新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「おかえり、はやぶさ」@チネチッタ

<<   作成日時 : 2012/04/22 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

 この劇場での最終日の夕方、2人のお子さんを含む20名弱くらいの寂しい客入りだ。

 
【送料無料】おかえり、はやぶさ

【送料無料】おかえり、はやぶさ
価格:735円(税込、送料別)


 映画の話
 宇宙の謎を解く鍵となる小惑星イトカワのサンプルを採取して地球に帰還するべく、2003年5月9日、小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられた。JAXAのエンジニア助手・大橋健人(藤原竜也)は、火星探査機のぞみのプロジェクトに携わっていた父への思いを胸に、はやぶさの壮大なプロジェクトチームの一員として日々奔走する。しかし四つのメインエンジンの停止、通信の遮断など、数々の困難が待ち構えており……。

 映画の感想
 本作をまったく見る予定にしていなかったが、新橋の金券ショップで前売券が¥300で叩き売りされているのを見つけて見る事になった。私は渡辺謙主演の東映製作版は未見であるが、堤幸彦監督の20世紀フォックス版と比べると、本作は子供を向けファミリー映画のように作られているようだ。

 物語は20世紀フォックス版を見てしまっているので、はやぶさに関する大まかな展開は同じなので、物語を楽しむには厳しい。公開の順番で一番最後の公開となった本作だけに、観客を吸引する力は弱い。そこで本作は3D映像という最先端の上映形式で挑む事になった、この松竹版の選択は大正解である。

 本編はJAXA関連のドラマシーンと、地球旅立ったはやぶさが宇宙に漂うシーンが随所に挿入されるが、この宇宙空間を漂うはやぶさの3D映像が実に気持ちよく、立体感も奥行き感もすこぶる良好で楽しい。この宇宙遊泳するはやぶさの映像を引き立てたのが、富田勲がシンセサイザーで作り出したスコアだ。

 日本のシンセサイザー奏者の第一人者の富田勲は、近年は山田洋次監督作品の「学校」シリーズをはじめ、「たそかれ清兵衛」から「おとうと」まで全ての音楽を担当している作曲家だ。私は子供の頃、富田勲がシンセサイザーで作った「惑星」や「宇宙幻想」といったアルバムを愛聴していて、彼の作り出したスペースサウンドが大好きだった。

 本作では富田のスペースサウンドが大々的にフィーチャーされている。シンセサイザーの音色は往年の70年代と同じものが使われ、何曲かは昔の音源に、後からシーケンサーで作ったベースラインを足して作った楽曲もあったようだ。本作は富田のスコアを聞くだけでもお釣りが来る位だ。

 さて、物語に話を戻すと、本作の主人公はJAXA職員を演じる藤原竜也になるわけだが、2人ははやぶさの物語を語る上の道先案内人のようなもので、これと言って面白みのある役ではない。影の主役は藤原竜也の父親役の三浦友和になるだろう。火星探査機「のぞみ」プロジェクトの失敗で、隠遁生活のような生き方になり人を避けている男だ。

 彼の日常生活と言えば自宅のリフォームで、庭で電気工具を使いタイルを大騒音を出しながら切り刻む近所迷惑オヤジなのだが、何故か周りの人々に慕われているチグハグなキャラクター設定が駄目だ。演じる三浦友和も近年、このような寡黙な職人的な役が多く、面白みを感じられない。昔の友和は奥様の山口百恵主演作品やテレビドラマ「西部警察」など、輝かしい役を演じていたのに、中年を過ぎてからは、こんな役ばかりでかわいそうである。

 物語ははやぶさとJAXAだけではお子さんたちには厳しいと感じたのか、サイドストーリーとして前田旺志郎演じる風也親子の話がフィーチャーされる。森口瑤子とココリコ田中直樹と言うソース顔夫婦の子供が、しょうゆ顔っていうか猿顔の旺志郎では親子が全然似ていない。風也親子の話は、何気にはやぶさの状態にリンクしている。はやぶさの危機とリンクするように風也の母は病気が悪化し、渡米して手術を受ける。母親の手術が成功すると、はやぶさも危機を乗り越えるといった、お子さんにも判りやすくするための工夫がされている所が良い。欲を言うと母親の手術前後をしっかり描けば、よりベストになっただろう。作品全体を見ると無難な仕上がりと言ったところで、DVDで十分と言いたいが、富田勲のサウンドと3D映像は映画館で真価が発揮されるであろう。

 映画「おかえり、はやぶさ」関連商品
【送料無料】おかえり、はやぶさ

【送料無料】おかえり、はやぶさ
価格:680円(税込、送料別)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おかえり、はやぶさ
はやぶさ3作の中でダントツのつまんなさ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2012/05/28 21:21
おかえり、はやぶさ
小惑星イトカワからのサンプル採取という世界初の偉業を成し遂げた小惑星探査機ハヤブサの出発から帰還までをJAXAのエンジニアの視点から描いた物語。主演は『カイジ』の藤原竜也。共演に杏、前田旺志郎、大杉漣、中村梅雀、三浦友和らが出演している。監督は『鴨川ホルモー』の本木克英、脚本を陰日向に咲くの金子ありさた担当した。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2012/05/29 00:09
映画:おかえり、はやぶさ
 3つの制作会社がそれぞれの視点と思いで惑星探査機・はやぶさを映画化し、今回は松竹が描いた作品、唯一3Dで作られたおかえり、はやぶさのレビュー記事です。ただし鑑賞は2Dで。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/06/20 00:50
おかえり、はやぶさ
おかえり、はやぶさ@なかのZERO ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2012/06/21 21:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「おかえり、はやぶさ」@チネチッタ 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる