新・辛口映画館

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」@日本映画専門チャンネルHD

<<   作成日時 : 2009/06/28 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3


アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2008-01-25

ユーザレビュー:
原作の持つ『空気』を ...
なにも考えずに素直に ...
映画を観ながら原作を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 映画の話
 大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた……。


 映画の感想
 『重力ピエロ』を映画で見て興味を持った伊坂幸太郎原作作品という事で観てみた。

 率直な感想としては意外とシンプルな話と感じた。『重力ピエロ』の時に感じた物語の根底に流れる重々しさと共通する、一見軽やかなんだけど物語の底辺は重い、しかし演じる役者たちの軽い演技で重さを感じさせないのが伊阪ワールドなのだろう。

 物語の主人公は濱田岳演じる椎名なんだけど、彼はあくまでも物語の狂言回し的な役回りで、真の主人公は瑛太演じる河崎なのだろう。それにしても濱田岳って『青いうた』を見た時から、俳優の火野正平に似ていると思っていて、この作品を見ながらも「火野正平の隠し子なんじゃないの?」と思いながら観てしまう・・・・。

 以下ネタばれ注意
 映画は大学生活の為に引っ越してきた主人公が暮らすアパートで、『ボブ・ディラン/風に吹かれて』を通じて出会う奇妙な隣人との関係を描く現在と、2年前に近隣で起こった動物虐待事件とその事件にかかわってしまったアパート住民の因果関係を、現在と過去が交差しながら描かれる展開である。

 まず私は原作を未読であるが「これはきっと文章で読む方が面白いんだろうなぁ」と思ってしまった。小説というものは読む人が書かれた事柄を無限にイマジネーションを膨らませながら物語を把握してゆくのだが、映画というものは映像ありきで絵として見せられたものが全てである。そうなると、椎名のアパートの隣人となる河崎を演じるのが瑛太で、彼が実は物語の中で何度も語られるブータン人だったという大ドンデン返しが瑛太では面白味がない。確かに瑛太はブータン人から河崎に入れ替わった演技は上手いが、そのブータン人から河崎に入れ替わる中間点が描かれていないので観客としては腑に落ちない。どうしてあんなにたどたどしい日本語があそこまで流暢になってしまったのかが見えてこない。いくら外見を変えることは出来ても言葉のニュアンスをパーフェクトに変えることは不可能であろう。そんな矛盾点が映画を見ながら先行してしまい、河崎の正体が判ってからは映画への興味も半減してしまった。そして琴美とトルジの出会いはいいとして、突然の同棲生活には理解不可能である。

 まぁ、そんな中に動物虐待事件を起こす不良グループのリーダー格の人物を憎憎しく演じていたお笑い芸人でハローバイバイ・関の存在は良かった。私は映画を見ていて「ハローバイバイの関に似ているなぁ?」なんてのんきに観ていてエンドクレジットで本人だったのには驚いた、彼らしい憎憎しい演技が上手い。

 ラストもかなり曖昧であるが、河崎はやっぱり子犬を助ける為にあの世に逝ってしまったのだろう・・・・・合掌。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


アヒルと鴨のコインロッカー
楽天ブックス
創元推理文庫 著者:伊坂幸太郎出版社:東京創元社サイズ:文庫ページ数:375p発行年月:2006年1


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アヒルと鴨のコインロッカー』 (2006) / 日本
監督・脚本:中村義洋主題歌:ボブ・ディラン原作:伊坂幸太郎出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、田村圭生、関暁夫鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>仙台の大学に進学し、初めて一人暮らしを始めた椎名(濱田岳)。ボブ・ディランの「風... ...続きを見る
NiceOne!!
2009/06/28 23:22
『アヒルと鴨のコインロッカー』@銀座テアトルシネマ
仙台の大学に進学し、初めて一人暮らしを始めた椎名。ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら引越の片付けをしていると、アパートの隣人・河崎から唐突に本屋襲撃に誘われる。やはり同じアパートに住むブータン人留学生が落ち込んでいるから「広辞苑」をプレゼン ...続きを見る
映画な日々。読書な日々。
2009/07/03 15:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時


初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま〜す<m(__)m>
ややちゃん
2009/06/28 17:16
どうもです!
それにしてもいろいろ書き分けてますね。これは旧作専門ですか?
たま〜にmasalaさんのいろんなblog読んでますよ。映画よりも日常の方が面白いじゃん(笑) なーんてねw
また来ます^^
rose_chocolat
2009/06/28 23:27
roseさんへ
「辛口名画座」へご訪問ありがとうございます。
まだまだ他にもブログはありますが、他は開店休業状態で、このブログを含めて途切れ途切れですが思い出したように更新していますので宜しくお願いします。
masala
2009/06/29 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「アヒルと鴨のコインロッカー」@日本映画専門チャンネルHD 新・辛口映画館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる