新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「オーバードライヴ」」@一ツ橋ホール

<<   作成日時 : 2013/11/29 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

 試写会の客入りは7割くらいだ。

   

   映画の話
 何も知らずに友人から麻薬を手渡されたばかりに、逮捕されてしまった18歳の少年。その父親ジョン(ドウェイン・ジョンソン)は、無実の罪を着せられている息子を少しでも早く刑務所から出所できるようにと検事に掛け合う。そんな彼に検事は、捜査に貢献することで刑期が軽減されるシステムがあることを告げる。ほかに手立てはないと感じたジョンは、息子の減刑と彼が巻き込まれた事件の真相をつかむためにも麻薬組織に潜入することに。やがて、組織の中枢へと近づき、大物密売人と対峙(たいじ)するジョンだが……。

   映画の感想
 いつも通りに殆ど予備知識無しで、ドウェイン・ジョンソン主演作、チラシのデザインと、予告編の音だけ聞いて、勝手にド派手なアクション映画と勘違いして見に行ったら、これが正反対のシリアスな物語に驚いた。112分の上映時間中アクションシーンは10分満たない。改めて予告編を見たら、アクションシーンばかりを上手く繋ぎ、軽妙なナレーションで痛快作品みたいに出来ていたが、予告編のイメージで映画を見たら肩すかしを食らうだろう。

   以下ネタバレ注意

  物語はジョンソン演じる父親ジョンの視点をメインに描かれる。友達の司法取引の餌食となってしまい、刑務所に収監されたジョンの息子。作品は刑務所の面談室で父親と息子が面談するシーンが何度が描かれる。刑務所で他の囚人から虐げられた息子は面談を重ねる事に憔悴し傷だらけとなっていく。本作のポイントは息子の刑務所内での生活シーンは描かれない。観客もジョンと同じように、面談室に現れる息子の表情や様子や話の内容で、息子の辛い日々を想像するしかない。面談室で涙を見せる息子にジョンは「他の囚人の前で涙を見せるな」と弱気になった息子に父親らしいアドバイスを与える。それと対比するように写される他の囚人視線が不気味であり、彼の刑務所内での立場を上手く観客に判らせる演出が上手い。いつものジョンソンであれば、面談室で一暴れがありそうだが、ここでは成す術も無く、グッとこらえて息子を励ますしか出来ない。

 ジョンは検事との司法取引に「息子に代わりに薬物組織壊滅に協力出来れば減刑する」とのシステムを知る。しかし運送会社社長のジョンには麻薬関連のつては無い。そこで彼は自分の会社の従業員の中から前科者を割出し、麻薬関連で2回逮捕されているダニエルと言う男に白羽の矢を立てて、麻薬組織と接触を始める・・・。

 まず本作は実話を基にしている事がポイントだ。その為に、絵空事の様な描写は無い。どこまでが事実かは不明であるが、かなりリアルな物語で、主演のジョンソンも今までのアクションスターのイメージを覆す、刑務所に収監された息子の為に検事と取引をして、麻薬組織に潜入する生身の父親を演じている。もしかしたら彼は演技派への道を模索しているのかもしれない、と思わせる位に真面目な父親役になりきっている。共演者もスーザン・サランドンバリー・ペッパーと言う有名実力俳優を配している辺りもジョンソンやスタッフの本気度がわかる。

 物語中盤からはジョンはダニエルの力を借りて麻薬組織へ潜入し、相手に自分の目的がバレないように、麻薬の運び屋になるまでが描かれる。元トラック運転手だったジョンは組織のテストで銃撃戦に巻き込まれるが、冷静な判断と度胸を買われて、組織の大元であるボスから大仕事を任されるまで成長する。

 クライマックスはジョンが大型トラックを使い、組織の大金をメキシコまでの輸送となるが、警察内の内通者から組織にジョンの目的と正体がバレテしまい、ジョンを抹殺しようとする組織の追手との激しい銃撃戦&カーアクションが用意される。ちょっと「マッドマックス2のクライマックスや、往年の西部劇で幌馬車を襲うインディアンとの戦いと似た展開となるが、かなりシリアスな物語の中ではテンションの上がる最大の見せ場だ。幕引きは実話を基にしているだけに、落ち着く所に落ち着く訳で、期待していたアクション作品ではなかったが、いい意味で裏切られた。麻薬社会アメリカの組織と法律の怖さと、アクション俳優ドウェイン・ジョンソンの新たなる方向性を示した作品である
  
   ドウェイン・ジョンソン関連作品 

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オーバードライヴ
2013年11月30日(土) 18:50〜 丸の内ルーブル 料金:1250円(109共通鑑賞券をチケットフナキで購入) パンフレット:未確認 誇大広告。詐欺映画。 『オーバードライヴ』公式サイト ザ・ロックが出ている上に、間の抜けたタイトルから、馬鹿力アクション映画を期待したのだが、地味なサスペンス映画だった。 冒頭の実話を元にしているというテロップで不安になったが、まさに的中。 麻薬の取引に巻き込まれ逮捕された息子を救うために、潜入捜査官もどきの行動を取り、カルテルのボス逮捕協力を... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2013/12/01 02:02
オーバードライヴ  ★★
「ワイルド・スピード」シリーズや「G.I.ジョー バック2リベンジ」など出演作が立て続けにヒットを飛ばすドウェイン・ジョンソンが主演、実話をもとに息子を救うため戦う父親の姿を描いたアクションサスペンス。 再婚した妻とともに幸せな日々を送っていた運送会社社長の... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/12/05 13:15
オーバードライヴ
面白かったけど、ちょっと期待外れ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/12/07 22:29
『オーバードライヴ』 2013年11月26日 一ツ橋ホール
『オーバードライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/12/08 00:18
オーバードライヴ
評価:★★★【3点】(10) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2013/12/08 09:45
オーバードライヴ
【概略】 運送会社社長・ジョンは、友人にハメられ麻薬密売容疑で逮捕された息子を救出するべく、検事と交渉し、麻薬組織に潜入捜査を行い事件の真相を追うが…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2014/12/21 15:35
『オーバードライヴ』
オーバードライヴ 運送会社の経営者が息子の釈放の為、 警察に協力し、麻薬組織の摘発に 協力する実話に基づくストーリー ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2015/01/18 05:13
オーバードライヴ (Snitch)
監督 リック・ローマン・ウォー 主演 ドウェイン・ジョンソン 2013年 アメリカ/アラブ首長国連邦映画 112分 アクション 採点★★★ “親ってのは何があっても子供の味方であるべき”って意見には、全く異論のない私。もう当たり前。ただ、その“味方”の捉え方を… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2015/10/22 18:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「オーバードライヴ」」@一ツ橋ホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる