新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎

<<   作成日時 : 2013/08/30 14:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 31 / コメント 0

 私は運よく本作を試写会で2回見ることが出来た。

 1回目、よみうりホール、3D上映。客入り95%くらい。日本テレビさん主催。

 2回目、109シネマズ川崎、IMAX3D上映。客入りはスクリーン前3列を除き満席だ。109シネマズさん主催。

   
   映画の話
 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

   映画の感想
 本作がクリストファー・ノーラン製作×ザック・スナイダー監督と聞き嫌な予感はしていたが、ここまで暗く重く、高揚感もユーモアも無い「スーパーマン」とは思わなかった。ノーラン監督の「バットマン」シリーズの様に作家は「何でもかんでもダークに描けば観客は喜ぶ」と思ったら大間違いだ。まぁ、タイトルにもあえて「スーパーマン」を使っていない所を見ても判るが、作り手はあえて従来と違うものを作ろうと力を尽くし、観客の望まぬ違う形の作品が出来上がってしまった印象だ。78年製作のオーソドックスなリチャード・ドナー監督版「スーパーマン」の乗りを期待すると、裏切られる作品となるので注意が必要だ。

 物語は映画版「スーパーマン」(78年)と、ゾッド将軍が暴れる「スーパーマンU/冒険篇」(81年)が合わさった構成だ。スーパーマン誕生篇には欠かせない悪役レックス・ルーサーは物語から割愛されてしまった。物語の幕開けは通例通りにスーパーマンの故郷となる惑星クリプトンからスタートするが、ドナー版が氷の惑星だったクリプトンが、今回は岩や水のある惑星となり、その惑星の人々の姿形はスナイダー監督「300」を思わせる鎧姿のローマ史劇風となり、滅び行く惑星内で陰謀や裏切りという思惑が交差しながら、ゾッド将軍一派の氾濫、スーパーマン=カル・エルの誕生物語が描かれる。ドナー版でスーパーマンの父役ジョー・エルをマーロン・ブランドが演じ話題となったが、今回はラッセル・クロウがジョーを演じる。ドナー版でそれほど活躍が無かったジョーであるが、本作ではラッセル・クロウに見せ場を作り、かなりのアクションシーンを用意している。

 物語冒頭こそ時系列どおりに始まるが、地球に話が移ってからは時系列がバラバラとなり、スーパーマン初心者には判り辛い構成となっている。この構成は作家が「観客はスーパーマンの物語を知っている」という前提で、あえて時系列を崩したように感じる。労働者に紛れ込んで生活する無精ひげ姿のクラーク・ケントが、漁船上で無力な姿を見せた後で、油田掘削船の乗組員を救出する描写で、クラークの超人ぶりを観客に見せ付けるエピソードから地球で暮らすクラークの物語がスタートする。今回はクリプトンから脱出したカル・エルを乗せた宇宙船が地球に落下するシーンも無く、ケント夫妻に宇宙船が発見されるシーンも無い。

 少年時代に学校で自分の能力に苦しめられるクラークの姿を描き、人間の子供たち共存する難しさを描く。そして、スクールバス転落事故でクラークは特殊能力を使いクラスメートたちを助けた事で大問題となり、クラークの育ての父ジョナサンの判断により、クラークは超能力を人前で使う事を封印される。人前で超能力を使えず耐え忍ぶクラークの前に最大の試練が待ち受ける。ハリケーンに巻き込まれて逃げ遅れたジョナサンを、大勢の人前で超能力で助けようと思ったクラークを、ジョナサンが自分の身を呈して止めさせる。ジョナサンは息子を秘密を守り通すために命を落とす。クラークが自分の身分を隠し通す決定打となった瞬間である。ジョナサン役のケヴィン・コスナーがアメリカの父親像を短い出演ながら素晴らしい名演で魅せる。

 物語はデイリープラネット記者ロイス・レーンの登場により大きく動き出す。カナダで発見された宇宙船。ファントムゾーンに幽閉されていたゾッド将軍一派の復活。宇宙船の地球襲来。クラーク・ケントがスーパーマンとして覚醒する、などの過程を得て、ゾッド将軍の脅迫により、クラーク・ケントが自分の身分を隠し通すことが出来なくなり、軍隊に投降する形でクラークはスーパーマンの姿で人々の前に登場する。

 まず、ゾッド将軍が地球の人々にテレビを使って送るメッセージに注目したい。「You Are Not Alone」だ。マイケル・ジャクソンの楽曲に同じタイトルがあるが、その大元を辿るとスピルバーグ監督未知との遭遇」のキャッチコピー「We Are Not Alone」をモチーフにしたメッセージと思われる。そのゾッド将軍はカル・エルと共に何故かロイス・レーンまで自分たちの宇宙船に連れ去り墓穴を掘る。宇宙船内は惑星クリプトンと同じ空気環境となり、スーパーマンの力は無力になってしまう。この設定は「スーパーマン」の弱点となる鉱石クリプトナイトと置き換えて描かれているようだ。

 さて本作の裏主役となる憎々しいゾッド将軍役はマイケル・シャノンが演じている。ウィリアム・フリードキン監督「BUG/バグや、「テイク・シェルターなど、アメリカ映画でパラノイア的な役を演じると右に出る者がいない個性派俳優が、ゾッド将軍という大役を演じ良い芝居をしている。全体的にスーパーマン役のヘンリー・カヴィルの芝居を食ってしまう位の存在感である。 物語後半は殆ど、スーパーマンとゾッド将軍一派の壮大なバトルの連続だ。カンザス州の田舎町スモールヴィルに始まり、大都会メトロポリスを舞台に、町や都市を大破壊するディザスター映画へと変貌する。

 壮絶なバトルは最終的にスーパーマンと同じ能力を持つゾッド将軍の一騎打ちとなる。戦いで破壊に破壊を尽くした二人。ゾッド将軍は駅構内に逃げ遅れた子供二人を含む四人家族に向けて、目からビーム光線を浴びせて殺そうとする。戦いの中で相手を殺したかもしれないスーパーマンであったが、ここで始めて自分の意思で戦う相手を殺す苦渋の選択が迫られる。このシーンはちょうどブルース・リー映画で最終的に戦う相手を殺すシーンと似た、悲しみと怒りにおびた感情でゾッド将軍に手をかける。同胞のゾッド将軍を殺したことで、カル・エルは完全に地球の人間になった瞬間とも捉えられる。
 
 
 本作を見るとザック・スナイダー監督は「木を見て森を見ない」&「投げたら投げっぱなし」タイプの監督の様な気がする。監督の演出はディティールに拘るが、何か大きな物が抜け落ちている。例えば、後半の破壊シーンの数々を徹底的に描くが、その後フォローが無い。どう見ても滅茶苦茶に壊されたディリープラネット社の周辺がラストカットでは、何も無かったように復活している。ここはワンカットでも良いので町の復興シーンを入れれば整合性が出るが、監督はその辺がいい加減だ。観客が望むスーパーマンの姿は、町の人々と共に町の復興を手伝う姿だ。スモールヴィルもヘリコプターや戦闘機やミサイルが落下したのだから、観客は街のその後が気になる。しかし監督にそんな事を描く気は無い。まぁ、私は監督が「エンジェルウォーズ」の妄想世界と「スーパーマン」の世界を混同した感覚で作っているとしか思えない。基本的にスナイダー監督はヴィジュアル先行型の監督なので仕方はないが、好きな監督だけに私の落胆は大きい作品となった。

  
 音楽について
 今までのシリーズで通して使われてきた、ジョン・ウィリアムズ作曲の秀逸な「スーパーマンのテーマ」曲が本作では使われていない。音楽はノーラン監督の「バットマン」シリーズと同じハンス・ジマーだ。本作でジマーは、テーマ曲らしい際立ったメロディを使わず、オーケストラの和音とドラムオーケストラなる重厚なパーカッション演奏で押し通した。これはウィリアムズのスコアに太刀打ち出来ないジマーが、苦肉の策で逃げに走ったとしか思えない。この音楽にも私は大きく不満が募った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(31件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マン・オブ・スティール
スーパーかっけー! スーパー泣ける!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/08/30 17:10
マン・オブ・スティール〜キリスト再臨
宇宙最強美女戦士アンチュ・トラウェが最高! 公式サイト。Man of Steel。クリストファー・ノーラン原案・製作、ザック・スナイダー監督。ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2013/08/30 18:17
劇場鑑賞「マン・オブ・スティール」
あなたは、奇跡を起こした… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/08/30 19:24
マン・オブ・スティール
マン・オブ・スティール@よみうりホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2013/08/30 22:50
[映画『マン・オブ・スティール』を観た]
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブート物なので、その生い立ちから語られなくてはならず、それが「かったるい」のが予想さ... ...続きを見る
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッド...
2013/08/31 01:50
『マン・オブ・スティール』 2013年8月15日 よみうりホール
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2013/08/31 15:36
『マン・オブ・スティール』(2013)
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパーガール』(1984)が作られた後は製作会社が変わって『スーパーマン4/最強の敵』(1987)が作られたものの打ち止め。その後『スーパーマン・リターンズ』(2006)で華麗なる復活。この作品が凄いところは3作目4作目をなかったことにし、2作目からゆるく繋がっているという実に20数年ぶりの”続編”ということなの... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2013/08/31 18:25
マン・オブ・スティール : こんなスーパーマンを観たかったんですよ ヽ(◎´∀`)ノゎ──ィ!!
 雨、雨、雨ですよ。愛犬のLOVEは雨が嫌いなのでお外でウ○チしませんが、何とか我慢してくれるでしょう。では、本日紹介する作品は、この雨を降らす秋雨前線や台風をも簡単に吹き ...続きを見る
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2013/08/31 19:08
マン・オブ・スティール
【MAN OF STEEL】 2013/08/30公開 アメリカ 143分 監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリ... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2013/08/31 23:01
ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーラン
注・内容と台詞に触れています。ザック・スナイダー監督、クリストファー・ノーランデヴィッド・S・ゴイヤー原案によるスーパーマン再起動(再定義)作品『マン・オブ・スティール』音楽はハンス・ジマー。物語・ジ ...続きを見る
映画雑記・COLOR of CINEMA
2013/08/31 23:43
マン・オブ・スティール ★★★★★
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘン... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2013/08/31 23:53
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論...
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2013/09/01 03:20
マン・オブ・スティール
ビジュアルから変わったスーパーマン ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2013/09/01 12:23
★マン・オブ・スティール(2013)★
MAN OF STEEL ...続きを見る
Cinema Collection 2
2013/09/01 14:18
マン・オブ・スティール / Man of Steel
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、ラッセル・クロウと言う錚々たるメンバーが出演していますし、制作/原案にはクリストファー・ノーランも参加。なんか、それだけでも凄いことになっています。 ...続きを見る
勝手に映画評
2013/09/01 17:28
マン・オブ・スティール
評価:★★★★☆【4,5点】(10) ...続きを見る
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
2013/09/01 19:44
マン・オブ・スティール(3D 日本語吹替え版)
監督:ザック・スナイダー 出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケヴィン・コスナー、ダイアン・レイン、 ラッセル・クロウ ...続きを見る
タケヤと愉快な仲間達
2013/09/02 20:49
マン・オブ・スティール
クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。 ジョナサン(ケヴィン・コスナー)とマーサ(ダイアン・レイ... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2013/09/05 16:33
マン・オブ・スティール
原題 MAN OF STEEL 上映時間 143分 監督 ザック・スナイダー 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/ローレンス・フィッシュバーン/ダイアン・レイン/ケビン・コスナー/ラッセル・クロウ/マイケル・シャノン/ア... ...続きを見る
to Heart
2013/09/06 00:19
マン・オブ・スティール
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/09/06 00:39
『マン・オブ・スティール』
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン■鑑賞日 8月31日(土)■劇場 チネ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2013/09/07 12:20
ドラゴンボール実写版(劇場版あの花とかマン・オブ・スティール(映画)とか)
【戦姫絶唱シンフォギアG 第9話】未来さんの生存確認&敵として登場の巻。前回生死不明となったばかりだというのに、今回もう未来さんは敵としての再登場しちゃうんですね…。展 ... ...続きを見る
アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
2013/09/07 13:18
マン・オブ・スティール ★★★★☆
クリストファー・ノーラン製作によりスーパーマンも見事にダークナイト化。 ...続きを見る
センタのダイアリー
2013/09/08 03:18
[映画][☆☆☆★★]「マン・オブ・スティール」感想
 1938年登場以来幾度となく映像化されてきた、世界初のアメコミヒーローにして、出版元のDCをはじめ全てのヒーローの代表的存在ともいうべき人気コミックスを、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン制作、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督 ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2013/09/12 19:06
「マン・オブ・スティール」 Man of Steel (2013 WB)
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2013/09/14 18:33
マン・オブ・スティール(3D日本語吹替版) 監督/ザック・スナイダー
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン ...続きを見る
西京極 紫の館
2013/09/23 19:41
映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ...続きを見る
soramove
2013/09/29 10:02
マン・オブ・スティール
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこいいんだ)。 これは、スーパーマンだけどまだスーパーマンになっていない、前日譚のお話。自分の能力への葛藤と出生への戸惑いがよく出ていて、戦う事に慣れていないまだ初々しい超人的な力を持つ宇宙人の話だ。 ヒーローを人間的に捉えなおし、物語をシ... ...続きを見る
いやいやえん
2013/12/20 08:56
映画『マン・オブ・スティール3D』を観て
13-74.マン・オブ・スティール3D■原題:Man Of Steel■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,100円■観賞日:9月21日、新宿ピカデリー(新宿) ...続きを見る
kintyre&#039;s Diary...
2014/03/06 16:10
映画「マン・オブ・スティール」レビュー(見所はファオラ=ウル(アンチュ・トラウエ)とスーパーマンとの...
映画「マン・オブ・スティール」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思 ...続きを見る
翼のインサイト競馬予想
2014/03/20 22:19
マン・オブ・スティール
601 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/30(金) 15:09:17.92 ID:4lRGMnWVケビンコスナーとダイアンレインが一番良かったね。確かに最後のバトルはくどすぎたかも。カツ丼と牛丼を2つ食べる感じ。で ... ...続きを見る
映画大好きだった^^まとめ
2014/07/15 10:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「マン・オブ・スティール」@よみうりホール&109シネマズ川崎 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる