新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「スピード・レーサー」@WOWOW

<<   作成日時 : 2009/08/08 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


スピード・レーサー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-11-19

ユーザレビュー:
極彩色の作家宣言”実 ...
素晴らしいエンターテ ...
なんて気分の良い!! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 映画の話
 カー・レーサーになるために生まれてきたスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)。怖いもの知らずの彼にとって唯一のライバルは、レース中に命を落とした伝説のレーサー、崇拝してやまない兄のレックスである。兄の遺志を継ぐため、スピードはローヤルトン工業からの高額なオファーも断り、父(ジョン・グッドマン)が率いるレーシング・ビジネスを選んだ。だが、その結果スピードは、陰で不正を行うローヤルトンから脅される羽目に…。彼が愛する家族とカー・レーシングを救う手段はただ一つ、レースでローヤルトンを打ち負かすこと! 恋人・トリクシー(クリスティーナ・リッチ)の支えもあり、スピードは正体不明のレーサーX(マシュー・フォックス)と手を組み、兄の命を奪った難関のクロスカントリー・レース「クルーシブル」に挑む――。

 映画の感想
 うーん、これは観客不在な作り手の自己満足映画になってしまっている。この映画が製作される過程は不明であるが、私が推測するところ「マトリックス」3部作の成功により、映画制作会社のワーナー・ブラザースとビレッジ・ロードショーが監督のウォシャウスキー兄弟「ご褒美に好きな物を作っていいよ!」と言われて、ウォシャウスキー兄弟が選んだのは、彼らが大好きなジャパニメーションの「スピード・レーサー(日本題名『マッハGoGoGo』)」だった。制作費も十分すぎる位にもらったウォシャウスキー兄弟は、実写に3D−CGアニメーションをミックスした最先端な映像美を作り出した。

 しかし、出来上がった作品は手放しで喜べないマニアックな作品になってしまった事は否めない。まず、物語冒頭の構成からいただけない。主人公の生い立ちと兄のエピソードを交互に描くのでまったく落ち着かないし判り辛い。映像は非常に情報量も多く、観客の頭の処理能力が追いつかない。そんな事にはお構いなしで、ウォシャウスキー兄弟は観客をほったらかにして物語をドンドン進行させて行く。60年代のオリジナルアニメに慣れ親しんだ私はあまりの目まぐるしい展開について行けない。そんな中、サウンドトラックはオリジナル版のスコアをベースにしたサウンドなのは耳に心地良い。

 まぁ、本作はオリジナル版を知っている観客なら物語を追うより、目まぐるしい映像美を楽しむ作品なのだろう。特にオリジナルアニメを忠実に再現したキャラクターはオーレン・ベイティ監督「ディック・トレイシー」の世界観に近い感覚で、極彩色を基本にポップな背景はティム・バートン作品を意識していめようだ。それにしてもレースシーンはほとんど3D−CGアニメが基本で、そのアニメに実写をはめ込む作風は「スター・ウォーズEP1〜3」に近い感覚である。レースシーンの引きの絵はピクサー作品「カーズ」の作風に似ている。

 映画は主人公と兄や家族の関係を軸にレースに生きる姿が描かれる訳だが、それを利用しようとする悪役など物語は割りと複雑でお子さんと見るにはちょっと厳しいかもしれない。ウォシャウスキー兄弟らしいシーンと言えば、ホテルの客室での主人公たちとニンジャの対決で、この辺は「マトリックス」シリーズのパロディのようなカンフーシーンが炸裂しているのは楽しい。物語のポイントはレーサーX(オリジナルアニメ版では『覆面レーサー』と呼ばれていた)の存在で、オリジナルアニメ版では白地のコスチュームに黒でXと言う文字が刻まれていたが、本作では白黒が反転して、黒地のレザースーツに白でXの文字が刻まれていて、これが中々カッコいい。オリジナルアニメでは覆面レーサー役を愛川欽也が声を当てていたが、本作の俳優のしゃべり方も愛川欽也風だったのがポイントが高い。

 ただ映画全体を見ると何とも落ちかない作品で3D−CGアニメに頼りすぎで、オリジナルの持つ大らかな世界観とは別物になってしまってるのはどうなんだろう?3D−CGアニメは確かに楽しいし綺麗であるが、実写の持つ重量感は出ない。ほぼ同時期に製作された「デス・レース」のリアル・カーチェイスの方がはるかに本作より興奮した事は確かであり、本作は3D−CGアニメに頼りすぎたのが失敗の要因だったと思う。エンディングのアニメ版「マッハGoGoGo」とアメリカ版アニメ「スピード・レーサー」の音源を使いリミックスしたエンディング曲は面白かった。



スピード・レーサー 特別版
楽天ブックス
出演:エミール・ハーシュ(Emile Hirsch)/クリスティーナ・リッチ(Christina R

楽天市場 by ウェブリブログ


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview



トミカ スピードレーサー マッハ5
タカラトミー

ユーザレビュー:
感涙ものです塗装が分 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「スピード・レーサー」@WOWOW 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる