新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「かぐや姫の物語」@イイノホール

<<   作成日時 : 2013/11/21 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 1

 今回、私は試写会で本作を2回見る事が出来た。 一回目、文芸春秋さん主催。日曜日の夜の試写会はお子さんから年配の方まで幅広い年齢層で女性客が多い。客入りは7〜8割くらいだ。二回目、AOLさんに招待された。平日夜の試写会の客入りは7割弱位でかなり空席が目立つ。

   

   映画の話
 ある日、竹取の翁は竹やぶの中で美しい女の子を見つけ、天からの授かりものとして育てることを決める。女の子は竹の子のような速度で成長し、翁は竹やぶで見つけた金を基に都に屋敷を建設。女の子は“かぐや姫“として高貴な姫になるべく教育を受けるが……。

   映画の感想
 高畑勲監督の14年ぶりの新作は、意表をついて日本古来の物語「竹取物語」を独自の解釈でアニメーション化した作品だ。あまりにも有名な「竹取物語」のストーリーは誰でも知っているようで、その物語のディティールは知る者は少ないように思う。そんな「竹取物語」を知るには絶好の作品である。しかし作品を見てみると、表向きは「竹取物語」を描きながら、その裏では痛烈に現代社会や人間のエゴ、現在のスタジオジブリを批判しているようにも受け取れる。

 物語はおなじみの翁じいさまが竹藪の竹の中からかぐや姫を見つけるシーンから始まるが、姫は赤子の姿に変化して翁とその妻・媼に育てられる。ここで注目は筍のごとく急速成長する姫の姿だ。愛おしい赤子の姿から、あっという間に歩きだし、喋り始めて、村の子供たちと遊び、彼らと行動を共にしていく。村の子供のリーダー格が捨丸だ。太い線で描かれた捨丸のキャラクターデザインは、何処か高畑監督が昔所属していた、東映動画作品に登場しそうなキャラクターみたいな顔立ちである。捨丸たちと成長する姫。その一方、翁は竹藪で光り輝く金と衣を手に入れて、媼と姫を連れて都へ行くことを決意する・・・。

   以下ネタバレ注意

 まず、本作をスタジオジブリ作品として見ると異端な作品のように感じた。アニメーションの顔となる作画は、白い余白だらけの鳥獣戯画と呼ばれる、墨画で書かれた絵巻物風のアニメだ。難しい言葉で書いたが、年賀状の挿絵をみたいな水彩絵の具を使い、太いラインを基調とした手書き風のアニメだ。ジブリと言えば宮崎駿作品を見るように、精密に書かれた美しい色合いのアニメを思い浮かべるが本作は、その手法とは正反対のアプローチだ。

 さて、本作は先に書いた「竹取物語」を使い様々なものをメタファーとして描いている。そのメタファーは姫が都の屋敷に越してきてから顕著に表れる。村の子供たちに“たけのこ”と呼ばれていた姫は、村で野山を駆け回る野生児のような生活を送ってきた。その後、姫は都の屋敷ではお姫様の様な習い事を強制されて、眉毛も抜かれ、白塗りのお歯黒姿のお姫様に強制される。しかし、姫の中には村での生活が忘れられず、屋敷の端くれに、昔暮らした山小屋の様な作業場と、庭には村の風景をミニチュア化したジオラマを作り、心を癒していた。

 そんな暮らしをする美しい姫の噂を聞いた5人の貴公子は姫の屋敷に乗り込み、有もしない宝物を持っていると嘘をつき、姫のハートを射止めようと熱烈にプロポーズする。普通であればイチコロのプロポーズは姫に通用せず、逆に「その宝物を見せてほしい」と貴公子たちに注文を付ける。口から出まかせを現実化するために偽物を作り小細工をする貴公子たち。そんな中、嘘を現実化させるために事故で死んでしまう貴公子が現れてしまう。嘘の上塗りが招いた事故であるが、注文を出した姫にも自責の念が重くのしかかる。

 さらに噂を聞きつけた御門までが姫を自分のにしようと現れる。自分の地位と名誉だけで姫を手に入れられると勘違いした哀れな御門の姿は、現代の金持ち層にも通じる男の姿だ。御門のキャラクターデザインも注目だ。極端にあごが尖った面長な逆三角形の顔は、子供のころから硬いもの食べないで、あごが発達しなかった御門の食生活を具体化した姿に見えた。その一方、御門までが姫との結婚を考えている事を喜ぶ翁は初心を忘れてしまった。姫の為を思い、位の高い者との婚礼を望んでいた翁は、いつの間にか姫を利用して自分の地位と名誉を望んでいる男になってしまった。

 人間社会に嫌気を感じた姫は庭に作った村のジオラマを「すべて偽物だ!」と叫び破壊する。この姫のセリフに私の心が騒いだ。もしかして、高畑監督は現在のジブリに不満を持っているのではないか?純粋なアニメスタジオとしてスタートしたジブリは、宮崎作品の成功により、三鷹の森ジブリ美術館を建設し経営に乗り出す。さらに世界規模でジオラマ的な夢の国ディズニーランドを経営するディズニーとも提携した。そんなディズニーと密接の関係となり巨大企業となったジブリへの不満が、ジオラマ破壊シーンへと繋がったように深読みしてしまった。

 そして物語クライマックスは、月へコンタクトをとった姫が、8月15日の十五夜に月からの使者と共に、月へ帰るおなじみの展開となる。姫を月へ帰すわけにいかない人間はあらゆる手段を使い、阻止を試みるが月からの使者の前では眠らされて太刀打ちが出来ない。そんな状況下、子供たちのわらべ歌が一瞬の時間を作り出し、翁と媼と姫の別れのシーンとなるが、途中で使者から衣を被せられた姫は意識を奪われたまま月へ帰っていく。しかし、ラストカットで姫の瞳には涙が浮かんでいる。観客に考える余地を残した幕引きが上手い。

 一見、超豪華な「まんが日本昔ばなし」風のアニメであるが、その表現方法はスタジオジブリだから成しえたクオリティだ。高畑監督らしい精密な人物描写は健在だ。赤子の姫の愛らしい動きにはじまり、姫がウリボウに襲われそうになるシーンや、キジを捕まえるシーンなど動きのあるシーン、姫が夢の中で村に帰る荒々しい作画、貴公子が大海原で嵐に襲われ、嵐雲が竜に変わるアニメならでは表現がよい。籠の中の鳥状態だった姫が桜の木の下で歓喜する躍動的な描写、大人になった捨丸と姫が再会して空を飛ぶジブリ作品らしい飛躍した表現など文句の付けようがない。そして、最後にアニメに声として命を与えた朝倉あき宮本信子故・地井武男の好演も素晴らしかった。日本の古典を最新アニメ技術で描いた高畑監督渾身の作品である。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(27件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『かぐや姫の物語』 高畑勲の「罪と罰」とは?
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2013/11/23 14:40
かぐや姫の物語
切なくて悲しくて美しい!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/11/23 17:24
かぐや姫の物語
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】モロ竹取物語です。 【鑑賞後】 冒頭の古 ...続きを見る
うろうろ日記
2013/11/23 17:57
劇場鑑賞「かぐや姫の物語」
“生きる”ということ… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/11/23 19:40
かぐや姫の物語
さて、ジブリの高畑監督最新作 風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね ...続きを見る
にきログ
2013/11/24 01:10
『かぐや姫の物語』
もうちょっと高畑勲なりの大胆な解釈とかが加わっているのかと思ったけれど、まんま「竹取物語」だった。 超綺麗なアニメで「竹取物語」を作っているだけ。 まぁその「超綺麗な」 ... ...続きを見る
時間の無駄と言わないで
2013/11/24 01:16
高畑勲監督『かぐや姫の物語』"人の情けをはぐくみて、まつとしきかば今かへりこむ"
※注・内容、ラストに触れています。(なお、あまりの衝撃にファーストインプレッションのみ勢いで書いています。後ほど追記します)高畑勲監督による誰もが知る(しかし本当のお話を知らない)「竹取物語」を題材と ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2013/11/24 04:50
[映画『かぐや姫の物語』を観た(寸評)]
      ☆・・・観てきました。  『まどか☆マギカ 叛逆の物語』の三観目と連続して見たのですが、そのクライマックスの「忘却」についての論じ方が、似ている点もあり、こちらの作品の方が、よりクールに描いている点もあり、その符号が興味深かった。  私は、常... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2013/11/24 11:25
映画「かぐや姫の物語」感想スレ
1: 数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。 日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッチで描く。 声優陣には、ヒロインかぐや姫にテレビドラマ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」などの朝倉あき、その幼なじみを高良健吾が務めるほか、地井武男、宮本信子など多彩な面々がそろう。 ...続きを見る
2ちゃんねるコメントNEWS
2013/11/24 11:47
和製アルプスの少女ハイジ。『かぐや姫の物語』
「竹取物語」を題材にスタジオジブリの高畑勲監督が手掛けた劇場アニメです。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2013/11/24 13:07
かぐや姫の物語
感想にネタバレ含みます。 ↓ ...続きを見る
青いblog
2013/11/24 13:20
かぐや姫の物語 : 全ての登場人物が傷つく哀しい物語
 ジブリ作品を初めて映画館で観たのが、先日紹介した宮崎駿の「風立ちぬ」。そんな私からすれば、「また、ジブリかよ!」と自分をツッコミたくもなりましたが、今年二本目のジブ ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2013/11/24 15:28
「かぐや姫の物語」かぐや姫が望んだものに気づいた先にみたお金では手にできない本当に望んだ身近な幸せ
「かぐや姫の物語」は高畑勲監督の最新作で原作「竹取物語」を忠実に描いた作品で、私たちが良く知る竹取物語のかくや姫の視点から観たストーリーである。ありふれた実に有名な作 ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/11/24 17:30
かぐや姫の物語 ★★★★
数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/11/27 19:12
かぐや姫の物語
ジブリ高畑勲監督最新作、筆書き風の優しい線で描かれたアニメ映画『かぐや姫の物語』を観てきました。 ★★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2013/11/27 23:25
ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。
◯ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。 ※少しだけ ...続きを見る
ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出す...
2013/11/28 21:49
[映画][☆☆☆☆★]「かぐや姫の物語」感想
 「ホーホケキョとなりの山田くん」以来14年ぶりとなる、高畑勲監督(兼・脚本、原案)最新作は、「竹取物語」を基にした長編アニメーション。 まったく何の変哲もない、我々のよく知るごく当たり前の「かぐや姫」。にもかかわらず、これほどまでに観る者の心を惹きつけ、 ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2013/11/29 19:37
かぐや姫の物語
姫の犯した罪と罰(試写会) ...続きを見る
悠雅的生活
2013/11/30 22:37
映画「かぐや姫の物語」
映画「かぐや姫の物語」を鑑賞しました。 ...続きを見る
FREE TIME
2013/12/01 00:15
映画:かぐや姫 「静」と「動」の緩急つけ具合に魅了される。
ジブリ待望の新作。 古典『竹取物語』を元にした、シンプルなストーリー。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2013/12/01 14:45
『かぐや姫の物語』
□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語」□監督・原案 高畑 勲 □脚本 高畑勲、坂口理子 □キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、          ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/12/02 12:28
「かぐや姫の物語」は人間の業の肯定の物語である
高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」を鑑賞。 ...続きを見る
失われた何か 
2013/12/02 20:15
いのちの記憶〜『かぐや姫の物語』
 光る竹の中から、小さな女の子を見つけた竹取の翁(地井武男)は、家に連 れ帰り竹取の媼(宮本信子)とともにその子を育てる。たけのこのように急成長 した少女は、都に移り住み 「かぐや」 という名の美しい姫となった。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2013/12/06 07:30
かぐや姫の物語
 『かぐや姫の物語』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2013/12/07 20:11
かぐや姫の物語
かぐや姫の物語 &#039;13:日本 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を♪...
2013/12/23 20:33
映画 かぐや姫の物語
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2014/01/03 09:12
かぐや姫の物語
【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。 アニメーション ...続きを見る
いやいやえん
2014/12/17 09:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
凄い映画でしたね!
試写会と封切後で二回見て、二回とも圧倒されました。
面長な御門を見て、『太陽の王子 ホルスの大冒険』の悪魔グルンワルドを思い出しました:-)
ナドレック
2013/11/23 14:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「かぐや姫の物語」@イイノホール 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる