に住むことになった女子高生が、ツンデレな彼に翻弄(ほんろう)されながらも心惹(ひ)かれる姿を描く。主人公カップルを、テレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2014/05/07 18:56
???L?DK??????????????
?????????????????????????? ???????????????????????????? ?????????????????????????????????????????????? ?????????????????????? (C)2014?L?DK?????? &l?dk????? ?????????????????? ??????????????????????????????????? ???????????????? ???? ?????????????????... ...続きを見る
????????????
2014/05/09 00:02
???L?DK??????????????
?????????????????????????? ???????????????????????????? ?????????????????????????????????????????????? ?????????????????????? (C)2014?L?DK?????? &l?dk????? ?????????????????? ??????????????????????????????????? ???????????????? ???? ?????????????????... ...続きを見る
????????????
2014/05/09 00:02
L?DK
2014年4月19日(土) 16:20〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 髪の長いゴーリキーさん 『L?DK』公式サイト フリーパスポート15本目。 人気少女漫画が原作であるが、ゴーリキーさん主演ということで、そんなに混んでいないだろうと思った。 が、上映回数が少ないので、ひょっとしたらということで、女子中高生になるべく遭遇しないように、端のほうに席を取り、暗くなって入場、明るくなる前に退場を心がけたら、それが正解。女子中高生で真ん中近辺の席はい... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2014/05/11 14:37
L・DK
【概略】 恋に奥手な女子高生・西森葵と学校一のイケメン・久我山柊聖。あるハプニングから同居することになったふたりの秘密の生活と恋の行方を描く。 ラブロマンス ...続きを見る
いやいやえん
2014/11/30 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「L・DK」@よみうりホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる