新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ヘアピン・サーカス」@DVD

<<   作成日時 : 2010/06/12 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
ヘアピン・サーカス [DVD]
キングレコード
2009-03-11

ユーザレビュー:
よくわからない・・・ ...
旧車マニアにお勧めで ...
映像と音楽がタマラン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


 映画の話
 マカオのグランプリ以来、島尾俊也の名はレース界から消えた。ライバルの三沢を事故死させてしまった心の傷が、島尾からレースに賭けるひたむきな情熱を奪ってしまった。それでもまだ島尾はハンドルを握っている。自動車教習所の個人指導員というのが今の職業だが彼の表情にはかつて見られた躍動するような生彩はなく、既に青春を終えてしまった男の無気力さが色濃くあった。そんなある日、島尾は、高速道路でカモを見つけてはスピードを競い相手の車を挑発して事故に追いやる若者のグループを目撃する。

 映画の感想
 とにかく斬新でクールな作品である。私は恥ずかしながら本作の存在を知らなかった。東映作品「サーキットの狼」を検索していた時に関連商品として紹介されていて興味を持った作品で見てみた。

 映画は幕開けから斬新である。車のフロント部に装着したカメラで首都高を爆走する車の主観映像に合わせて、ジャズピアニスト菊池雅章が奏でるクロスオーバーサウンドが実にクールなのだ。菊池のサウンドは丁度「リタン・トゥ・フォーエバー」や「ウェザーリポート」にインスパイアされているようだ。車の主観映像と言うのはスティーブン・スピルバーグ監督「激突!」のオープニングタイトルからの影響かもしれない。

 映画のストーリーは至ってシンプルだ。かつてプロレーサーだった主人公・島尾がライバルの事故死させた事により、レーサーを引退して自動車教習所で講師としてつまらない生活をしていた。そんな島尾の前にかつての教習所の教え子・美樹が仲間とつるみ、公道でカモを見つけスピードレースを仕掛け、最終的にカモの運転する車を大破させるゲームを楽しんでいた。美樹と仲間は大破させた車の数を勲章の様に愛車に菊のマークとして刻んでいた。そんな無軌道な快楽を楽しむ若者たちを戒めるために、島尾は自らが囮となり美樹たちのゲームを止めさせようとする・・・・・・。

 本作の特徴は極端に台詞が少ない。とにかく台詞が無い分、爆走する車のエンジン音と菊池雅章の音楽がダイレクトに観客の脳を刺激する。まぁ、本作は車の爆走を楽しむ映画なので物語りは二の次なのだろう。短いカットで過去の回想シーンをインサートさせる手法はフランス映画「男と女」にインスパイアされているのだろう。

 まず驚くのがこんな昔(72年)からルーレット族の様な若者たちが居た事だ。本作は基本的に警察に届けを出さずに公道でゲリラ撮影を行ったそうだ。その為に首都高では車間距離もとらずに爆走するスタントチームの車に驚き、ハザードランプを点灯させてスタントチームの車を回避する一般者の姿も納められている。当時、日本ではあまり使われていなかったパナビジョンカメラを使ったナイトシーンの撮影も非常にクールだ。

 映画クライマックスは囮となった島尾と美樹のチームとの一騎打ちで、島尾の行動はちょっと「狼よさらば」の主人公ポール・カージーの発想と共通する。一台一台と美樹の取り巻きをクラッシュさせる島尾は最終的に美樹の運転するトヨタ2000GT1台を追い詰める。最初、島尾は追われる側であったが、自分の正体を明かした後は追う側に変わり執拗に美紀の運転する車を後ろからピタリと張り付き威嚇する。

 ここから先は島尾と美樹の愛の高まりが車で表現される。ピタリと一定の距離を保ちながら車同士が疾走する姿は、まるで動物の求愛行動と同じだ。特に雪上をスローモーションで疾走する車のイメージショットは愛のピーク地点で、その映像に被せられるネガ反転した波の映像は最高潮でありSEXのオーガムスを表しているようだ。しかし、映画は更に先がある。もう、この辺はもろにアメリカン・ニューシネマの影響を感じる幕引きで、観客は突然映画の外に投げ出される位の衝撃を与えられる。

 それにしても東宝はこんなに凄い作品をDVDにしないのは何事だ。しかし、本作はキングレコードからリリースされたおかげで特典映像が充実している。主人公・島尾を演じた見崎清志氏や製作者、撮影監督、カースタントマンのインタビューが納められているのは貴重である。製作者インタビューの中で、本作の原作者・五木寛之は本作を執筆した時に、もう一篇車を題材にした作品を書いたそうである。それが郷ひろみ主演で1978年に松竹で映画化された「ダブル・クラッチ」である。こちらは現在ビデオ、DVDが廃盤で見る事ができないのが残念だ。

 ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 映画「ヘアピン・サーカス」関連商品
 
ヘアピンサーカス(オリジナル・サウンドトラック)
ブリッジ
2006-05-30
菊地雅章

ユーザレビュー:
クールで完成度が高い ...
映画ともども以前、C ...
緊迫感1972年公開 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ヘアピン・サーカス」@DVD 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる